フランチャイズ相談所

フランチャイズ本部に騙された!?悪質フランチャイズの実態とは

フランチャイズ本部に騙された!?悪質フランチャイズの実態とは

今回は詐欺まがいの悪質フランチャイズの実態や特徴、騙されないための注意点についてまとめました。また、実際に悪質フランチャイズに騙された方の体験談まとめもいくつか紹介しますので、これから実際にフランチャイズビジネスを始めることを検討されている方はこれらのことをぜひ参考にして被害に合わないように注意しましょう。

フランチャイズ本部には悪質なケースも

フランチャイズ事業を展開している企業は世の中にたくさんありますが、特に認知度の高い企業や大手企業などが行っているイメージがあります。そのため、知っている企業=信頼できるという勝手なイメージを持っているせいで悪質なフランチャイズ本部による詐欺まがいの被害に合ってしまうオーナーの方は決して少なくありません。フランチャイズ事業を展開している企業の大多数は優良企業ですが、悪質なフランチャイズも確かに存在しているため、根拠のない理由だけで契約を結んでしまうことは非常に危険なことです。

悪質フランチャイズの実態や特徴

何も知らずに悪質なフランチャイズ本部と契約を結んでしまったら、契約期間が終了するまで被害が続きます。そのような状況に陥ることを未善に防ぐためにも、悪質フランチャイズ本部について知っておく必要があります。そこで、悪質フランチャイズの実態や特徴、また手口について一緒に見ていきましょう。

その1:甘い言葉で契約を持ちかけてくる

悪質フランチャイズの特徴としてまず上げられるのが、加盟希望者に対して甘い言葉を使い執拗に契約を持ちかけてくることです。確かにフランチャイズでの起業は個人起業よりもいくつかの利点がありますが、悪質フランチャイズは「絶対儲かる」「資金ゼロで始められる」といった文言を使って契約を迫ってきます。当然それらの文言は事実ではなく、フランチャイズも一つのビジネスである以上絶対儲かるという確証はなく、それなりにリスクも伴います。優良フランチャイズにおいて「資金ゼロ」ではじめられる事業は確かに存在しますが、あくまでもオーナーに対する初期費用の負担を軽減することが目的であるため、初期費用をローンもしくは月々のロイヤリティに含めて支払うことになります。そのため、以上で述べたような甘い文言を使って契約を持ちかけてくる企業の多くが悪質フランチャイズであるため注意しましょう。

その2:フランチャイズ本部としての役割を果たさない

これは明らかに悪質と判断できる実態ですが、フランチャイズ本部としての役割をしっかり果たしていないということが挙げられます。正常なフランチャイズ事業は、契約内容に基づきフランチャイズ本部と加盟店オーナーがお互いに協力して利益を生み出していく仕組みになっています。しかし、悪質フランチャイズの場合、本来の本部側の義務を守らずに契約内容の詳しい説明を怠る、嘘の売上・収益予測を提示する、断続的な経営指導及び店舗スタッフの指導を行わないなど、明らかに悪質と判断できる詐欺まがいな行動を取ります。これではフランチャイズビジネスの仕組みそのものが機能しておらず、加盟店オーナーから加盟金やロイヤリティを巻き上げているだけなので犯罪行為です。実際に契約を結んでから気づいたのでは手遅れであるため、契約を結ぶ際にしっかりと見極める必要があるのです。

その3:開業の際に悪条件を提案してくる

悪質フランチャイズ本部は開業の際に悪条件の店舗を提案してきます。特にコンビニなどの小売業の場合、売上や店舗運営に大きな影響を与える要因の一つとして「立地」が挙げられます。しかし、悪質フランチャイズ本部はあえてあまり人が集まらない場所や、同業者・ライバル店が多く点在する立地での開業を勧めてくるのです。また、開業後にあえて他のライバル店を近隣地区に出店させ潰し合いをさせるケースもあります。しかし、いずれにしてもオーナー側にとっては実際に店舗運営を始めてみないとわからないことなので、明らかな悪質な行為として見なされます。このような被害に合わないためには契約前の段階でオーナー自らが開業予定の店舗の立地について予め調査しておく必要があります。

悪質フランチャイズに騙された方の体験談まとめ

それでは実際に悪質フランチャイズに騙された方の体験談まとめを2つ紹介します。

体験談その1:Aさん(仮名)のケース

「飲食店独立を目指す個人を応援する」、「実質0円で開業できる」と謳う会社があります。わたしはそこで今年お店をオープンしました。最初、話し合いの時には、業務委託というスタイルのため、「労務費160万」を支払う。それに追加して、業務委託報酬を払うと言われました。業務委託報酬は、売り上げのうち、会社の定めたロイヤリティに追加して、お店の経費などを引いた金額となっていると説明を受けました。もし売り上げがあがらず、ロイヤリティを払えない場合は、翌月へのロイヤリティの繰越は無いと言われました。わたしは3年契約でこの会社と契約を結び、お店をオープンしました。しかし、契約書は手元にもらっていません。実質、半月で220万以上売り上げたにも関わらず手元に残ったのは20万でした。労務費の分が全く支払われず、会社に話すと口で話したことは答えられない。と一点張り。当然ながら暮らせないので借金を増やすだけだから辞めると言うと、損害賠償を請求すると言われました。

(引用元:https://www.bengo4.com/c_1009/c_1410/b_699219/ 一部抜粋)

体験談その2:Bさん(仮名)のケース

飲食のフランチャイズ契約をしています。加盟金100万・保証金6万・月会費21600円を払っています。売上は、本部が月180万は売れるって言っていましたが実際は120万位です。サポートはほぼ無く、月に加盟店に一斉送信されるメールが数回くるだけです。元々、大手のフランチャイズ募集サイトを見ていいと思い加盟しましたが、実際に運営してみるとサイトに書かれている内容が明らかに嘘ばかりの宣伝文句でした。詐欺としか思えません。また、本部と言っても会社は代表ただ一人、所在地はレンタルオフィスです。常識的に見ても、とても加盟店のサポートを出来る状態じゃないと思います。契約時、契約内容等の説明は受けていません。本部が予測していた売上とも、実際はかなり低いです。

(引用元:https://www.bengo4.com/c_1015/b_586788/ 一部抜粋)

悪質フランチャイズに騙されないためには

悪質フランチャイズ本部は契約前の段階においては他の優良フランチャイズ本部と変わらず非常に親切に接してきますが、契約が締結した途端態度をガラリと変え加盟者を苦しめます。しかし、そんな悪質なフランチャイズ本部の被害に合わないためにはどうすればよいのでしょうか。一緒に考えて行きましょう。

契約内容をしっかり理解する

悪質フランチャイズの被害に合わないためには契約内容について締結をする前にしっかりと確認・理解することに限ります。通常の場合、フランチャイズ本部には契約内容に関して加盟者への十分な説明が義務付けられています。そのため、そもそも説明が十分されていない場合は疑う必要があり、契約内容に関して不明な点はその場ではっきりさせる必要があるのです。

情報収集を怠らない

契約内容について十分に理解することも重要ですが、そのフランチャイズ企業について知るために情報収集も怠ってはいけません。フランチャイズ事業に関しては各企業のホームページ等で確認することができます。しかし、それだけでは決して充分でないため加盟希望者向けの説明会セミナー等に積極的に足を運んで情報収集をしたり既に契約を結んでいるオーナーの方と意見交換をしたりしてその企業について知る努力をしましょう。

フランチャイズ本部に騙された?悪質フランチャイズの実態まとめ

今回は悪質フランチャイズの実態や実際に騙された方の体験談まとめについて紹介しました。実際に悪質フランチャイズに引っ掛かってしまってからではもう手遅れです。そのため、契約を結ぶ前に契約内容についてしっかりと理解をする、企業について情報収集をすることが一番の対策となります。

フランチャイズ本部に騙された!?悪質フランチャイズの実態とは

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする