フランチャイズ相談所

起業する際に知っておきたい事業計画書の書き方についてご紹介

起業する際に知っておきたい事業計画書の書き方についてご紹介

今回は起業する際に知っておきたい事業計画書の書き方について紹介します。事業計画書の作成は起業の準備段階において非常に重要な過程であるため、これから実際に起業を考えている方はぜひ参考にしてください。

事業の将来を左右する事業計画書

事業計画書とは、その名の通りあなたがこれから始めようとしているビジネスの概要や骨組みを詳しくまとめたものですが、その書き方次第で今後の事業展開に大きな影響を与えると言っても過言ではありません。起業準備を進めていく上で不測のトラブルに関しては柔軟に対応していくことが必要ですが、基本的には事業計画書を元に事業を形にしていくため、それが不完全だと途中で必ず頓挫してしまいます。事業計画書はいわばあなたが始めようとしているビジネスの設計図そのものであるため、起業を実現し成功に導くためにも事業計画書の正しい書き方について知っておく必要があるのです。

事業計画書の必要性

事業計画書は起業準備を順調に進めていくためにも重要となりますが、特に起業の際に補助金や助成金、その他融資等の利用を考えている方は細心の注意を払って事業計画書を作成する必要があります。というのも、国や各都道府県の地方自治体が経済活動の推進を目的として行っている各種補助金・助成金制度は誰もが利用したいものですが、当然定員があり基本的に返済義務が無いためそれだけ倍率も高めになります。補助金・助成金を利用するためには厳しい審査に通る必要があり、その審査の際に必要なのが事業計画書です。そのため、開業資金として補助金や助成金の利用を考えている方は厳しい審査に通るために、より入念に事業計画書を作成する必要があるのです。

事業計画書の書き方や盛り込むべき項目とは?

事業計画書は起業準備を順調に進めていくためだけではなく、補助金や助成金を利用する際にも重要視されるため具体性のある明確な内容で作成する必要があります。それでは、実際に事業計画書の書き方や盛り込むべき内容について詳しく紹介します。

その1:事業に対する発想やアイディアをまとめてみる

いきなり事業計画書を作成しようと思っても無理があるため、まずは自分の事業に対する考え方や発想、その他アイディア等を詳しくまとめてみましょう。その際に頭の中で思い浮かべるのではなく、実際に書き起こしたり、ワードやエクセルを使ってまとめ簡単に見えるようにします。自分はどんなビジネスをしたいのか、どんな商品を提供したいのか、どれくらいの規模のビジネスを始めたいのかなど最初はざっくりとまとめていき、ある程度構想が浮かんできたら細かな数字やグラフ、商品の写真等を使って事業計画書作成のための下準備をしていきます。

その2:事業の全体的な骨組みをつくる

ある程度発想やアイディアがまとまってきたら、より具体的な事業全体の骨組み作りをしていきます。骨組み作りをする際には「企業概要」「経営理念」そして「事業内容」の3つの項目が必ず必要となります。「企業概要」に関しては、具体的な社名、株式もしくは法人・個人か、会社の所在地や事業主・代表の名前、従業員数など会社の概要について決めていきます。また、事業主自身のスキルやキャリア、経験などのプロフィール等も必要になります。「経営理念」とは、その名の通りその事業に対する事業主の考え方や方針であり、また、将来ビジョンや事業目的も明確にすると良いでしょう。そして「事業内容」では、その事業がどのような業種・形態なのか、どのようなサービス・商品を提供するのか、その具体的な方法も記す必要があります。以上の3点が骨組みづくりの際に必要な項目となるので忘れずに明記しましょう。

その3:骨組みを元に事業内容をより具体的にする

事業計画書の骨組みづくりができたら、次は骨組みを元に肉付け作業をしていきます。事業内容を中心により具体的に、より明確にしていきます。そのためは自社が提供するサービスや商品に関して、それらの特徴や市場規模、また競合他社との違いや経営戦略についても固めていきます。また、実際にどれくらいの値段で商品やサービスを提供するのか、仕入れに関する詳細や得られる収益の予測もまとめていきます。この肉付け段階に置いては次から次へと記入事項が増えてくるため、十分な時間を掛けて記入漏れや不足が無いように仕上げていきましょう。

その4:資金計画を立て事業内容の裏付けをする

肉付け段階まで終了し、ある程度事業計画書が完成してきたら資金計画を立てて事業内容の裏付け作業をしていきます。事業を始めるためには当然資金が必要となり、ビジネスを始める以上「収益」がでなければ意味がありません。そのため、必要資金となる人件費、運営費、設備投資費などにそれぞれどれくらいの金額が実際に必要となるのか「予算」を立てて行きます。予算と売上予測を見比べ、必要がある場合は経費削減のために事業内容の変更や修正など裏付け作業を行っていきます。ここまでの4つの段階を経て、初めて事業計画書が完成となるのです。

事業計画書を作成する際の注意点

事業計画書を作成する際には以上で紹介した4つのポイントに沿って進めていきましょう。しかし、事業計画書を作成する際には注意点があります。インターネット上では事業計画書を作成するためのテンプレがいくつかありますが、それを完全にコピーして作成することはNGです。というのも、業種や業態、それぞれの事業によって事業計画書に盛り込むべき内容は異なるからです。そのため、テンプレはあくまでも骨組みづくりの目安として参考し、各事業主はオリジナルの事業計画書を作成する必要があるのです。

起業する際に知っておきたい事業計画書の書き方まとめ

今回は事業計画書の必要性や具体的な書き方について詳しく解説しました。初めて起業する方にとっては準備の段階においてたくさんの不明点があると思います。事業計画書の作成は起業準備の一過程に過ぎませんが、実際に事業準備を進めていく際、また将来の収益等にも影響を与えるため、十分すぎるほどの時間を掛け何度も修正と精査をしながら作成していきましょう。

起業する際に知っておきたい事業計画書の書き方についてご紹介

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする