フランチャイズ相談所

将来の起業家必見!起業で成功するためのアイディアの出し方とは?

将来の起業家必見!起業で成功するためのアイディアの出し方とは?

今回は「起業したいけれど良いアイディアが思い浮かばない・・・」このような方を対象に、起業で成功するためのアイディアの出し方について紹介します。これから実際に起業を考えている方、ビジネスに興味のある方はぜひ参考にしてください。

起業したい・・でもアイディアが無い!?

以前までは「起業」という考え方に対して手の届かないこと、という認識がされていました。しかし、近年では働き方の多様化やインターネット事業など気軽に始められる産業分野が出てきたことにより起業にチャレンジする方も増えてきています。しかし、起業に興味はあるが何で起業したらよいか分からないという方も決して少なくありません。具体的な起業案が決まっているに越したことはありませんが、その事業が必ずしも成功しやすい内容であるとも限りません。いずれにしてもアイディアの出し方によってその事業の将来に大きな影響を与えるため、成功するための起業案の出し方について事前に知っておく必要があるのです。

起業で成功するためのアイディアの出し方とは?

世の中には無数のビジネスあり、同じ業界内でも事業スタイルは大きく異なります。当然業種や業態によって起業した際の成功率も大きく異なりますが、たとえ成功しやすい事業でも「絶対」はありません。そこで、起業で成功するためのアイディアの出し方について一緒に考えていきましょう。

その1:自己分析し自分の強みを見つける

起業で成功するためのアイディアを出すにはまず、自己分析をして自分の強みを見つけることです。自分には何ができるのか、何が得意なのか「自分」について知ることで具体的な起業案を出すことができます。また、単純に自分が好きなこと、得意なことや趣味などの延長線としてビジネスを始めることができれば事業を運営するためのスキル習得までの時間を節約することもでき、比較的早く起業準備をすることができます。どうしても自己分析が難しい方は、周囲の友達や家族などに自分がどのような人間なのか尋ねてみましょう。時には第三者の客観的な意見というのも重要となり、自分自身では知りえない特技やスキルなどについて知ることができます。自己分析や第三者の客観的意見を参考に自分の強みについて知ることができれば、成功につながる起業案のヒントとなり得るのです。

その2:市場規模がある事業を考えてみる

自分のスキルや強みを活かせる起業案ももちろん重要ですが、すべてのビジネスは需要と供給で成り立っているということを忘れてはいけません。つまり、実際に顧客や利用者を獲得することができ、ある程度市場規模がある事業について考える必要もあるのです。一定数の需要がある既存のビジネスモデルを参考にすることも一つの方法ですが、その場合競合やライバル企業も無数に存在するためその中で生き残っていくための経営戦略を立てなければ成功することは難しいです。かっと言って、全く新しい斬新なアイディアであっても必ずしもそのサービスの十分な利用者がいるとは限りません。つまり、市場規模が一定するある事業案を考える点においては一種の賭けのような要素がありますが、いずれにしてもアイディアを出すことだけに集中するのではなく、実際の利用者や顧客の目線に立って起業案を考えることも重要なのです。

その3:比較的低コストで始められる事業を考えてみる

たとえ需要や消費者ニーズに応えることができる起業アイディアがあったとしても、案を出すこととそれを実現することは全く別の話です。そのため、起業案を形にし成功させる可能性を少しでも上げるためには比較的低コストで始められる事業を考えてみることも重要となります。世の中には無数の業種・業態がありますが、その中でも特に低コストで気軽にはじめやすいと言われているのが無形ビジネスです。無形ビジネスとは、飲食店などの実際の店舗や従業員が必要な有形ビジネスに対してインターネット事業などネット上でサービスの売買を行うのが無形ビジネスと言われています。無形ビジネスの魅力はほとんどコストを掛けずに気軽にはじめられること、万が一失敗しても損害が少ないことが挙げられます。

その4:フランチャイズを利用してみる

どうしても最適なアイディアが思い浮かばない方、もしくは実際に事業運営するに至って十分なスキルや自信が無い方はまずフランチャイズを利用してみることをオススメします。フランチャイズを利用することによって仕事に対する自分の適性を知ることができるだけでなく、事業を運営していく上で必要不可欠な経営者としてのスキルも身につけることができます。そのため、フランチャイズを利用しある程度経験を積んだ後に起業にチャレンジしてみるというのも成功に近づけるための一つの方法となります。

起業準備を進める上での注意点

以上の4つが起業で成功するためのアイディアの主な出し方となります。しかし、事業案を出すことはあくまでも起業を実現する一つの段階に過ぎず、実際に成功に繋げるためにはやるべきことが他にもたくさんあります。そこで、起業準備を進める上での注意点について見ていきましょう。

アイディアは出して終わりではない

経営者としての経験が全く無い素人でも新しいビジネスのアイディアを考えることはできますが、実際にその事業を形にし成功に導けるとは限りません。ましては、成功するか否かということは実際に始めてみないと決してわかりません。起業案を出すことに時間を費やすことももちろん重要ですが、それ以上にアイディアを形にするということにこだわる必要があるのです。アイディアを実現するためにはもちろん事業計画書具体的なビジョン、そして何よりも資金が必要となります。そのため、アイディアを出して終わりではないということを肝に命じておきましょう。

成功するためには忍耐力も必要となる

どんな事業であっても実際に収益や結果が出るまでには一定期間を要することになり、「成功」の定義によってそれぞれ必要な時間も変わってきます。「石の上にも三年」という言葉があるように、起業で成功するためにはある程度の忍耐力も必要となるのです。しかし、何年経っても思うように収益が出ない場合には見切りをつけて次の行動に移すことも必要となるため、その判断は経営者のスキル次第となります。

起業で成功するためのアイディアの出し方まとめ

起業で成功するためのアイディアを出す際には、自分の強みの活かせる事業、市場規模がある事業、そして比較的始めやすい事業ということを考慮する必要があります。しかし、アイディアを出すこと以上にそれを実現するための努力や準備をすることも重要となります。

将来の起業家必見!起業で成功するためのアイディアの出し方とは?

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする