フランチャイズ相談所

店舗型・無店舗型フランチャイズとは?それぞれの違いや特徴をご紹介

店舗型・無店舗型フランチャイズとは?それぞれの違いや特徴をご紹介

今回は、店舗型・無店舗型フランチャイズのそれぞれの違いや特徴について徹底解説していきます。また双方のメリット・デメリットについても紹介するので、これから実際にフランチャイズ事業を始める方はどちらの事業が適しているのか判断するために是非参考にしてください。

店舗型フランチャイズとは?

店舗型フランチャイズとは、その名の通り実際に店舗を構えそこで実際に商売をする形態のフランチャイズビジネスです。皆さんもご存知のとおり、コンビニなどの小売業やレストラン等の飲食業、その他サービス業などが店舗型の事業として主に挙げられます。このように店舗型フランチャイズとは実際に店舗を持ち、従業員を雇いながらそこで商品の売買や各種サービスの提供を行う事業形態になります。

無店舗型フランチャイズとは?

無店舗型フランチャイズとは、店舗型に対して、ビジネスを行うための店舗を持たずに事業経営するフランチャイズビジネスです。一般的にはネットショップクラウドソーシングなどウェブ上でのビジネスを意味しますが、その他にもマンション経営などの不動産事業も無店舗ビジネスに含まれます。業種・業態にもよりますが、無店舗型フランチャイズの場合比較的事業規模が小さく、従業員も経営者一人もしくは数人の場合が一般的です。

店舗型フランチャイズのメリット・デメリット

以上が店舗型・無店舗型ビジネスの主な違いやそれぞれの特徴となります。それではまず、店舗型フランチャイズを始める際のメリットとデメリットに関して一緒に考えていきましょう。

メリット1:多店舗経営ができる

店舗型フランチャイズの魅力として、多店舗経営が可能で大きな収益を見込める、ということが挙げられます。特に飲食業や小売業でよく行われている多店舗経営は、多くの経営者が目指すことの一つです。最初から複数の店舗を経営することは難しいですが、最初の店舗が軌道に乗り収入が安定してきたら2店舗目、3店舗目と経営する店舗を増やしていけばたくさんの収益が得られるチャンスが増えます。そのため、店舗型フラランチャイズにおいては多店舗経営が将来的に可能になり、それだけ収益も増える見込みもあるというメリットがあるのです。

メリット2:ブランド力・認知度の確立ができる

店舗型事業でフランチャイズを始めることによってブランド力や認知度の確立ができるというメリットもあります。先程も述べたように店舗型事業の主な例である小売業や飲食業、その他サービス業において事業を成功させるためには顧客が必要不可欠となります。その顧客を集めるためには、ネームバリューやブランド力、その店舗の認知度というものが肝になってきます。店舗型の事業をはじめることになってその店舗自体が広告塔になりそれらを確立することにつながるのです。

デメリット1:出店にコストや労力がかかる

店舗型フランチャイズのデメリットとしては出店や事業運営のために相当なコストと労力がかかるということです。まずコストに関して、当然店舗を構えるためには土地や物件を借りる必要があり、その費用だけでも数百万円〜かかる場合も珍しくありません。また実際に事業を始めてからも商品の仕入れや管理、維持などの運営費用、従業員を雇う場合には人件費など毎月相当な額になります。労力に関しても、特に店舗型ビジネスの代表格である飲食業の場合は毎日の仕込みから運営、次の日の準備等、相当な時間を事業運営に費やすことになるためプライベートな時間が削られてしまう場合もあります。

デメリット2:失敗した際の損害が大きい

店舗型フランチャイズの最大のデメリットは失敗した際の損害が大きいということです。事業を始める際にも相当な費用がかかる店舗型の事業が経営不振等によって廃業に追い込まれた場合、店舗を借りるための融資の返済や従業員の給料の支払い等相当額の損害が出ることは決して珍しいことではありません。

無店舗型フランチャイズのメリット・デメリット

それでは次に無店舗型フランチャイズのメリット・デメリットについても一緒に見ていきましょう。

メリット1:比較的容易に始めることができる

無店舗型フランチャイズの最大の魅力は比較的容易に事業を始められるということです。例えば無店舗型の代表格であるネット事業を始める際には、ネットが使える環境やパソコン、そして最低限の設備があれば簡単に始めることが可能なため、開業までの時間やコストを大幅に抑えることができるのです。また、無店舗型事業の殆どは小規模ビジネスであることから事業運営のための資金や人件費などは店舗型に比べて圧倒的に押さえられるということも魅力の一つです。

メリット2:事業展開の舵が切りやすい

無店舗型フランチャイズの場合、実際に事業を始めてからも事業展開の舵が切りやすいという魅力もあります。実際に事業を始めたのは良いものの、なかなか収益が出なかったり自分が思っていた方向性とは異なる場合があります。無店舗型事業の場合は実際に運営するための資本そのものが小規模であるため、いつでも軌道修正や事業の方向性そのものをいつでも変えやすいのです。

デメリット1:集客が難しい、軌道に乗るまで時間がかかる

無店舗型事業の際にも、いかに顧客が集められるかが成功のカギとなります。しかし、無店舗型事業の場合はその事業を宣伝したり顧客を集めるための手段が限られており、SNS等を使ったとしても効率的に集客ができない場合もあります。また、無店舗型フランチャイズの場合、殆どが小規模事業です。そのため、ある程度顧客が獲得できたとしても、安定した収益を持続的に得るためには、相当な時間を要するケースが多いのが現実です。事業が軌道に乗らなかった場合を見越した資金準備も必要になることもあります。

店舗型・無店舗型フランチャイズの違いまとめ

今回は、店舗型・無店舗型フランチャイズの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく紹介してきました。双方にそれぞれ魅力や欠点があるため、どちらがフランチャイズビジネスとして良い選択であるかということは一概には言えません。また、経営者であるあなたの事業に対する考え方や方向性によって適正も異なります。実際にこれからフランチャイズ事業を始めることを検討されている方は、以上で紹介したことを是非参考にして役立ててください。

店舗型・無店舗型フランチャイズとは?それぞれの違いや特徴をご紹介

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする