フランチャイズ相談所

フランチャイズ経営の成功のカギを握る出店場所の選定と立地調査

フランチャイズ経営の成功のカギを握る出店場所の選定と立地調査

今回はフランチャイズ経営成功のカギを握る出店場所や立地調査について徹底解説します。フランチャイズ店舗を出店する際にはそれぞれの業種に最適な立地が必ずあり、それを見極めることがその事業を成功につながる大きな要因となるため、オーナーは出店場所の選定や立地調査を事前にしっかりと行う必要があります。

フランチャイズ成功のカギを握る出店場所

フランチャイズビジネスにおいてどんな業種・業態で事業を始めるか、どこの企業と契約を結ぶか、どのような形態で運営していくかなど成功につながる要因は数多くあります。その中でも、どこで出店するかという出店場所や立地条件も同じく事前に確認すべき必須事項となります。

出店場所選定の際のポイントとは?

それでは実際にフランチャイズ経営の際に店舗を出店する際には、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。出店場所を選定する際に知っておきたいいくつかのポイントについて一緒に見ていきましょう。

ポイント1:客層となるターゲットを絞る

どんな事業においても顧客があってはじめてビジネスが成立します。そのため、出店場所を選定する際にはまず近隣地域の客層について事前に市場調査し、ターゲットを絞る必要があるのです。具体的にはその地域に住んでいる人の年齢層や職業、生活パターンといった基本的な情報はもちろんのこと、始めようとしている事業の顧客としてふさわしいか、ということも重要な判断材料となります。また、その地域の住人だけでなく訪問者などの年齢層や性別、趣味趣向や家族構成について調査しある程度ターゲットを絞ることができれば、スムーズに開業準備を進めることができます。

ポイント2:立地の特徴や特色を調査する

客層も重要ですが、あなたが出店しようと考えている地域の特色や特徴についての調査も必要不可欠になります。どんな人が集まるところなのか、住宅街・オフィス街・繁華街なのか、また時間帯によってどのように人通りが変化するのかということも事前に調査すべき内容になります。その地域の表面的な特色や特徴に加えて、具体的にどれくらいの数の人が集まるのか、またその事業自体その土地柄に合ったものなのかということも考慮すべき重要なポイントとなります。

ポイント3:ライバル店や競合店の調査をする

出店場所の選定の際には近隣のライバル店や競合店の調査も忘れてはいけません。たとえあなたが出店を考えている地域に十分な客層があったとしても、必ずしもあなたの店舗に来る保証はなく、いかに客を獲得できるかが成功のための重要な要素になります。近隣のライバル店や競合店がどのようなサービスや商品を提供しているのか、それらの店舗に訪れるのはどのような客層か、また細かな事業内容や営業時間というものしっかりと調査する必要があるのです。それらの店舗と同業種の事業を始める際は、特にお客を獲得するためにも出店場所の調査はもちろんのこと、独自のサービスを提供して差別化を図る必要があるのです。

立地調査の際に知っておきたい注意点

以上の3つが出店場所の選定の際に気をつけたい主なポイントとなります。実際に店舗を出店する際には最低限この3つの調査を忘れずに行いましょう。また立地調査を行う際にはいくつか注意点もあるため、それらについて一緒に考えていきましょう。

フランチャイズのドミナント戦略

特に経営未経験の方にとっては、出店前の市場調査の重要性が分かっていたとしても、それを滞りなく実践することは難しいと思います。その際にはドミナント戦略を行っているフランチャイズ企業と契約を結ぶことをオススメします。ドミナント戦略とは、フランチャイズ規約に従いある同社のチェーン店を一定地域に密集させて出店することによって相乗効果を狙い、顧客やシェアを獲得するための戦略となります。ドミナント戦略はフランチャイズ本部にとってもメリットがありますが、オーナーにとっても顧客が獲得しやすい認知度を活かして事業展開ができるという利点があります。ドミナント戦略は本社の入念な客層の市場調査のもと実施されるため、新店舗のオーナーが自ら調査を行う必要はありません。特にコンビニなどの小売店などのフランチャイズ事業を行っている企業がこのドミナント戦略を採用しています。

どんな物件を選ぶかも重要

どこに店舗を出店するかという場所ももちろん重要ですが、それと同様にどんな店舗で出店するかということも考慮すべきポイントとなります。物件には居抜き物件スケルトン物件の主な2種類があり、どんな雰囲気のお店にするのかによってしっかりと判断する必要があります。居抜き物件とは、以前のオーナーが使っていた店舗をそのまま借りる物件で、特に飲食店を開業される方にとってはキッチンやダクトなどの必要な設備が整っているため、初期費用を格段に抑えることが可能になります。一方スケルトン物件とは、その名の通り何もない殺風景な物件を借りるため設備を整えるための工事費用等が掛かってしまいますが、オーナーの意思による雰囲気づくりがしやすいというメリットがあります。いずれにしても業種・業態、経営スタイルによって向き・不向きがあるため、しっかリと検討した上で判断しましょう。

一等地=成功しやすい、というわけではない

特に客商売である飲食店や小売店の場合、一般的に一等地と呼ばれる人が多く集まる場所で出店することが当たり前であるとされています。しかし、一等地で出店すれば必ず成功するというわけではなく、土地の値段も高く競合店やライバル店も多く密集しているためそれだけ経営がハードになる可能性があります。そのため、例え一等地でなくてもその地域や場所に合った店舗の雰囲気づくりを努力することによって、独自の味が生まれ顧客も付きやすくなるという場合もあります。

フランチャイズ成功のカギを握る出店場所まとめ

今回はフランチャイズ成功のカギを握る出店場所や立地調査について詳しく解説してきました。出店場所の市場調査や立地調査の重要性についてご理解いただけたでしょうか。これから実際にフランチャイズ事業をはじめることを検討されている方は、以上で紹介したことを是非参考にし、ご自身の事業に役立ててください。

フランチャイズ経営の成功のカギを握る出店場所の選定と立地調査

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする