フランチャイズ相談所

定年後のシニアがフランチャイズで成功するための秘訣や注意点とは?

定年後のシニアがフランチャイズで成功するための秘訣や注意点とは?

今回は、シニア世代の方がフランチャイズで成功するための秘訣や注意点について徹底解説します。定年退職後、実際に起業を考えている方や興味のある方はこれから紹介することを是非参考にしご自身の事業に役立ててください。

シニア起業は遅すぎる?

少しづつではありますが、社会全体が以前よりも「起業」や「フランチャイズ事業」などの働き方に注目を集めつつあります。しかし、どの時期で、どのタイミングで始めるかということが度々議題に上がります。新しい事業を始めるとなると資金面ももちろん体力面も重要であるため一般的にシニア世代と呼ばれる定年退職後の方々にとってはハードであると思われがちです。たしかに定年後のシニアにとって体力面に関してはそれなりのハンデがありますが、シニア世代ならではの利点を活かせることもあります。つまり、やる気と体力がある限り起業やフランチャイズ事業を始めるのに決して遅すぎるということは決してありません。

定年後のシニアがフランチャイズで成功するための秘訣

フランチャイズ事業は比較的低リスクで始められると言われていますが、もちろんそれなりのリスクもあります。そこで定年後のシニアが実際にフランチャイズ事業を始める際に知っておきたい成功するための秘訣についていくつか一緒に考えていきましょう。

秘訣1:スキルが活かせる業種を選ぶ

フランチャイズビジネスの成功率を少しでも上げるためには、これまで長年培ってきたスキルや経験をそのまま活かせる業種を選択することです。シニア世代の最大の強みというのはほかでもない特定の職種でのキャリアと、そのキャリアの中で身につけてきたスキル知識です。定年を機に全く新しい業種にチャレンジしてみることも一つの手段ですが、始めるとなるとその事業を運営していくためのノウハウやスキルを一から全て学ぶ必要があります。そのため、少しでもスムーズに開業、そして事業展開をしていくためにもシニア世代の最大の強みと言ってよいスキルと経験がそのまま直結する業種を選択し起業しましょう。

秘訣2:やりたいことや目標を明確にする

定年を機に起業してみたいというシニアの方もいると思いますが、フランチャイズ事業を始めるに至ってはじめにやりたいことやその事業の目標、ゴールを明確にすることは必要不可欠です。自分が好きな分野は何か、自分にはどんな事業が向いているのか、また具体的に事業をはじめて何をしたいのかなど、明確な動機や目標というのは実際に事業を始めてからモチベーションを維持するために必要になります。特にフランチャイズ事業を始める場合、「他のオーナーも成功しているから」「知名度が高い企業だから」という曖昧な理由だけで特定の企業と契約を結んでしまうと後から本当にやりたいことと今やっていることのギャップができてしまい、経営不振にも繋がりかねません。非常に初歩的な事かもしれませんが、今一度自分のやりたいことや目標を明確にしてから検討しましょう。

秘訣3:不労所得のビジネスをやってみる

すでに心配されている方もいると思いますが、定年後のシニアがフランチャイズ起業する上で一番考えなければならないことが体力面ですよね。そのため、業種を選択する際にはご自身の体力面や健康面をしっかりと考慮すべき必要があります。しかし、そんなシニアの方にもオススメの起業の仕方が不労所得のビジネスにチャレンジしてみることです。具合的にはコインランドリー経営やコインパーキング経営、マンション経営など土地活用によって始められる業種を選べばそれほど体力面を心配する必要がありません。数多くあるフランチャイズ事業を展開している企業の中にも、以上で挙げた事業を実際に行っているところもあります。

定年後のシニアがフランチャイズ起業する際の注意点

以上の3つが定年後のシニアがフランチャイズ起業で成功するための主な秘訣となります。しかし、実際に事業を始めるに至ってシニアなら知っておきたいいくつかの注意点もあるため一緒に見ていきましょう。

キャリアやスキルを過信しすぎない

先程これまで培ってきたキャリアやスキルが活かせる業種を選択すべきという旨の内容を述べましたが、それらを過信しすぎることは逆に失敗のリスクに繋がります。たとえ何十年とサラリーマンとしてのキャリアやスキルがあったとしても、それらが全て「経営者」として通用するわけではありません。また、フランチャイズ事業を行うに至ってどんな業種・業態のビジネスであっても不測の事態というものは必ず起きるため、それらに対応するための柔軟な考え方や臨機応変さ、また本社のアドバイスに耳を傾けようとする姿勢も重要となります。

資金準備は慎重に

定年後にフランチャイズ事業を始める際には、開業資金や準備資金として退職金を利用される方も少なくないと思いますが、それだけでは十分ではない場合もあるため、資金準備に関しては入念に行う必要があります。業種・業態によって必要なし金額が異なるため一概には言えませんが、特に飲食店を始める際には何百万〜何千万という高額な資金が必要となる場合があり、退職金だけは全て賄うことができない可能性もあります。そのため、自分が始めようとしている事業にはどれくらいのお金が必要になるのか、また事業が軌道に乗るまでの生活費等を含めながらしっかり資金準備を行いましょう。

ビジネスにも健康第一!

事業に直接関わるというわけではありませんが、特にシニアの方にとって事業経営は体力との勝負でもあります。体調を崩したり重い病気に掛かってしまえば経営がままならなくなり、最悪の場合そのまま廃業に追い込まれてしまう可能性もあります。そのため適度な運動や健康的な食生活などに特に気を使い経営のための体力維持を行いましょう。

定年後フランチャイズで成功するための秘訣|まとめ

今回は定年後のシニアがフランチャイズ事業で成功するための秘訣や注意点について紹介しました。体力面などを考慮しつつ、これまで培った経験やキャリアを活かすことが事業を成功へと導く鍵といえます。とはいえ起業には年齢関係なくさまざまなリスクや注意点が伴います。退職前のなるべく早い段階で、定年後の生活について計画を立てたり、家族で話し合いの場を設けておくのが良いでしょう。定年後の起業に興味がある方は、是非参考にされてください。

定年後のシニアがフランチャイズで成功するための秘訣や注意点とは?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする