フランチャイズ相談所

開業資金の融資を受けたい―日本政策金融公庫と民間金融機関との比較も

開業資金の融資を受けたい―日本政策金融公庫と民間金融機関との比較も

今回はこれから起業や開業を検討されている方なら絶対に知っておきたい開業資金の融資について詳しくまとめました。具体的な受け方や開業資金の主な集め方、また融資を受ける際の注意点についても紹介しているので是非参考にしてください。

起業のまず超えるべき開業資金の壁

将来自分の会社を興し新たにビジネスを始めようと考えている方の中にはもう既に準備万端の方もいると思います。しかし、例え入念な準備とプランがあったとしても実際に起業するために必要な開業資金が十分にないという理由から、最初の一歩をなかなか踏み出せないという方も少なくないのではないでしょか。開業資金は起業を考えている方なら誰でも最初に立ちはだかる壁ですが、融資を受けるなどあらゆる方法で十分な資金を調達することができるのです。

起業の際に必要となる開業資金の主な集め方や融資の受け方

まず最初に起業の際に必要となる開業資金の主な集め方や融資の受け方について紹介します。大抵の場合各金融機関や各地方自治体の行っている起業家向けの資金援助制度を利用することになりますが、それぞれ細かな概要や注意点、条件もあるため一緒に考えていきましょう。

日本政策金融金庫

ほとんどの起業家が開業資金の融資先としてまず考えるのが日本政策金融金庫です。日本政策金融金庫とは日本政策金融金庫法という法律に基づいて設立された政府による金融機関です。これからまさに起業する事業や起業後間もない事業者向けの金融機関になります。そのため、企業としての具体的な実績や収益が無くてもその事業の将来性や見込みを審査の際に上手くアピールすることができれば平等に融資を受けられるチャンスが有るのです。当金融金庫の融資制度の特徴として、国が指定する固定金利で借りられること、比較的長期間で融資が受けられること、融資を受ける際に保証人や担保が必要ないことなどが挙げられます。その他にも他の金融機関に比べて政府系金融機関であるため金利が比較的低い、返済期間が5年以上ある、他の金融機関からも融資が受けやすくなるといったメリットもあるため検討の余地は十分にあります。

民間金融機関

日本政策金融金庫からの融資が受けられなかった場合、もしくは十分な開業資金がない場合は民間金融機関からの融資を検討しましょう。民間金融機関とは皆さんが日頃から利用されている都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合の4種類が挙げられます。それぞれの特徴としては、都市銀行や地方銀行は株式会社であることから資金力があるため多額の融資が必要な際に利用をオススメします。一方信用金庫や信用組合はその地域に密着した事業に融資することによってその地域の繁栄や経済成長を目的としている団体であるため、銀行よりも比較的親身になり融資をしてくれる場合もあります。しかし、これらの民間金融機関から融資を受ける際には融資額に見合った担保や保証人、また審査があるため、日本政策金融金庫からの融資に比べて融資が受けにくいというデメリットもあります。

各地方自治体の補助金や助成金

開業資金を集める方法として上記で紹介した2つの手段以外にも各地方自治体が行っている起業家向けの補助金助成金を利用することができます。これらの補助金・助成金制度は地域によって具体的な金額や制度を受けるための条件が異なるため一概には言えませんが、返済義務がなく給付型の補助金・助成金制度であるということが共通します。しかし、誰でもこれらの制度を受けられるということでは当然なく、返済義務がないためそれだけ倍率も高まり審査も厳しくなります。そのため、これらの制度を利用すること検討されている方は申請期間も定められているためなるべく早い段階から申請の準備が必要となります。

開業資金の融資を受ける際の注意点

以上の3つが主に開業資金の集め方や融資の受け方にあります。開業資金の融資を受ける際には予め知っておきたい注意点もいくつかあるため一緒に考えていきましょう。

必要最低限の自己準備資金は必要

勘違いされている方も少なくないと思いますが、融資や補助金・助成金制度というのはあくまでも足りない開業資金を補填する目的であって開業資金そのものを全てそれらで賄うことはできません。特に民間金融機関からの融資や各地方自治体からの補助金・助成金制度を利用するためにはある程度の自己資金が必要不可欠となります。またそれらの制度は必ずしも受けられるというわけではなく、審査内容によっては希望額よりも大幅に下回る金額であったり、全く受けられないという状況も発生します。そのため、融資を受けるか否かにかかわらずあらかじめある程度の自己資金は必要となります。

金利がつく、保証人が必要となる

特に民間金融機関からの融資を受ける際には金利がつくこと、保証人が必要になることを忘れてはいけません。融資額や借り主の信用度によって異なるため一概には言えませんが毎月の返済額や金利が事業展開する上で相当な負担になる場合も十分起こり得ます。保証人に関して、家族などの身内の人間を保証人として立てることは不可能でありませんが、ほとんどの場合社会的にある程度地位のある方や経済的に余裕がある方のみが保証人として有効である場合もあるため予め誰に保証人になってもらうかということも考える必要があります。

融資は必ずしも受ける必要はない

開業資金を準備するためには融資を受けるしかない、という考えをお持ちの方もいると思いますが必ずしも受ける必要はありません。融資を受ければある程度金銭的な余裕が生まれるため事業展開もスムーズに進めることができますが、先程も述べたように金利や審査のための準備などある程度の負担を被ることになります。そのため開業資金をコツコツと自分で貯める、助成金や補助金申請のための準備に力を入れるということも賢い選択の一つになります。

開業資金の融資の受け方まとめ

今回は起業の際に必ず必要となる開業資金の主な集め方や融資の受け方について詳しく紹介しました。各起業家の皆さんにとって置かれている状況や事業そのものの形態がことなるため、どの手段で開業資金を調達することがベストであるかということは一概にいは言えません。しかし、以上で紹介したことを是非参考にし、ご自身の事業準備に役立ててください。

開業資金の融資を受けたい―日本政策金融公庫と民間金融機関との比較も

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする