フランチャイズ相談所

レンタルビジネスで開業する際のメリットやデメリット、成功の秘訣をご紹介

レンタルビジネスで開業する際のメリットやデメリット、成功の秘訣をご紹介

今回は今話題のレンタルビジネスに関して、レンタルビジネスを始める際に知っておきたいメリットやデメリットについてまとめました。また、レンタルビジネスを成功させるための秘訣についてもご紹介するので実際に開業を考えている方、興味のある方は是非参考にしてください。

レンタルビジネスって?

「レンタルビジネス」という言葉を知らなくても、皆さん誰でも一度は利用したことはあるはずです。最も一般的なのはレンタルDVD・CDショップ、レンタカーなどが挙げられますが、近年では家具のレンタルショップ、機材のレンタルショップなどありとあらゆるサービスがレンタルビジネスとして確立されています。従来では欲しいものは購入するというのが主流でしたが、現在ではコスト面や節約意識から自分で所有するよりもレンタルしてシェアすると考え方が広まってきているため、レンタルビジネスは業界内でも圧倒的な市場規模を占めています。

人気のレンタルビジネス3種

貸すモノと借りる人間がいればビジネスが成り立つため、レンタルビジネスには無数のタイプがあります。その中でも特に人気なのが機材等のレンタル、季節品のレンタル、そしてレンタルスペースです。機材等のレンタルでは主に撮影機材や工業用機材など購入するとなると比較的高価なモノをレンタルするタイプの事業で特定のイベントなど比較的短期間でのレンタルが一般的です。季節品のレンタルは季節ごとに必要となるモノをレンタルします。例えば夏場に使うキャンプ用品やバーベキューセット、冬場に必要となるスキー道具や除雪機などがあります。そしてレンタルスペースとは、自分が持っている倉庫や駐車場、土地などの一部のスペースをレンタルとして必要な人に貸し出すサービスです。これ以外にもたくさんのレンタルビジネスがあるため、開業を考えてる方は是非自分に合ったタイプのサービスを見つけてみましょう。

レンタルビジネスで開業するメリット・デメリット

レンタルビジネスにおいて重要になるのはヒトよりも貸し出す商品であるため、比較的経営しやすい業種であると言われていますがもちろん短所もあります。そこでレンタルビジネスで開業するメリットとデメリットについて一緒に考えていきましょう。

レンタルビジネスで開業するメリット

レンタルビジネスの最大のメリットとは人件費を最小限に押さえられることです。レンタルビジネスにおいて経営の肝になることはレンタルするモノの管理と回転率です。そのため、それらの業務をこなすことさえできればそれほど従業員を雇う必要がないので人件費を押さえながら運営することができるのです。また、レンタルビジネスはジャンルが広いことからアイディア次第でいくらでもチャンスを見出すことができるのです。これまでの仕事経験の中で培ってきたスキルや知識を活かしながら考案することによって今までとは全く違った新しい形のレンタルビジネスを始められるかもしれません。

レンタルビジネスで開業するデメリット

レンタルビジネスにはもちろんデメリットもあります。まず、レンタルビジネスを始める際にはレンタルする物品やサービスをオーナーであるあなたが原則として保有する必要があるため初期費用がかかるということです。ターゲットや需要によって貸し出さなければならない物品の種類や個数も形態によって変わってくるためご自身が始めようとしているレンタルビジネスのタイプによって開業の際に在庫をしっかり揃える必要があります。また、レンタルする物品に不備がないか、正常に動作するかなどの定期的な点検や保管がレンタルビジネスにおける最も大変な業務となります。取り扱う物品やサービスによっては資格が必要となることもあるため、事前にしっかりと調査する必要があります。

レンタルビジネスで成功するための秘訣とは?

以上がレンタルビジネスを開業する上でのメリットとデメリットになります。それでは実際にレンタルビジネスで開業することを検討されている方のために成功する秘訣についてご紹介します。是非参考にしてください。

ターゲットや需要の入念な調査

業種・業種問わず全てのビジネスに当てはまることですが、レンタルビジネスを始める際には特に入念なターゲットの絞り込みや需要の調査が必要不可欠になります。先程も述べたように一言にレンタルビジネスといっても実にさまざまな形態・種類があり、アイディア次第で既存のビジネスモデル以外でも開業が可能になります。特定の物品を貸し出すだけでなく目に見えないサービスをレンタルする場合もあるため、今の時代に合った需要やターゲートを見つけ出し、独特なアイディアで開業することが成功のカギとなるのです。

他社との差別化を図る

レンタルビジネス業界において、DVDレンタルやレンタカーなどの既存の業種は大手有名チェーンの独占状態がほとんど確率されているため、そこに参入しようとしても失敗率が高まるだけです。レンタルビジネスにおいての成功のカギはいかに独創的なアイディアで他社との差別化が図れるかが最大の肝となります。

フランチャイズを利用して開業する

レンタルビジネス業界は需要の拡大と共に競争率も上がっているため、例え開業したとしてもかならずしも収益につなげることができるとは限りません。しかし、フランチャイズを利用して開業することによって市場調査や在庫の維持管理を本部が代行してくれる企業もあるため経営に専念できます。はじめての開業で経営そのものに自身がない方、いまいちレンタルビジネスについて理解できていな方はまずフランチャイズで経験を積むということも一つの手段になります。

レンタルビジネスで開業するまとめ

今回はレンタルビジネスで開業するメリットやデメリット、また成功の秘訣について詳しく紹介しました。現在日本にはありとあらゆるレンタルビジネスが存在しています。しかし、メジャーなDVDレンタルやレンタカーなどの業態は既にビジネスモデルが確率されているため、それらの業態での開業はオススメできません。いかに独創的なアイディアで多くの人が求めているものやサービスを見つけられるかがレンタルビジネスで開業し成功するために必要不可欠な要素になります。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする