フランチャイズ相談所

レギュラーチェーン(直営店)とフランチャイズチェーンの違いとは?

レギュラーチェーン(直営店)とフランチャイズチェーンの違いとは?

今回は知ってるようで意外と知らないレギュラーチェーンとフランチャイズチェーンの違いについて解説します。また、それぞれのメリットやデメリットも紹介しますので、これから実際に事業を始めることを検討されている方は是非参考にしてください。

レギュラーチェーンとフランチャイズチェーンの違いとは?

日常的に「チェーン店」という言葉をよく耳にしますが、一言にチェーン店と言ってもいくつか種類がありそれぞれ明確な違いがあります。そこでまず、代表的なチェーン店であるレギュラーチェーンとフランチャイズチェーンの違いについて一緒に考えていきましょう。

レギュラーチェーン

直営店とも呼ばれるレギュラーチェーンとは、そのチェーンを運営する企業が自ら直接運営を行う店舗を意味します。人材や店舗の設備、仕入れも全て本社でまかない店舗運営をしていきます。各レギュラーチェーンの店舗責任者は店長と呼ばれ、店長は企業本部に直接雇われている正社員から推薦によって選ばれるケースがほとんどです。つまりレギュラーチェーンとは、運営に関して外部の組織が干渉せずに全て自社だけで賄われている店舗であるのです。

フランチャイズチェーン

一方フランチャイズチェーンとは、フランチャイズ事業を展開する企業とフランチャイズ契約を結んだ個人・法人が経営者として運営していくことになる加盟店を指します。加盟店にてロゴや商標、経営マニュアル等は全てフランチャイズ本部指定の物を使用することになりますが、本部と加盟店はあくまでもお互い独立した事業と見なされます。加盟店の責任者は契約を結んだ当人でオーナーと呼ばれ、不特定の個人や法人がオーナーになるため本部に直接雇用されているわけではありません。

レギュラーチェーンのメリット・デメリット

以上がレギュラーチェーンとフランチャイズチェーンの主な違いとなります。双方の違いが分かったところでまず、レギュラーチェーンのメリット・デメリットについて一緒に見ていきましょう。

メリット:チェーン全体の統制が効きやすい

レギュラーチェーンのメリットしてまず挙げられるのがチェーン全体の統制が効きやすいということです。先程も述べたとおり各直営店は本社の設備、人材、経営方針によって賄われているため、経営戦略の変更や具体的な経営方針についてスピーディーに効率よく各店舗に浸透させることができ、柔軟な対応にも繋がります。また、各直営店の店長は本社で雇用している正社員であるため、各店舗でのマネジメントや従業員の教育、また本社とのコミュニケーションも取りやすいということがレギュラーチェーンの魅力となります。その他にも各店舗の収益がそのまま企業全体の利益となり、収益を最大化できるというメリットもあります。

デメリット:事業展開に時間とコストが掛かる

レギュラーチェーンのデメリットとしては、事業展開に相当な時間とコストが掛かるということです。新規店舗をオープンするとなると店舗物件の確保から店長の教育、設備工事に相当な時間とお金がかかるためチェーン全体の拡大も遅れ事業展開がスムーズに進まないことがほとんどです。また、直営店をオープンさせ実際に運営するためには全て会社の資本で賄うことになるため、常にチェーン全体のマネジメントを本部が行う必要があり人材不足などの問題に直面することもあります。つまり、レギュラーチェーン展開は会社の事業の一環であるため、多くの時間と人材、そして手間が必要となるのです。

フランチャイズチェーンのメリット・デメリット

レギュラーチェーンの特徴について理解できたところで次はフランチャイズチェーンのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット:スピーディーに事業展開が可能

フランチャイズチェーンのメリットとしてまず挙げられことが、スピーディーに効率よく事業展開ができるということです。フランチャイズ事業の場合、各店舗のオーナーの教育や研修、指導は本部が行うことになっていますが、実際の店舗運営やマネジメントは各オーナーが行うため本社としては効率よく事業拡大ができます。全国に店舗が増えればそれだけその企業の認知度も上がるため、結果的に本部全体の収益にもつながるのです。一方でフランチャイズチェーン店側にもメリットがあります。フランチャイズ契約を結ぶオーナーは必ずしも経営経験者であるというわけではなく、未経験ではじめる方も珍しくありません。そのため、フランチャイズチェーンを経営することによって本部の指導やサポートを受けながら経営ができるという魅力があるのです。

デメリット1:不祥事が起きた際にチェーン全体のイメージダウンになる

フランチャイズチェーンのデメリットとしては、不祥事が起きた際に悪影響が広まりやすいということです。オーナーは違えども各フランチャイズチェーンでは同一のロゴ、商標を利用して事業運営をしているため、たとえどこか一店舗でも問題や不祥事が起こってしまうと他の加盟店だけでなく企業全体のイメージダウンに繋がりやすいのです。そのような状況を未然に防ぐための教育や指導を行う際にも各店舗のオーナーは本部の直接的な雇用者ではないため、統制がしにくいというデメリットもあります。

デメリット2:収益の最大化が難しい

フランチャイズ事業において、各フランチェイズチェーンでの収益を最大化することは難しいです。というのも、各加盟店舗のオーナーは商標やロゴの使用量として、毎月収益の中から一定額のロイヤリティを支払うことになっています。そのため、各店舗での収益がそのままオーナーの収益につながるというわけではなく、本部としても直営店に比べてフランチャイズチェーンからの収益の還元率は低くなります。

レギュラーチェーンとフランチャイズチェーンの違いまとめ

今回はレギュラーチェーンとフランチャイズチェーンの違いや双方のメリット・デメリットについて詳しく紹介しました。いずれもメリット・デメリットがあるため事業展開をする際にどちらが良いとは一概には言えませんが、それぞれの違いを予め理解しておくことは非常に重要ですので、参考にされてください。

レギュラーチェーン(直営店)とフランチャイズチェーンの違いとは?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする