フランチャイズ相談所

必見!!脱サラ起業の際に必要となる準備や勉強、スキルとは?

必見!!脱サラ起業の際に必要となる準備や勉強、スキルとは?

今回は脱サラする際に忘れずにやりたい必要な準備や事前に勉強しておくべきことについてまとめました。失敗しやすいと言われている脱サラを少しでも成功に近づけるためにもこれから紹介することをぜひお役立てください。

脱サラ起業する前の心構え

「自分のスキルを活かせる仕事がしたい!」「経営者になりたい!」「とにかく今の会社をやめたい」など人によって脱サラ起業の動機はそれぞれです。しかし、いずれにしても脱サラ起業は決して簡単なことではなく成功率が非常に低い厳しい世界であるということをまず肝に命じておきましょう。具体的な数値を出すと、新しく立ち上げた事業が1年後生き残っている確率は約40%で10年後ではわずか6%しかありません。つまり、起業しても翌年には半数近くの事業が廃業に追い込まれるのです。しかし、失敗もあれば成功している事業も当然ですがあります。少しでも成功に近づけるためにはこれから紹介する準備や勉強、注意点についてしっかり理解する必要があるのです。

脱サラ起業する際にやっておきたい準備や勉強

初めて脱サラ起業する方にとっては具体的な事業プランがあったとしても、何から始めたら良いのか分からない場合もあるでしょう。そこでまず、脱サラ起業する際にやっておきたい準備や勉強、持っておきたい知識について一緒に詳しく見ていきましょう。

その1:十分な資金の確保

何かを始めるためには必ずお金がかかるものです。起業の際にも相当な額の資金が必要となる場合があります。事業を始めるための準備費用や初期費用、実際に事業が始まってから必要となる運営資金、また忘れがちですが経営が軌道に乗り、収益が出るまでの生活費が主に必要となる資金です。とは言ってもこれらの資金をすべて一人で準備することは難しいため、国が行っている補助金や助成金制度を利用する、銀行から融資を受けるといった方法で資金を調達しましょう。生活費に関しては無収入でも最低1〜2年間は暮らせるだけの十分な資金を確保しておきましょう。

その2:経営や収支管理のスキルの習得

脱サラ起業する際には経営や収支管理に関するスキルが絶対必要になります。業務上の責任は今まで以上に大きくのしかかり、従業員を雇えば彼らの教育や面倒もしっかり見なければなりません。また、売上や収益、支出など細かい収支管理のスキルも必要となります。収支管理に関しては特定の従業員や専門家に任せることもありますが、あなた一人で事業を展開する際には、自らやらなければ事業は成り立ちません。つまり、実際に開業する前に経営や収支管理に関する勉強をし十分な専門スキルを身につける必要があるのです。

その3:税金、納税のスキルの習得

会社経営において厄介な業務の一つとして挙げられるのが税金に関する業務です。 ヒト・モノ・カネが動く際には必ず税金がかかります。日頃からの帳簿付けも含め年に一度行うことになっている確定申告など、サラリーマン時代にはやっていなかった税金に関する業務も起業すれば経営者であるあなたの責任になります。どのような種類の税金をどこに、いつ納めるのかなどの基本的なことに加え税金を抑えるための節税対策を行うことも経営者の重要な責任になります。

その4:事業計画書の作成

脱サラ起業を考えている方はある程度事業プランができていると思いますが、開業前には事業計画書としてしっかり形を作る必要があります。どのような業種・業態で起業するのか、事業スタイル、店舗の規模、従業員の人数、また具体的な収益見込みなどの情報が含まれた事業計画書を作成しましょう。事業計画書は開業準備をスムーズに進めるためだけではなく、銀行からの融資を受ける際や助成金や補助金の申請をする際にもひつようとなるためなるべく早い段階で作成準備を進めましょう。

脱サラ起業する際に気をつけたい注意点

以上の4点が脱サラ起業する際に必要となる準備や勉強となります。業種・業態によってはこの他にも必要なことがある場合もあるため、早めに対応できるように予めしっかりと準備を行いましょう。また、脱サラ起業する際にはいくつかの注意点もあるため一緒に考えていきましょう。

脱サラするタイミングを見極める

脱サラする際にはしっかりタイミングを見極めて行動に移す必要があります。会社に勤めながら副業として事業を始め、徐々にシフトしていくやり方ときっぱり会社を辞めてから開業する2パターンがあります。いずれにしてもメリットとデメリットがあるため、自分が起業しようとしている事業に必要な資金や準備期間を考慮しながらタイミングを見計らいましょう。

個人事業と法人事業

ビジネスには個人事業と法人事業の2種類があり、起業する際にはいずれかで事業をはじめることになります。最も大きな違いとしては、会社の責任が個人か会社に既存するかといった点にあります。業種によって向き不向きがあるため一概にはどちらが良いとは言えませんが、個人事業の場合は事業プランと開業届を提出すればすぐ始められるため、開業までの準備がスムーズに進められるという点ではオススメです。

失敗しやすい業種

飲食店経営は脱サラ起業の中でも特に失敗しやすい業種であると言われています。その理由として、専門スキルの習得に時間がかかる、店舗物件の借り入れや仕入れにコストが掛かる、立地選定が難しいなどが挙げられます。どうしても飲食店で開業を考えている方は比較的小規模な店舗や店舗を必要としない移動販売、もしくはフランチャイズを利用して経営サポートを受けながら事業展開していくことをオススメします。

脱サラ起業する際に必要な準備や勉強

今回は脱サラ起業する際に必要な準備や勉強、持っておきたいスキルについて詳しく紹介しました。一般的に失敗しやすいと言われている脱サラ起業ですが、少しでも成功に近づけるためには以上で紹介したことを参考に万全な準備のもと事業を始めましょう。

必見!!脱サラ起業の際に必要となる準備や勉強、スキルとは?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする