フランチャイズ相談所

30代の脱サラ!アラサーで起業する魅力と起業する際の注意点とは

30代の脱サラ!アラサーで起業する魅力と起業する際の注意点とは

今回は30代の脱サラに関して、アラサーで起業する魅力と起業する際の注意点について紹介します。30代という年齢は仕事面、生活面も含め人生設計する際の重要な分岐点となります。そのため、脱サラ起業する際にさまざまなことを考慮した上で行動に移る必要があります。

 

脱サラする際に考えたい「30代」という年齢

社会人として20代から働いている方にとって30代を迎えるとそれなりの経験やスキルが身についています。また、30代は仕事だけなく生活面でもそれなりの余裕ができ、家族をすでに持っている方もいるでしょう。人生の重要な分岐点である30代の方にとって安定した生活を捨て脱サラし起業するという選択は果たして正しいのでしょうか。確かに家庭を持っている方にとっては苦渋の選択になりますが、今や高校生や大学生の経営者もいる時代です。そのため、脱サラや起業を考える上で適正な年齢というのはなく、やる気さえあればいつでもチャレンジできるのです。

【30代の脱サラ】アラサーで起業する魅力とは?

それではまず30代の脱サラに関して、アラサーで起業する魅力について一緒に見ていきましょう。起業したいけれどなかなか一歩が踏み出せない方はこれらの魅力を考慮した上で判断してみましょう。

魅力1:精神面・体力に余裕を持ちながら仕事ができる

30代で脱サラ起業する最大の魅力は精神面・体力面において余裕を持ちながら仕事ができるということです。体力面に関しては20代の方が余裕はあると思いますが、30代となるとそれなりの経験があるため精神的な余裕につながります。現在の仕事においても精神面・体力面において余裕を持ちながら仕事をしていると実感している方は決して少なくないでしょう。脱サラして新しい事業を始めるとなるとこれまでの安定した生活や収入を犠牲にしてしまうという不安があると思いますが、精神面・体力面に余裕があるため物事をしっかり判断し、自分に足りないものを客観視しながら着実に起業準備を進めることができます。

魅力2:豊富なキャリア、経験を起業に活かせる

特に20代から社会人として活躍している方は30代に突入するとそれなりに豊富なキャリアやスキル、社会経験が身についていることでしょう。これまで培ってきた経験やスキルを経営者になってからも活かすことができ、できることの幅がグッと広がります。経営者になり実際に事業を展開していくためにはその分野における専門スキルはもちろん重要ですが、売上など物事の先を見据え判断する能力や経営者として従業員を雇い教育・指導するスキルというのも必要不可欠です。確かに20代の方にとってはその若さや勢いというのが最大の武器になりますが、30代の方はこれまで築き上げてきた経営スキルや経験というのをダイレクトに自分の事業に活かすことができます。

魅力3:社会的信用が得られる

どんな事業でも成功に導くためには社会的信用が必要不可欠です。というのも、取引先を相手にして仕事をするときだけでなく、開業準備をする際に必要となる資金の融資を銀行等から受ける際にも社会的信用やキャリアが重要だからです。冒頭でも少し触れましたが「高校生経営者」「大学生経営者」と聞くと確かにインパクトがあり注目をあびることができます。しかし、脚光を浴びているからと言ってそれが直接社会的信用に繋がるとは言い難いです。30代で脱サラし起業すればこれまで培ってきた経営スキルだけではなく、人脈やネットワークをビジネスに活かすこともできるためそれだけ社会的信用が得られやすいのです。

魅力4:失敗しても次に繋げることができる

30代は起業するために決して若すぎる年齢ではありませんが、同時に遅すぎるというわけではありません。そのため、30代で起業し一度失敗してしまったとしてもその失敗を次に繋げることができます。経営者として成功を収めている方は何度も失敗を繰り返し今現在の事業に至るというケースがほとんどです。そのため、30代からの脱サラ起業は例え一度、二度失敗してしまってもその経験を次に活かすためのチャンスが残されているという魅力があるのです。

【30代の脱サラ】アラサーで起業する際の注意点とは

以上の4つがアラサーで起業する魅力になります。中には30代は遅すぎる、無謀すぎるという考えを持っている方もいると思いますが、決してそういうわけではなく成功するチャンスは残されています。しかし、いくつか気をつけるべきこともあるためその注意点について一緒に見ていきましょう。

とにかく行動あるのみ

30代は20代のように勢いとその若さだけで物事を判断するようなことは殆どありませんが、あまりにも慎重になりすぎてなかなか一歩が踏み出せないという状況に陥る場合があります。確かに、準備の段階から冷静になって物事を判断することも重要ですが、たとえどんなに優れたビジネスプランがあったとしても実際に行動に移さなければ何も始まりません。そのため、「とにかくやってみる」ということも30代の起業には重要な要素の一つなのです。

生活のことも含めビジネスの将来性をしっかり考える

30代という年代になると仕事面だけでなくプライベートな面でもある程度安定した生活が確立されてきます。特に既に結婚されて家庭がある方にとっては子育てなど生活面で重要なことがたくさんあります。つまり、脱サラし起業を検討する際にはご自身の生活の事も含めてしっかりビジネスプランを設計しその将来性も考慮しましょう。あまりにも無謀な起業、すぐに収益が見込めない起業というのは経営者であるあなただけでなく、あなたの家族にも影響を与えるということをしっかり認識しておきましょう。

30代で起業する魅力と注意点まとめ

今回は30代の脱サラに関して、アラサーで起業する魅力と起業する際の注意点について紹介してきました。どの年代にも起業においてメリット、デメリットがあるため、30代だからといって起業に適さない年齢であるというわけではありません。以上で紹介したアラサー起業での魅力を最大限に生かして準備を進めていけば滞りなく事業を始めることができます。

30代の脱サラ!アラサーで起業する魅力と起業する際の注意点とは

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする