フランチャイズ相談所

脱サラ後にフランチャイズ加盟するメリットと失敗しやすい経営者の特徴

脱サラ後にフランチャイズ加盟するメリットと失敗しやすい経営者の特徴

今回は脱サラ後にフランチャイズ加盟して起業することのメリット、また脱サラ起業に失敗しやすい経営者の特徴について徹底解説します。脱サラ後のフランチャイズ起業は、独立して一から事業を始めるよりも比較的ローリスク・ハイリターンで起業をすることができます。しかし、成功しやすいという魅力だけで起業を決断してしまうのは失敗しやすい人の典型的な特徴です。これ以外にも注意すべきことはあるので一緒に考えていきましょう。

脱サラ後にフランチャイズ加盟して起業するメリット

それではまず、脱サラ後にフランチャイズ加盟して起業することの3つのメリットについて見ていきましょう。今まさにフランチャイズで起業することを検討されている方は必見です。

メリット1:「雇われる側」から「雇う側」への転身

脱サラ後にフランチャイズ加盟で起業するメリットの最大のメリットは、「雇われる側」から「雇う側」への転身ができるということです。当然ですがあなたが起業しフランチャイズビジネスを始めれば経営者になります。経営者になるということは自分の意思や経営戦略などを事業に反映しやすくなるということです。従業員として会社や上司からの指示に従い働くこと自体に不満やストレスを感じている人は決して少なくないと思います。また、会社内でどれだけ成果を収めたとしてもその手柄のほとんどが会社の利益になり個人が評価されないという不条理を感じている人もいると思います。勿論一般的な起業の場合でも、こういったメリットはありますが、フランチャイズ加盟で起業した場合、経営方針や商品の提供などはある程度本部の規則に従って運営していくことになるので、経営が軌道に乗るまでの期間が比較的短いと考えられます。しかし、肩書はあくまで「経営者」であるため経営努力がそのままあなたの利益に反映しやすくなるのです。

メリット2:短期間で経営者のスキルを学べる

フランチャイズ加盟で起業する際、ほとんど全てのフランチャイズ事業では店舗経営に必要なスキルや各専門分野に必要な知識を学ぶため研修制度が準備されております。というのも、フランチャイズに加盟する人の中には経営自体未経験の方も少なくないからです。当然ですが、経営のスキルや知識が充分でないといくら起業の意思があったとしても何も始めることができません。かといって一から全て自分で学ぼうとしても時間と手間がかかり、なかなか前に進むことができません。各フランチャイズ本部が提供している研修制度を利用することによって効率的に比較的短期間で経営者として必要になるスキルや知識、また各業種における専門知識を身につけることができます。

メリット3:初期費用、開業準備の負担の削減ができる

当然ですが、何か新しい事業を始める際には建物や設備、お金、人などの資本が必要不可欠です。しかし、それらを全て自分ひとりで準備しようとすると莫大な費用と時間を費やすことになります。フランチャイズに加盟することによって事業を始めるため、また、始めてから必要になる資本の準備をする際に本部からサポートを受けることができ、初期費用、開業準備の負担を大幅に削減することができます。例えば、店舗物件の紹介や比較的低価格での商品の仕入れ、開業資金の融資など万全な状態で事業を始めるためにフランチャイズ本部がバックアップしてくれます。全てのフランチャイズ本部がこれらのサポートをしてくれるわけではないですが、特に小売業や飲食業の場合は経営未経験のオーナーでもスムーズに開業するためのサポートを受けることができます。

フランチャイズ加盟で脱サラ起業に失敗しやすい人の特徴とは?

以上の3つがフランチャイズ加盟で起業する主なメリットになります。フランチャイズに加盟して起業することは独立して起業するよりも資金面、スキルや知識の習得などの負担を軽減することができます。ましてや、サラリーマンという安定した生活を犠牲にして脱サラした方にとってフランチャイズ制度は精神的な支えにもなるかもしれません。しかし、フランチャイズ加盟で起業したからといって必ず成功するわけではありません。そこでフランチャイズ加盟で脱サラ起業に失敗しやすい人の特徴について詳しく見ていきましょう。

「フランチャイズ」という魅力だけで起業する

フランチャイズ加盟で起業するメリットについて上記でいくつか紹介ましたが、フランチャイズのメリットや魅力を過信しすぎると必ず失敗します。一事業の経営者になるということはそれだけ責任の重さや量も変わってきます。従業員を雇えば経営者自身の生活や事業だけでなく、彼らの生活の責任も負うことになります。そのため、「フランチャイズ」ということだけに魅了され生半可な気持ちで起業してしまうと、本当に必要な経営者としてのスキルや知識、そして責任能力が欠如しているためその事業は間もなく廃業に陥りやすくなるのです。

ライバル店の出現

フランチャイズ事業も一つのビジネスである以上、いつなんどきどんなトラブルが生じるのか予測することは難しいです。ご自身の事業が経営不振や廃業に追い込まれる原因の一つとして挙げられるのが「ライバル店の出現」です。たとえば、あなたがラーメンのある有名チェーン店と契約しお店を出した際、近隣に他社のライバル店が次々に出店した場合にこれまであなたのお店に来ていたお客がそのライバル店に取られてしまう、というケースは決して珍しくはありません。その結果売上が思うように伸びず最悪の結果廃業に追い込まれる場合もあります。ライバル店の出現自体はどんなに優れた経営者であっても完璧に予測することは難しいです。しかし、あなたが店舗を出そうとしている場所や立地の市場調査や客層のターゲッティングをするということは事業を成功に導くために必要不可欠なことです。

本部の選定ミス

今現在あらゆる業界において数多くの企業がフランチャイズビジネスを展開していますが、その殆どは誰もが知っている有名企業や大手企業である場合が多いです。あなたがフランチャイズ本部と契約する際、ブランド名や認知度という外面的な魅力だけによって本部を選定してしまうと高確率でその事業は失敗に終わります。確かにブランド力や認知度というのはサービス業など一定の業種において必要不可欠な要素となります。しかし、その事業をスムーズに展開していくためには経営者であるあなたのその事業に対する適正や情熱、その事業自体の売上など将来性が最重要要素になります。それらの要素に加えて契約を検討している企業の経営方針や企業理念に賛同できるか、ということもしっかり判断して本部を選定しましょう。

脱サラ後にフランチャイズ加盟するメリットまとめ

今回は脱サラ後にフランチャイズ加盟して起業するメリットや失敗しやすい経営者の特徴について紹介しました。フランチャイズ事業は特に経営未経験の方にとって比較的低リスクで始められるビジネスです。しかし、その事業を成功に導くか、もしくは失敗に終わらせるのかは経営者であるあなたの力量次第となります。

 

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする