フランチャイズ相談所

脱サラしたいけど勇気が出ないという時に必要な考え方とは?

脱サラしたいけど勇気が出ないという時に必要な考え方とは?

今回は脱サラ起業を考えているが勇気が出ないその理由とそんな時に知っておくべき考え方について紹介します。たとえ脱サラ起業するための十分な計画が整っていたとしても、精神的な問題によって最初の一歩を踏み出す勇気がなかなかでないということはよくあることです。しかし、だからといって何もしないと時間だけが過ぎていきます。

脱サラ起業したい!けど勇気が出ない・・・その理由とは?

「煩わしい人間関係から開放されたい!」「自分のスキルを最大限に活かせる仕事がしたい!」など人によって脱サラ起業をする動機はそれぞれです。しかし、いずれにしてもサラリーマンを辞め経営者として一つの事業を動かしていくことはそう容易なことではありません。それではまず、脱サラ起業を考えている方が勇気が出ず最初の一歩がなかなか踏み出せない主な不安やその理由について見ていきましょう。

理由1:失敗のリスクが高い

脱サラし新しい事業を自ら起ち上げることの一番の不安は失敗のリスクが高いということです。何をもって「成功」とするのかその基準はそれぞれですが、業種・業態問わず全てのビジネスにはそれなりのリスクが伴います。例えば、起業したのは良いが途中で運営資金が尽きてしまい廃業に追い込まれた、業務中に顧客と何らかのトラブルが生じ損害が発生した、という主に金銭的な理由で失敗に陥る可能性が非常に高いです。実際に新しく始めた事業が10年後生き残っていられる確率はたったの7%という数字が出ているように、成功率よりも失敗率のほうが圧倒的に高いのです。

理由2:安定した生活が難しい

サラリーマンとして毎日会社勤めされている方は働き方や人間関係に関して何かと不満を持っていることでしょう。しかし、実際のところサラリーマンほど安定した働き方はありません。というのも、毎月一定の給料は保証されており、会社によっては年に何回かボーナスを得ることもできるからです。収入面の安定だけでなく、サラリーマンは社会のあらゆる制度に守られている存在です。例えば事故やケガによって一時的に働くことができなくなった場合、雇用保険によって一定の給料や治療が保証されます。その他にも有給制度、年金制度などありとあらゆる社会保障がサラリーマンとその家族の健康的な生活を守ってくれるのです。脱サラするということはそれらのメリットを受けることが難しくなり、全て自己責任になることもあります。

理由3:家族の心配

安定した生活が難しくなるというリスクはあなただけでなくあなたの家族にも影響を与えます。特にお子さんのいる方にとって、「満足行く生活をしっかり送らせてあげられるのか」「学校に通わせてあげられるのか」という不安を抱いている方も少なくないでしょう。起業する際は自分の意思を尊重することももちろん大切ですが、そのせいで家族に不安な思いをさせてしまったり子供を十分養っていくための余裕がなくなってしまっては頑張って起業する意味がありません。そのため、起業する際は家族としっかり話し合った上で同意を得て起業を検討しましょう。

理由4:資金面・スキル面での心配

思い切って脱サラしてみたは良いが自分が今持っているスキルや知識で経営者として本当にやっていけるのかというのも起業する際の不安要素になる一つの理由です。当然ですが、会社の一員として仕事をこなすことと経営者として事業を動かすのとでは必要なスキルや知識、働き方は全く異なります。たとえ経営のための勉強をしっかりしていたとしても、実際に経営者になってからでないと見えてこない課題や責任というものが必ず伴います。また、初めて起業をする方にとって開業資金や運営資金をどれくらい用意すれば良いのか分からないですよね。というのも業種や業態によって事業を始めるために必要なお金や実際にその事業を展開していくための運営資金の額は状況によって異なります。つまり、資金面・スキル面での心配というのも実際に起業する際に勇気が出ない原因の一つになるのです。

脱サラ起業する勇気を持つために知っておくべき考え方

以上で紹介した4つが、脱サラ起業をする際に多くの方が勇気を出せず最初の一歩がなかなか踏み出せなくなる主な理由となります。それでは、勇気を出して起業するためにはどのような考え方を持てばよいのでしょうか。一緒に考えて行きましょう。

お金の余裕=心の余裕

起業する際には多くの不安要素が伴いますが、十分な開業資金・運営資金があればある程度の不安を取り除くことができます。一見単純すぎるようなことのように思えますが、お金の余裕というのは結果的に心の余裕に繋がります。たとえば、実際に起業準備を進めていく上で技術面にもう少し勉強が必要であると感じたとき、また実際にビジネスを始めてから思うように事業が進まない際に最低限の資金があればある程度軌道修正をすることができます。心の余裕を持つためにも、万が一すぐに利益が出せなくても十分生活していけるための1〜2年間分の生活費や必要資金を予め用意しておくと不安を最低限に押さえて事業運営していくことができます。

常にスキルアップ・キャリアアップの向上心を持つ

運良く今の事業が順調に進んでいたとしても、その状況がずっと続くという保障はありません。今現在ある程度需要のあるビジネスはおよそ3年後には徐々に需要が無くなると言われています。そのため長期的に利益を出すためにも経営者は常にスキルアップやキャリアップのための向上心を持つことが結果的に自信やその事業の成功にもつながります。時代や需要の変化をしっかり見極め、それに応じたビジネスやサービスにチャレンジすることも経営者として必要なスキルの一つです。

脱サラしたいけど勇気が出ない理由と知っておくべき考え方まとめ

今回は脱サラしたいけど勇気が出ない理由や最初の一歩を踏み出すために絶対知っておきたい起業の心構えについて紹介しました。最初から自信満々でなんの不安もなく行動に移せる人は殆どいません。脱サラ起業をするという大きな決断はあなたや家族にとっても大きな決断となるので勇気が出せずにためらってしまうことは自然なことです。しかし、だからといって何もしないでいると何もはじまらないため、覚悟を持ってとにかくやってみるということも重要なのかもしれません。

脱サラしたいけど勇気が出ないという時に必要な考え方とは?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする