フランチャイズ相談所

未経験者必見!!フランツチャイズ展開の「リスク」について考える

未経験者必見!!フランツチャイズ展開の「リスク」について考える

今回はフランチャイズビジネスにおいて避けては通れない「リスク」について一緒に考えていきましょう。特にこれからフランチャイズで開業を考えている方はリスクも含め、ビジネスを成功に導くために絶対押さえておきたいポイントについても知っておく必要があります。

フランチャイズは低リスクで始められる?

独立して起業するよりもフランチャイズで起業した方が比較的低リスクで成功率も高い、と一般的に言われています。確かに資金面、運営面においてフランチャイズを利用した方が経営者の負担が少なくなることは確かですが、フランチャイズも一つの事業である以上絶対はありません。そのため、予めそのリスクについて理解しておくことで未然に問題を防げるかもしれません。

フランチャイズビジネス展開の「リスク」とは何か?

具体的にフランチャイズビジネスのリスクとは何なのでしょうか。フランチャイズビジネス展開における加盟店経営者の視点から主な3つのリスクについて一緒に見ていきましょう。 

リスク1:本部のブランドを背負って展開すること

1つ目のリスクは本部のブランドを背負って展開することの精神的負担です。フランチャイズビジネスにおいて、本部と加盟店はあくまでもそれぞれ独立した事業と見なされます。しかし、加盟店は企業本部のシンボルである商標やロゴ、また経営ノウハウに則って運営することになるわけですから当然本部が築き上げてきたイメージや信頼感を損なうような行為はタブーです。例え過失であったとしても加盟店だけでなく本部そのものの収益や売上に影響しかねません。このように、フランチャイズビジネスを展開するということは同時に本部の看板を背負っているということを決して忘れてはいけないのです。

リスク2:フランチャイズ契約内容や契約期間

加盟店のオーナーはフランチャイズ事業を始める際、契約内容を厳守して事業展開をしていきます。また、大半のフランチャイズ事業には契約期間が設けれられており、原則として契約が満期になるまでその事業を続けなければなりません。実はフランチャイズビジネスにおいて発生する問題やトラブルのほとんどはこの契約内容や契約期間が関係しているのです。例えば、契約時にその内容についてしっかり説明を聞いていなかった、もしくは誤って認識していたために本部によって訴えられた、売上がなかなか延びないため中途解約を余儀なくされ違約金が発生した、などといった事例は決して珍しくありません。そのため、フランチャイズ事業の基盤とも言ってよい契約内容については特に注意する必要があります。

リスク3:高額な資金やロイヤルティの支払いが必要な場合も

冒頭でも述べたようにフランチャイズを利用することによって必要資金の負担を減らすことは可能です。しかし、全ての事業に当てはまるわけでなく、例えば飲食店など店舗の維持費や人件費、また仕入れ費等が定期的に発生する事業形態においては、開業準備をする段階、実際に開業した後も高額な金銭的負担が発生する可能性があります。資金確保の手段として補助金や助成金の利用、銀行からの融資などがありますが、それらに全て頼るのではなく、ある程度の自己資金を準備する必要があります。また、フランチャイズ契約には多くの場合でロイヤリティが発生します。ロイヤリティとは、本部から様々なサポートや有益な情報を享受出来る対価として支払わなければならない費用のことです。ロイヤリティの割合は本部によって様々ですので、自身の経営プランと照らし合わせた上で、ロイヤリティの支払いの見通しがたつかどうかしっかり検討しましょう。

フランチャイズビジネス成功のためにやるべき3つのこと

以上の3点がフランチャイズビジネスにおいて起こり得るリスクとなります。これらのリスクをしっかり踏まえた上でフランチャイズビジネスを成功に導くために絶対知っておきたい4つのことをご紹介します。

本部の情報収集や選定

契約を結ぶ以前の段階において、自分がチャレンジしてみたい業種や具体的な企業に関する情報収集、選定は必要不可欠なことです。具体的に自分はどんな業種に興味があるのか、本当に適しているのか、またその本部の企業理念に賛同できるかということも重要な判断材料になります。実際に契約を結ぶ前に説明会に積極的に参加したり、不明点がある場合は直接本部の人間に問い合わせるなど情報収集の努力をしてしっかりと本部を選定しましょう。

契約書・契約内容の開示請求

滞りなく開業準備を進め事業を運営していくためには契、約時に契約書や契約内容の開示請求を本部に対して行いましょう。法定開示書面と一般的に呼ばれているフランチャイズ事業における取り決めや規則などが記された書面を本部が契約者に対して開示することは義務となっています。特にその加盟店を出店させることによってどれほどの収益や売上が見込めるのかが記された売上予測に関しては開示と十分な理解が必要になります。故意ではなく理解不足によって契約違反をおこしてしまった場合でも法的手段で訴えられるということは決して珍しくはありません。事前にトラブルを防ぎ、スムーズに事業展開していくためにしっかりと契約内容の開示請求をすることが重要です。

フランチャイズ本部との信頼関係の構築

契約ももちろん重要ですが、本部の人間と加盟店オーナーが直接的に信頼関係を築くことも成功のためには必要不可欠となります。フランチャイズビジネスの仕組みはそもそも双方に利益が出るような構造になっています。そのため、些細なことでも意見の相違や認識のずれが生じると大きなトラブルの引き金になりかねません。その結果、まず一方で損失が生じ、最終的には双方の損失に繋がります。定期的に双方が直接顔を合わせた上で意見交換をする、事業に関して説明を求めるといった積極的な姿勢が信頼関係を結ぶために最も効果的な手段です。

フランチャイズビジネス展開の「リスク」について考えるまとめ

今回はフランチャイズビジネス展開におけるリスクについて詳しく解説してきました。一般的に低リスクで起業できると言われているフランチャイズビジネスにもいくつかのリスクや問題が必ず伴います。特に契約内容や契約期間に関して認識が足りない状態にあると大きなトラブルに繋がりかねません。事前にそれらを防ぐことも重要ですが、実際に問題が生じてからどのように対処していくか、というは経営者にとって必要なスキルの一つです。以上で紹介したことを是非参考にご自身のフランチャイズビジネス展開の際に役立てて下さい。

未経験者必見!!フランツチャイズ展開の「リスク」について考える

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする