フランチャイズ相談所

飲食店を開業する時に絶対知っておきたい物件探しのコツをご紹介

飲食店を開業する時に絶対知っておきたい物件探しのコツをご紹介

今回は飲食店を開業する際に絶対知っておきたい物件探しのコツについて紹介します。カフェやレストランなど飲食店にも様々な形態がありますが、事業の成功には物件選びが重要な要素の一つとなります。これから実際に飲食店を開業される方は是非参考にして下さい。

飲食店事業は物件探しで決まる?

「自分のお店を出したい」「料理スキルを活かした仕事がしたい」など飲食店の開業の動機は人によって様々です。飲食店にとってお客さんに提供する料理の「味」はもちろん大切な要素ですが、それと同じくらい事業を始めるために店舗、物件というのも重要になってきます。大規模な店舗を持てばそれだけお客さんもたくさん収容でき売上にも繋がりますが、それだけ運営の負担も増えます。一方、小規模な店舗や移動販売などの形態の場合には人件費を抑えることはできますがお客の回転率や単価というのもにも気を配らなければなりません。このように事業規模、経営スタイルによってそれぞれメリットとデメリットがあるため、本当に自分が始める事業に適した物件選びをする必要があるのです。

物件探しの際に知っておきたい2種類の物件

一般的に飲食店を開業する際に借りることになる物件には、居抜き物件とスケルトンの2種類があります。居抜き物件とはキッチンやカウンターなどが以前の借り主が使用していた時のままの状態になっている設備が既に整っている物件です。内装工事や装飾など最低限の準備だけすればすぐに始められるため、それだけ初期費用を抑えられることが最大の魅力です。一方スケルトンとは、その名の通り設備等何もない殺風景な物件です。スケルトン物件を借りて飲食業を始める場合キッチンやダクトの設置など内装工事に相当な時間とお金を費やすことになりますが、自分の好きなようにアレンジしたり空間づくりが出来るのが魅力の一つです。飲食業を開業する際、ほとんどの方が居抜き物件を選択する傾向にあります。居抜き物件、スケルトンどちらにもメリット、デメリットがあるためしっかり検討して選択しましょう。

飲食店の開業時に知っておきたい物件探しのコツ

以上のことを踏まえた上で、実際に飲食店を開業するためには具体的にどのように物件を探せば良いのでしょうか。そこで、飲食店開業の際に知っておきたい物件探しのコツについて紹介します。

コツ1:店のコンセプトや客層のターゲッティング

実際に不動産点やインターネットで物件探しをする前にまず、自分が開業しようとしている飲食店のコンセプトを明確にしましょう。一言に飲食業といってもその形態はたくさんあり、例えば居酒屋のようにワイワイ出来る雰囲気のお店、もしくは高級レストランのようなゆったりと落ち着ける空間のお店などまず大まかに決めてみましょう。また、中華、イタリアン、フレンチ、和食など実際に提供する料理の種類によってもそのコンセプトは変わってきます。コンセプトが決まったらどのような客層を相手にして商売することになるのかというターゲッティングも行う必要があります。年齢や性別、またビジネス街など店舗を出店する場所というも客層を絞るための重要な判断材料になります。

コツ2:立地や競合店の調査をする

飲食店にとって料理の「味」というはもちろん重要ですが、料理を食べてくれるお客さんがいなければ意味がありません。そんな客商売である飲食業にとって出店する立地や周辺の競合店の調査を行うことは必要不可欠です。繁華街やビジネス街など一等地にある物件は人がたくさん集まるため集客しやすいですが、他の飲食店も当然同じような考えを持っているためそれだけ物件の価格も高騰します。また、一等地には多くの飲食店が密集しておりそれだけライバル店もたくさんあるため、事前にしっかりそのライバル店を調査し提供する料理の価格設定やメニューの種類などを十分検討して決める必要があります。しかし、一等地でなくても集客方法やお店のコンセプトの工夫次第でお客を集めることは十分可能と言えます。

コツ3:売上の見積もり

例え自分が開業するお店のコンセプトや立地条件が適している物件が見つかったとしても最終的に大きな判断材料になるのは物件費などの金銭的な問題になります。物件を借りれば当然ですが毎月家賃が発生するため、予め売上や予算の見積もりを行いそれに適した賃料の物件を選びましょう。また、物件に寄っては維持費や更新料、敷金など家賃とは別に費用が発生する場合もあるため、それらも含めてしっかり検討しましょう。

物件探し、契約の際の注意点

以上の3つが物件探しの際のコツになります。物件を実際に借りるまでの流れとしては不動産店やネットで物件を絞った後実際に下見や内見などを行い契約となります。そこで物件探し、そして契約の際の注意点について見ていきましょう。

物件を借りるには保証人が必要

既にご存知の方もいると思いますが、不動産会社と契約し実際に物件を借りる際には保証人が必要になります。物件を借りる際には数百万から数千万といった巨額なお金が一気に動きます。そのため、本当に社会的信用のある方、それなりの地位のある方が保証人になってもらわない限りスムーズに契約できない場合もあるため事前に注意しましょう。

契約内容はしっかり把握しておく

契約後に借り主と貸主の間でトラブルが生じることは決して珍しくありません。契約書にサインする前には契約内容についてしっかり把握しましょう。通常物件を借りる際には契約期間が設けられており、一定の期間が経過すると貸主から更新の通知が発送されてきます。更新する際にはもちろん更新料が発生します。未然にトラブルや問題を防ぐためにも契約書の内容を隅々まで理解し、契約書はしっかりと保管しておきましょう。

飲食店を開業する時に絶対知っておきたい物件探しのコツまとめ

今回は飲食店を開業する際にしっておきたい物件探しのコツや注意点について紹介してきました。実際に物件探しをする際には事前にお店のコンセプトや客層を設定し立地や競合店の調査、また売上の見積もりをしっかりしておきましょう。順序よくプロセスを踏んで物件探しすることによって時間と手間を掛けずにスムーズに開業準備をすることができます。以上で紹介したことをご自身の事業を始める際にぜひ参考にして下さい。

飲食店を開業する時に絶対知っておきたい物件探しのコツをご紹介

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする