フランチャイズ相談所

フランチャイズビジネスで知っておきたい義務違反や契約違反をご紹介

フランチャイズビジネスで知っておきたい義務違反や契約違反をご紹介

フランチャイズビジネスを円滑に進めていくためには、フランチャイズ本部と加盟店オーナーが契約事項を厳守し契約の内容について予めしっかりと理解しておく必要があります。というのも、フランチャイズビジネスにおいて契約内容の認識の相違や義務違反、契約違反によるトラブルというのはどの業種・業態でも毎年発生しているからです。今回はそのようなトラブルを未然に防ぐためにも、フランチャイズビジネスに携わる全ての関係者なら絶対に知っておきたいフランチャイズビジネスにおける契約や解約、また義務違反や契約違反について詳しく紹介します。

フランチャイズビジネスにおける契約の重要性

初めて起業にチャレンジする方にとってフランチャイズを利用することは、開業資金額や失敗のリスクを最小限に抑えることが可能になります。一方、フランチャイズ本部側にとっても加盟店の数が増えることによって自社のPRにも繋がります。このようにフランチャイズビジネスというのは双方にメリットが出るような仕組みになっていますが、お互いがメリットを享受するためには契約内容の理解、そして厳守が必要不可欠となります。

契約と信頼関係が成功の鍵になる

そもそも、フランチャイズビジネスでの成功には、フランチャイズ契約や本部と加盟店オーナーの信頼関係が全てといっても過言ではありません。フランチャイズビジネスの仕組み上、本部は加盟店オーナーに対して本社の商標や経営マニュアル、指導などが含まれたフランチャイズパッケージと呼ばれるモノを提供します。その対価として加盟店は、月々のロイヤリティーや加盟金を本部に対して支払います。契約の際には、商標の使用規則やロイヤリティの価格等が細かく記されている契約書に目を通すことになりますが、フランチャイズの基礎とも言えるこの仕組をしっかり保つことが、そのビジネスの将来を決め、双方の信頼関係がお互いのメリットにも関係してくるため、契約信頼関係はフランチャイズビジネスにおいて最も重要なことなのです。

フランチャイズビジネネスにおける解約の種類

フランチャイズも1つのビジネスである以上途中で何が起こるか分かりません、場合よってはオーナー自らが脱退の意志を示したり、何らかの理由によってフランチャイズ契約が解約になる場合も珍しくありません。そこでまず、フランチャイズビジネスにおける3パターンの解約について見ていきましょう。

中途解約

フランチャイズ契約期間が、満期になる以前でオーナーが脱退することを中途解約と言います。中途解約には、任意解約と合意解約があります。任意解約とは、企業によっては契約期間中でもオーナーが希望すれば、契約書に記載されている中途解約事項に則りフランチャイズ事業を脱退及び、解約することができるという仕組みです。しかし、企業によって中途解約事項の内容や違約金・解約金の発生等の記載について異なるため、契約の際にしっかり確認しておきましょう。一方合意解約とは、契約事項に中途解約についての記載が無い場合でも、当事者同士が合意すれば解約をできるという仕組みになっています。

満期解約

ほぼすべてのフランチャイズ事業には、あらかじめ契約期間が設置されています。つまり、その契約期間満期をもって解約することを満期解約と言います。満期解約においては、違約金や解約金が発生することはありませんが、一部のフランチャイズ事業においては、満期解約の期間終了までに契約更新の意志を示すための通知を本部に行わなければならないことがあり、場合によっては自動更新されるというケースもあるため、いずれにしても契約時に解約についての事項は特に注意して目を通しましょう。

契約解除

契約当事者の一方が他方に対して損害を被らせた場合や、フランチャイズ契約に定められた内容や義務に違反した場合、そのフランチャイズ事業は契約解除となります。フランチャイズ事業で起きているトラブルのほとんどはこの契約違反によるもので、問題の早期解決が見込めない場合裁判沙汰になり法的措置を取ることも珍しくはありません。

フランチャイズビジネスにおける主な義務違反や契約違反とは?

中途解約、満期解約、そして契約解除がフランチャイズビジネスにおける主な解約パターンとなります。その中でも契約者双方が特に注意する必要があるのが契約解除です。そこで契約解除になる主な義務違反や契約違反について見ていきましょう。

売上予測による義務違反

契約の際にフランチャイズ本部は、加盟店オーナーに対してその事業を展開することによってどれほどの売上が見込めるのかなどを説明する義務があります。しかし、実際に事業を始めてからその売上予測額が明らかに打算的であった場合や、そもそも説明がしっかりされていなかった場合には、本部側の義務違反になり、オーナーは本部に対して損害賠償の請求及び契約解除の手続きができる場合があります。

テリトリー権契約違反

フランチャイズ契約内容事項には、テリトリー権が記載されている場合があります。テリトリー権とは、契約加盟店の商圏を守るための制度で、その店舗の一定周辺区域に直営店や他の加盟店を出店させないという決まりになっています。本部側がそれを無視し、近隣に新たな加盟店を出店させた場合、テリトリー権契約違反になり本部に対して損害賠償請求をすることができます。しかし、テリトリー権に関しては記載事項が複雑である場合が多いため、契約を結ぶ前にしっかり理解しておく必要があります。

フランチャイズで起業する際に知っておきたい義務違反や契約違反まとめ

今回はフランチャイズを始める際に絶対知っておきたい契約や解約、また主な義務違反や契約違反について紹介しました。冒頭でも述べましたが、フランチャイズビジネスを円滑に進め本部と加盟店オーナーの双方がメリットを得るためには、お互いの信頼関係と契約内容の理解が必須となります。悪質なフランチャイズ本部でない限り、加盟店オーナーが意図的な被害に会うことは滅多にありませんが、お互いのコミュニケーション不足や契約内容の理解不足によって、契約に関して様々な問題が起きてしまいます。以上で紹介したことを是非参考にしてご自身のフランチャイズビジネスに役立てて下さい。

フランチャイズビジネスで知っておきたい義務違反や契約違反をご紹介

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする