フランチャイズ相談所

個人事業主必見!節税のために必要な領収書や経費の処理方法をご紹介

個人事業主必見!節税のために必要な領収書や経費の処理方法をご紹介

以前サラリーマンとして働いていた方は業務においてあまり気にする必要はなかったかもしれませんが、個人事業主の方にとって経費や納税、確定申告などお金に関するあらゆることに関して、その知識や処理は必要不可欠になります。領収書の管理や帳簿付けは一般的に経理や事務の業務とされていますが、事業を始めたばかりで従業員や税理士を雇う余裕が無い場合は、個人事業主本人が全て処理しなければなりません。そこで、今回は個人事業主必見の節税に必要な領収書や経費の処理方法について徹底解説します。是非参考にして下さい。

 

個人事業に欠かせない領収書や経費の処理

個人事業、法人事業問わずお金が発生することには必ず税金が掛かり、各事業の責任者は確定申告することで税金を納める義務があります。そのため、日頃から領収書や収入・支出の管理をしっかり行い、確定申告をするための準備をしなければなりません。これらの作業は、どの事業においても最も重要な業務の一つであり義務でもあるので、各事業の責任者はしっかりとした知識をもって滞りなく実行する必要があります。

 

個人事業主は「青色申告」で節税が可能

確定申告には「白色申告」と「青色申告」の2種類があり、個人事業主はこの青色申告を利用することによって節税を始め、いくつかのメリットを得ることができます。納税自体は義務ですが、その納税額を可能な限り少なくする節税の努力をすることは、事業主にとって必要なことです。個人事業にかかる所得税や個人事業税というものは、「収入」や「利益」から「経費」を差し引いた「所得」額に比例して税率が課されます。そのため、節税するためにいかにして経費を多く計上するかがカギになるわけですが、個人事業主が青色申告を利用することによって、家族や親戚を従業員として雇った際の人件費を経費に含めることができます。この他にも最高で65万円の申告特別控除が利用できたり、赤字を最大3年間繰り越すことができるというメリットもあるため、個人事業主は是非青色申告の利用を検討しましょう。

 

意外と知らない領収書の正しい処理方法

個人事業主や青色申告で節税できることが分かりましたが、実際に利用するためには日頃の帳簿付けや収支処理が重要になります。当然ですが、それらを実行するためには領収書の処理が必要となります。しかし、実際に日頃から経理や事務業務を行っていても疑問に思うことも少なくないため、ここで領収書の正しい処理方法について学びましょう。

 

領収書の正しい書き方

業務において何か必要な備品を購入した際など、領収書をお店に人に発行してもらう、もしくは自ら作成しますよね。しかし、皆さんは本来の正しい領収書の書き方についてしっかり理解しているでしょうか?領収書を発行する際には、まず末尾に「也」もしくは「ー」の付いた領収した金額、領収書を発行した年月日の日付、領収書を発行する側の会社名のサインや印鑑、領収書を受け取る側の個人名や会社名、そして領収の理由の以上5点は原則として必ず記載することになっています。特に日付や領収を受け取る側の名前を「上様」等省略されるケースが多いですが、未然にトラブルを防ぐためにも必ず記載しましょう。また、領収する金額が3万円以上の場合は、収入印紙を貼りその上から割り印を押すことになっているため注意しましょう。

 

領収書でなくても「レシート」でOK

場合によっては支出が発生した際に領収書を発行できないケースも生じます。意外と知られていませんが、その際は「レシート」でも全く問題ありません。というのも、領収書本来の目的というのは、お金を支払ったことの証明をすることです。そのため、レシートに明細、日付、金額、そしてメモとして領収の内容やその他詳細を記入すれば、経理処理の際に十分な材料となります。しかし、レシートは他のものと混同したり誤って処分しやすいため、あくまでも領収書が発行できない場合のみ利用することをオススメします。

 

「レシート」「領収書」が発行できない場合は「出金伝票」

支出を証明する材料として主に「レシート」や「領収書」が該当しますが、場合によっては両方とも発行できない場合があります。たとえば、電子マネーを使って交通機関を利用した際の交通費や、商売繁盛のために神社等で祈祷してもらった際の祈祷料、出産祝いやお歳暮等の慶弔費などです。このようにレシートも領収書も発行できない場合は「出金伝票」というものを作成する必要があります。専用の用紙に領収書と同様の記載事項を記入すれば簡単に作成することができます。

 

個人事業主なら知っておくべき経費の基準

以上の3点が、経費を計上する際に必要不可欠な領収書の処理方法となります。しかし、そもそも経費とは具体的にどのような支出を意味するのでしょうか。その2つの基準について見ていきましょう。

 

ポイント①:その事業から発生する支出であるか

経費とは、基本的に事業を正常に運営するために必要な費用であるため、その事業から直接的に発生する支出は全て経費です。例えば、小売業や飲食業において在庫や材料を仕入れる際の仕入れ費、テーブルや椅子などの設備は全て経費となります。極端な話、事務業務のために必要なペンや消しゴムを100均で買った際の支出も全て経費に含まれます。

 

ポイント②:その事業に関連性のある支出であるか

その事業からの直接的な支出でなくても、関連性のある支出の場合も経費に含まれます。たとえば、取引先と会う際の交通費や食事代、接待費などが該当します。それらを経費として処理する際の上限額は特に定められていませんが、「社会通念上妥当な支出金額」であるということが暗黙の了解となっているため、極端に高額な支出の場合は役所等からチェックが入る場合もあるため注意しましょう。

 

個人事業主必見!節税のために必要な領収書や経費の処理方法

今回は、個人事業主必見の節税に必要な領収書や経費の処理方法について詳しく解説してきました。

領収書や経費の処理業務は、どの事業においても一番重要なことであると同時に、一番面倒で時間のかかる業務となります。そのため、中には税理士などの専門家に依頼する企業もありますが、個人事業主の場合は確定申告や節税のためにも、それらのことについてしっかり把握しておく必要があります。今回紹介したことを是非参考にしてご自身の事業に役立てて下さい。

個人事業主必見!節税のために必要な領収書や経費の処理方法をご紹介

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする