フランチャイズ相談所

個人事業主になったら絶対利用したい助成金と補助金4選

個人事業主になったら絶対利用したい助成金と補助金4選

「事業を始めたはいいがトラブルが発生し行き費用が必要になった」、「開業当初に準備していた資金が底をついてしまった」など、個人事業主として実際にビジネスを始められている方は、これらの金銭的問題に直面したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に資金面でのトラブルは、その後の事業展開やビジネスの成功にも直結してくるためいち早く解決したいですよね。そんな時に個人事業主の方にオススメなのが、助成金や補助金です。少しは聞いたことはあるけど詳しくは知らないという方のためにも、今回は個人事業主になったら絶対利用したい助成金や補助金を利用する際の注意点をご紹介します。

 

似ているようで異なる助成金と補助金の違いとは?

助成金と補助金・・・双方とも国や各地方自治体から個人事業主や経営者に対して支払われる資金であり、原則として返済義務のない公的な金銭的援助という点では同じです。しかし、受給条件やそれらの制度を管轄している機関が大きく異なります。それではまず助成金と補助金の大きな違いについて見ていきましょう。

 

助成金

助成金は主に厚生労働省が管轄している資金援助制度で、主に企業や民間団体、個人事業主などの経営者を対象としており、その具体的な目的は国や行政の政策目標を促進・達成するためのお金です。つまり「起業」や「個人事業の立ち上げ」も国家規模で推進されているため、政府はそれらを行なっている人に対して金銭的な援助を行います。助成金の支給額ですが、あらかじめ一定額が決まっている場合が多く、必要な準備や審査に通れば利用することができます。基本的に助成金は後払いのシステムになっているため、実際に個人事業を立ち上げた後に利用することができます。また、申請期間が比較的長めなのが特徴で申請しやすいというメリットがあります。

 

補助金

補助金も助成金同様、支給の目的が国や各行政規模で推進活動として掲げている政策に、実際にチャレンジしている人や団体を援助するための制度という点に関してはほとんど同じです。しかし、補助金は経済産業省が管轄していることから、助成金よりも経済活動の促進や日本経済の活性化といった趣旨が強いのが特徴的です。また、補助金の場合支給額というものは実際のその事業の支出に対する割合で決定する場合が多く、受給できる定員も決まっているため誰もが利用できるというわけではありません。

 

個人事業主が絶対利用したい助成金・補助金4選

助成金や補助金の主な特徴や違いについて理解できたでしょうか。それでは、実際に個人事業主になった際に絶対利用したい具体的な助成金・補助金制度を4つご紹介します。

 

人材開発支援助成金

人材開発支援助成金とは、雇用保険の被保険者となる従業員などビジネスに携わる人材のキャリア形成やスキル習得を目的とした制度で、一定のコースを修了することでその経費や賃金に対して助成金が支給されるシステムです。主なコースや4つ設置されており、若年層向けの労働生産性を向上させるための特定訓練コース、派遣社員や非正規社員など有期契約労働者のための特別育成訓練コース、有給教育訓練休暇制度を活用した従業員が行う教育訓練休暇付与コース、その他一般訓練コースがあります。いずれも中小企業や事業主団体を対象とした訓練でその訓練の経費などの一部を人材開発支援助成金で負担できます。

 

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金とは、派遣労働者、有期契約労働者、また短時間労働者などいわゆる非正規雇用労働者の企業内での専門スキルの習得、キャリアアップを目的とした助成金制度です。こちらも中小企業や事業主団体が支給の対象となっており、非正規雇用労働者の待遇改善や正社員化を行った場合、その企業に対して一定額の資金が支給されます。

 

創業・事業継承補助金

創業・事業継承補助金とは、新たな需要や雇用機会を創出し経済活性化を促す創業者に対してその事業を始める上で必要な経費の一部を国が負担するという補助金制度です。簡単に言えば、これから新たなビジネスを生み出して日本の経済を元気にさせることに貢献する人に対する見舞金のような制度です。この創業・事業継承補助金を利用するためには指定の地域や市区町村でビジネスを始める、大企業ではないこと、最低でも一人の従業員を雇うなど一定の条件が定められているため利用の際は注意が必要です。

 

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金とは、豪雨や地震などの自然災害等に被災した一定業種に従事する小規模事業者に対して支給される補助金で、事業継続や再建のための資金を給付することを目的としています。小規模事業者持続化補助金の受給の対象者は、主に卸売業、小売業、製造業、宿泊や娯楽を含めたサービス業での事業主が受け取ることができます。

 

助成金・補助金を利用する際の注意点

助成金・補助金を利用する際にはいくつかの注意点があります。助成金・補助金は利用することによって各分野の業種に携わる個人事業主や経営者にとってメリットがある資金給付制度であることは間違いありません。しかし、実際に利用を検討されている方の多くが誤解されていることですが、各助成金や補助金は申請すれば誰でも利用できるというわけではなく、それぞれ支給額や定員が設定されています。また、双方とも原則として後払い方式で支給されるため、事業計画を立てて実際に開業した後に利用することになります。全く資金準備をしなくても良いというわけではなく、ある程度の自己資金の準備が必要となります。

 

個人事業主になったら利用したい助成金・補助金まとめ

今回は個人事業主になったら絶対利用したい助成金や補助金に関して、双方の特徴や違いや主な制度を4つ紹介しました。助成金や補助金を利用することによってあらゆる事業において、特に資金面に関して何か問題が生じた際や従業員のキャリア形成が必要な場合に、それらの負担を減らすことができます。しかし、今回紹介した助成金や補助金の制度は誰でも必ず利用できるわけではなく、それなりの条件や審査があるため、実際に各助成金や補助金の利用を検討されている方は入念な準備が必要となります。

個人事業主になったら絶対利用したい助成金と補助金4選

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする