column

コラム

フランチャイズ相談所

飲食店で脱サラして失敗する人の傾向とは?成功のポイントもご紹介

飲食店で脱サラして失敗する人の傾向とは?成功のポイントもご紹介

様々な新しいビジネスが次々と生まれる現代においてその種類は無数にありますが、その中でも脱サラを目指している方にとって圧倒的な人気のある業種が飲食店の経営です。「自分の味を提供したい!」「多店舗経営して一攫千金を目指したい!」などその目的は人それぞれですが、人気であると同時に最も失敗する確率が高い業種とも言われています。今回はその理由を探りながら失敗する人の傾向や成功に導くためのポイントを徹底解説します。これからまさに脱サラして飲食店を始めようと考えているサラリーマン、その他起業意志のある方は必見です。

 

失敗する人が後を絶たない飲食店での脱サラ

脱サラ後、もしくは退職後に「夫婦揃ってカフェを経営したい」「自分の店をもってチェーン展開させたい」というような夢を持っている方も少なくないと思いますが、あらゆる業種がある中、飲食業での脱サラはダントツで失敗する人の数が多い業種と言って良いでしょう。挑戦者が多くそれだけ競争率も高いという点でも失敗する人が後を絶たない理由になりますが、その他にも重労働や長時間労働に耐えられず途中で断念してしまう、なかなか客が集まらず赤字が続いてしまうなど飲食店ならではの経営の難しさということも挙げられます。しかし、失敗している人もいれば一方で大成功を収めている人もいます。多店舗経営を行い何千万、何億という単位で稼いでいる飲食店経営者も実際に存在しています。つまり脱サラして飲食店を経営することは一種の賭けであるといってもよいでしょう。

 

飲食店で脱サラして失敗する人の傾向とは?

先程も触れたように飲食店ならではの経営の難しさから失敗してしまうこともありますが、それ以上に経営者自身のスキルや素質というものビジネスに大きな影響を与えます。そこでまず、飲食店で脱サラして失敗する人の典型的な傾向について一緒に見ていきましょう。

 

開業準備・設備投資にお金を掛けすぎる

まず一つ目の傾向として、開業資金や設備投資に多額のお金を掛けてしまい実際に事業が始まってから運営にまわす資金が底をついてしまった結果、失敗に陥るというパターンです。言うまでもありませんが、飲食店にとって最も重要なことは「料理の味」です。確かに提供する料理のタイプによって内装を変えたりテーブルや椅子などにこだわることももちろん大切ですが、外面的なことばかりに時間とお金を掛けてしまうとオープンするまでに巨額な資金が掛かり、経営がままならなくなってしまいます。

 

飲食業=ビジネスということが認識できていない

「料理の味」や「調理スキル」ももちろん大切ですが、飲食店経営も一つの大きなビジネスであることを忘れてはいけません。つまり脱サラして飲食店を経営していくためには料理人としてのスキル、経営者としてのスキル、この2つを持たなければならないのです。少しでも新鮮で安い食材手に入れるための仕入先を探したり無駄なコストを削減するための経営努力、また従業員の教育なども経営者のやるべき責任となります。たとえ料理の腕に自信があったとしても店を経営していくためのビジネススキルがなくては本末転倒になってしまいます。そのため飲食業も一つのビジネスであるという意識が足りない方も失敗する傾向にあります。

 

集客・宣伝ができない

ビジネススキルということ関してもう一つ重要なことは集客や宣伝方法です。飲食店はお客様がいて初めて成り立つ商売です。たとえどんなに優れた料理の腕があったとしてもその料理に対してお金を払ってくれるお客様を集めることができなければ当然その店は潰れてしまいます。メニューや看板作りに関しても細心の注意が必要となります。というのも、文言の使い方や配色、料理の写真や名前によってそのお店がどのような料理を提供しているのか、高級店なのかそれとも誰でも入りやすいカジュアルなお店なのかなど客に与える店舗そのもの印象も決まるので客層や消費者ニーズも変わってきます。今までサラリーマンとして働いていた方にとって、集客や宣伝のなど経営者にとって必要不可欠な業務を最初から完璧にこなすことはほとんど不可能です。そのため、十分な時間を確保してオープン前に実行する必要があります。

 

飲食店で脱サラして成功するための2つのポイントとは?

飲食店で脱サラして失敗する人の傾向について理解できたところで、それらを踏まえた上で脱サラ事業を成功に導くための2つのポイントについて紹介します。どんな業態の飲食店を経営する際にも当てはまることなので是非参考にして下さい。

 

ポイント1:事業スタイルと事業規模を決める

成功のポイントとしてまず挙げられることが、経営するに至って無理のない事業スタイル・事業規模を決めることです。一言に飲食店といってもその種類はさまざまで、カフェや居酒屋、ラーメン屋やレストラン、また移動販売など特殊な経営スタイルもあります。経営スタイルも変われば当然事業規模も変わり収益にも影響してきます。比較的大規模な飲食店を経営することは集客率もアップし多くの収益も見込めますが、それだけ人件費や運営費もかかります。そのため特に業界未経験の方は比較的小規模な飲食店を初めて「回転率」にこだわり、収入が安定してきたら多店舗経営を始めるなどして徐々に事業を大きくする方法をオススメします。

 

ポイント2:ライバル店の調査、立地の選定

飲食店を始める上で近所のライバル店の調査や立地の選定というのも欠かすことはできません。既にあなたのお店の近くで同じような料理を提供しているライバル店があるのであれば、そのお店から客を獲得するためには相当な経営努力が必要となります。また立地に関してもビジネス街や繁華街など人が多く集まる一等地は確かにビジネスチャンスが多くありますが、当然ライバル店も多く高額な物件となります。一等地でなくても隠れ家的なスタイルで繁盛している店も実際にあるため、事前のライバル店の調査や立地の選定も飲食店経営を成功に導くための重要な要素となります。


ポイント3:フランチャイズを利用する

確かに飲食店開業にはシビアな現状がありますが、フランチャイズを利用することによって比較的低リスク、低資金ではじめることが可能です。飲食店開業に至ってまず最初に立ちはだかる壁は店舗の物件を抑えるための資金、またその設備投資です。しかし、フランチャイズの場合は契約した本部が良い物件の選定や以前に他のオーナーが運営していた店舗を提供してもらえる場合もあるので圧倒的に資金を押させることができます。

 

飲食店で脱サラして失敗する人の傾向まとめ

今回は最もシビアな業界と言われている飲食店経営に関して、脱サラして失敗する人の典型的な傾向や成功に導くためのポイントについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。飲食店経営の失敗率が高い理由としてとにかくオープンのための高額な資金がかかり、事業が始まってからも重労働が課せられます。それに加えて経営者自身の経営スキルというのもその事業の将来に大きく関わってきます。これから実際に脱サラして飲食店経営を検討されている方は今回紹介した内容を是非参考にして役立てて下さい。

飲食店で脱サラして失敗する人の傾向とは?成功のポイントもご紹介

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする