フランチャイズ相談所

脱サラしてフリーランスで働く魅力や絶対するべき4つの準備とは?

脱サラしてフリーランスで働く魅力や絶対するべき4つの準備とは?

脱サラしフリーランスとして自分のやりたいことやスキルが活かせる仕事で働くことは、毎日の会社勤めでストレスを感じながら忙しい日々を送っているサラリーマンなら誰でも一度は考えたことがあるのではないのでしょうか。しかし、そもそも脱サラしてフリーランスとして働くことの本当の魅力とは何なのか、実際に行動に移すためにはまず何をすべきなのか、これらの不安を抱えているため最初の一歩がなかなか踏み出せない方もいると思います。そこで脱サラしてフリーランスで働くことの魅力や絶対にすべき4つの準備について徹底解説していきます。是非参考にして下さい。

 

サラリーマンにとって夢の働き方、フリーランス

サラリーマンとして働くことは最も安定した働き方であり、特に家庭を持っている方にとっては何不自由なく生活を送るための手段での一つでした。しかし近年「多様な働き方」が徐々に注目され始め、「自分のやりたいこと」「自分のスキルが活かせること」で働くことが理想の働き方として認識されつつあります。サラリーマンとしての今の仕事に不満を抱えている方にとっては、脱サラしてフリーランスで生計を立てていくことはまさに夢の働き方と言えるでしょう。

 

脱サラしてフリーランスで働く魅力とは?

”スーツ姿の男性”

それでは、なぜ脱サラしてフリーランスで働くことが今注目を集めて言えるのでしょうか。サラリーマンとして働くよりも自由度が高くワークスタイルも自分で決めることができるというメリットがあるのは確かですが、より具体的な魅力について紹介します。

 

市場規模がそもそも大きい

フリーランスで成功している人はプログラマーやデザイナーなど、特別な専門スキルを持っている人だけであると思われがちです。しかし、実際はブロガーやライターなど幅広い分野で成功を収めている方も少なくありません。というのもSNSなどの情報技術の発達により誰でも気軽に自らの情報を発信できる時代になり、それだけ市場規模も拡大しました。極端な話、パソコンが無くてもスマホさえあればネットショップ経営やフリマアプリを使って誰でも簡単にお金が稼げるということが、脱サラ後フリーランスとしても十分生計を立てられるという魅力になります。

 

努力や実績が全て収入として還元される

企業の人間として、もしくはチームの一員として働き、どんなに大きな成果を収めてもその利益は当然ですが個人1人だけには帰属しません。フリーランスとして働く最大の魅力はなんと言っても努力や実績がそのまま全て自分に還元されることです。しかし逆を言えば実績が出せなければそれだけ収入も少なくなる状況に陥るため、脱サラしてフリーランスとしてやっていくにはそれなりの覚悟が必要となります。

 

脱サラしてフリーランスになる際に絶対するべき4つの準備とは?

”腕を組む大人の手”

脱サラしてフリーランスで働く魅力について分かったところで、実際に行動に移す前に絶対するべき4つの準備について説明します。

 

準備1:先駆者・ロールモデルを探す

まずすべきことは、自分がフリーランスとして始めようとしている分野の先駆者やロールモデルを見つけることです。一言に「フリーランス」と言ってもその働き方や仕事内容は数多くあるため、具体的な「なり方」というものはありません。そのため、初めて脱サラしフリーランスになる方にとっては同業者や関連分野での先駆者・ロールモデルが開業する過程において良いお手本として機能するのです。とは言っても、彼らにいきなり直接会うことは難しいため、ネットやビジネス本などを通して実際に自分が始めようとしている分野の先駆者やロールモデルに関する情報を仕入れて準備をしましょう。

 

準備2:自己評価をし、事業プランを設計する

フリーランス事業において、自分のスキルと事業内容がビジネスを成功させる上で最も重要なポイントとなります。これから始めようとしているビジネスは本当に自分に適しているのか、収入が得られる見込みはあるのか判断するには、まず自分自身を知り入念な事業プランを設計することが必要となります。そのため具体的な事業内容を決める前に、自分にはどんなスキルがあるのかを自己分析、自己評価しそれに見合ったビジネスを始めることで成功に近づくことができます。

 

準備3:同業者やコミュニティとつながる

フリーランスは会社から仕事をもらい、家でひたすら1人で働くというイメージがあります。自分一人だけで黙々と仕事をこなしお金を稼ぐことは確かにカッコいいですが、フリーランスで働くからこそ同業者やコミュニティとのつながりが更に重要になってきます。フリーランスとして働き始めた当初は誰でもなかなか業績が伸びなかったり、思い通りに事が進まないことはありがちなことですが、それら全ての問題を自分一人で解決することは不可能です。そのため、同じ分野でフリーランスとして活躍している同業者、もしくはそういったコミュニティとつながることで自分のビジネスに対する客観的な意見や評価を得られるだけでなく、意見交換やモチベーションを上げるための機会として自分のビジネスにつなげることができます。

 

準備4:実際にビジネスを始めてみる

ビジネスプランの設計などある程度フリーランスとして働くための準備ができたら、単純なことですが実際にビジネスを始めてみるということも重要なポイントです。フリーランスとして働く最大の不安要素は安定した収入を確保できるか、スキルや知識を習得するのにどれくらい時間を割くべきか、ということになります。そのため事業を実際に始める以前に十分な貯金や勉強ばかり時間を費やしてしまい、なかなか最初の一歩が踏み出せない方も少なくありません。フリーランスとしての事業が始まってから見えてくる課題や問題もあるので、「とにかく始めてみる」ということも必須要素になります。

 

脱サラしてフリーランスで働く魅力やするべき準備とは?まとめ

今回はフリーランスという働き方に関して、多くのサラリーマンの憧れでもある脱サラ後フリーランスで働くことの魅力や、実際にフリーランスになる際に必要な準備について紹介しました。意外と専門性の高いスキルが必要であると思われがちなフリーランス事業は、情報技術の発達により誰でも十分チャレンジできる分野になりつつあります。しかし市場規模が広い分、フリーランスとしての働き方も人それぞれなので、以上で紹介した4つの準備はどの業種においても必ず実践しましょう。

脱サラしてフリーランスで働く魅力や絶対するべき4つの準備とは?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする