フランチャイズ相談所

成功例から学ぶ!脱サラ起業する際に絶対やるべき3つのこと

成功例から学ぶ!脱サラ起業する際に絶対やるべき3つのこと

近年サラリーマンを取り巻く劣悪な労働環境や待遇などが深刻な社会問題になっていることは皆さんも御存知でしょう。このような状況を受け、サラリーマンとして働くことに不満を感じている方も少なくないと思います。「もっと自分のスキルを活かしたい!」「もっと自由な生活がしたい!」と考えている方は「脱サラする」という選択肢を選ぶと思いますが、脱サラ起業の成功率はそれほど高くないのが現実です。今回は脱サラ起業する際に知っておきたい成功例から学ぶ絶対にやるべき3つのことについて紹介します。

 

脱サラ起業のリアルな成功率とは?

「自由気ままに仕事ができる」など脱サラに成功すれば、ストレスや無駄な人間関係から開放され華やかな人生を送ることができる、という印象が一般的に持たれています。しかし、実際に脱サラに成功している方は全体のわずか10%と言われており、逆を言えば100人中90人がトライしても失敗するのが脱サラ起業の現実です。そのため、安定した収入を得るためにサラリーマンとして働くか、もしくは脱サラして成功を目指すかは一種の賭けであり、人生においてその選択は大きな分岐点となるでしょう。特に家庭を持っている方は当然家族を養っていかなければならないため、脱サラするかの決断をする際は一度相談する必要があります。

 

脱サラ新参者は成功例から学ぶべし!

既に何度か脱サラ起業に挑戦したけれど失敗を繰り返している方、初めて脱サラするけどノウハウが全くわからない方など人によって置かれている状況は様々です。成功率10%という脱サラ起業を少しでも成功に近づけるためには、ズバリ成功例からそのノウハウを学びましょう。実際に脱サラ起業で成功した方の体験談やノウハウの情報はネット上などで簡単に得ることができます。未経験者で脱サラ起業をしたいけれど具体的な起業手順や準備がわからない方、またビジネス展開していくためのノウハウなどを知りたい方は過去の成功例から学ぶことで効率的にスキルと知識を身に付けることができます。

 

成功例から学ぶ脱サラ起業する際にやるべきこととは?

”ノートパソコンと資料”/

それでは実際の脱サラ起業成功例の共通点であり、これから脱サラ起業を検討されている方は絶対抑えておきたい3つのポイントについて紹介します。どの業種、業態でビジネスを始める際も当てはまることなので是非実践してみて下さい。

 

ポイントその1:未来設計

脱サラ起業をする際にやるべきことの一つとして、未来設計をすること、つまりそのビジネスの目標や全体的なビジョンを明確にすることです。そもそもあなたにとって「成功」の基準とは何でしょうか?たくさんお金を稼ぐこと、自分のスキルを活かせるビジネスで食っていくこと、農業などで社会貢献することなど、一言に脱サラ起業といっても人によってそれぞれ目標や未来設計の仕方は異なります。とにかくお金を稼ぐことを目指すことも決して間違いではありません。しかし自分なりの「成功の基準」を設定し未来設計することで、やるべきことが明確になり、仕事に対するモチベーションを上げることで成功にぐっと近づけることができます。とは言っても実際にビジネスを始める前にいきなり大きな目標を掲げてしまうと途中で必ず挫折してしまいます。そのため、最初は短期間での比較的達成しやすい目標を設定し、段階を踏んで徐々に最終的な大きな目標達成を目指しましょう。

 

ポイントその2:リスク管理

成功するためのノウハウについて考えることは重要ですが、脱サラ起業する上で途中で問題が生じたらどうすればよいか、また事業が失敗したらどうするべきか考えることも必要なことになってきます。そのため、不測の事態に陥ったときのためのリスク管理をすることも一つのポイントとなります。例えば、そのビジネスを続けていくためにはどれくらいの開業資金、もしくは運営資金が必要となるのか、それらの資金はどこから調達すればよいのか起業準備の段階でしっかり明確にしておくことで何かトラブルが生じた際も落ち着いて対処できます。また、万一その事業が失敗してしまった後の対応策もあらかじめ考えておきましょう。冒頭でも紹介しましたが、脱サラ起業の成功率はわずか10%と言われており、明らかに失敗する確立のほうが圧倒的に高いです。しかし、脱サラして事業を立ち上げた起業家の成功例を見てみると何度も失敗を繰り返して成功を収めている、というケースも決して珍しくないのです。そのため、リスク管理をすると同時に事業に失敗後きっぱり諦めるのか、もしくは事業の切り替えて新しいビジネスを始めるのか、その判断をすることも必要なのです。

 

ポイントその3:脱サラするタイミングの見極め

脱サラ起業をする際のパターンとして、サラリーマンとして会社で働きながら資金を貯める方法、会社をきっぱり辞めてから起業準備を始めるという2パターンが一般的です。前者は十分な資金確保と計画が立てられるというメリットがありますが、それらに時間を掛けすぎてしまい起業するタイミングがなかなか決められないというデメリットがあります。一方後者の場合、起業アイディアが思いついたらそれが明確な内に行動に移すことができますが、金融機関等から融資を受け資金を確保する必要があるというデメリットがあります。双方ともメリット、デメリットがあるためどちらが正しいというわけではありませんが、起業するビジネスや事業形態、またあなた自身が置かれている経済状況、家庭状況によって異なるため、脱サラするタイミングの見極めということが重要になってきます。

 

脱サラ成功例が多いネットビジネスとは?

”砂浜に書かれた「SUCCESS」の文字”/

できるだけリスクが少なく成功率が高いビジネスで起業したい!と考えている方はネットビジネスがオススメです。ネットショップ経営、広告収入で稼ぐアフィリエイトなどのネットビジネスの魅力とは、難しい専門知識を特に必要とせず限られた時間の中でパソコンさえあれば始められるということとです。そのため起業に必要な準備や資金を調達するための時間も大幅に節約することができます。ネットビジネスはあくまでも脱サラ起業の一例であるため、興味のある方はチャレンジしてみましょう。


フランチャイズでの脱サラ起業もオススメ

ネットビジネスではなく、どうしても自分の興味のある分野で脱サラ起業したい方はフランチャイズビジネスを利用することもオススメできます。飲食店経営や小売業、サービス業などのあるゆる分野で活躍しているフランチャイズ企業と契約し事業を始めることによって、開業資金や運営資金の節約ができるでだけでなく比較的低リスクで起業することができます。

 


成功例から学ぶ脱サラ起業まとめ

脱サラ起業をする上で一番危険な行為とはズバリ「自己流」で始めることです。ビジネスプランや事業内容等は独創的なアイディアを出すことで成功にも繋がりますが、起業をするための手順やノウハウなどは以上で紹介した3つもポイントを含め、実際の成功例から学ぶことが成功に導くためのカギとなります。

成功例から学ぶ!脱サラ起業する際に絶対やるべき3つのこと

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする