column

コラム

フランチャイズ相談所

雇われ店長として働くリスクやフランチャイズオーナーとの違いをご紹介

雇われ店長として働くリスクやフランチャイズオーナーとの違いをご紹介

「自分のお店を持ちたい!」「ビジネスを成功させて一攫千金稼ぎたい!」、起業志向やビジネスに興味のある方の中にはこのような考えをお持ちの方もいることでしょう。近年では以前よりも働き方の多様化が注目され始め、意志さえあれば誰でも起業できる時代になってきました。しかし一方で「雇われ店長」の長時間労働や劣悪な労働条件などが労働環境を取り巻く社会問題になりつつあります。今回はそんな「雇われ店長」という働き方に焦点を当て、そもそも雇われ店長とはどんなシステムなのか、リスクやデメリット、またフランチャイズオーナーとの違いについて徹底解説していきます。

雇われ店長とは?

雇われ店長とは、主にコンビニや飲食店など小規模から中規模の小売業、サービス業によく見られる経営システムで、その店舗の所有権を持つオーナーから雇われた「店長」が管理職としてではなく店舗運営や切り盛りだけを行うビジネスシステムです。オーナー自身が店長として店舗運営や経営管理に携わることも珍しくはありませんが、例えば多店舗経営やチェーン展開しているオーナーにとって営業時間の間全ての店舗で指揮を取るのは不可能なため「雇われ店長」のシステムを利用することがあります。冒頭でも述べましたが、「雇われ店長」は当人の労働環境や待遇の悪さから問題視されていますが決して違法な行為ではありません。

雇われ店長とフランチャイズオーナーの違いとは?

「雇われ店長」は以上で述べて通りオーナーに雇われている一店舗の責任者に過ぎず、従業員の雇用や店舗経営に関して独断的な決定はできません。このことから直営店の店長やフランチャイズビジネスにおける加盟店の店長とは異なります。具体的にイメージできるように雇われ店長とフランチャイズオーナーの2つの大きな違いについて詳しく見ていきましょう。

違い1:「権限」の大きさや経営上の「立場」

雇われ店長とフランチャイズオーナーの違いとしてまず挙げられるのが、店舗責任者としての権限の大きさや範囲の相違です。フランチャイズオーナーの場合、経営ノウハウや運営方針は本部の指導を仰ぎますが、契約上あくまでも独立した事業(つまり加盟店)のトップという位置付けです。そのためフランチャイズオーナーには従業員やアルバイトを雇用する権利、売上を出すための経営戦略の発案・実践をする権利が与えられています。一方雇われ店長の場合、店舗で従業員を雇うのは経営権を持っているオーナーの仕事で、経営方針や商品の販売方法、提供の仕方などは全てオーナーが指定したものを雇われ店長が遵守して経営を行っていきます。つまりフランチャイズオーナーは本部と対等な立場にある「経営者」であるのに対して、雇われ店長はあくまでもオーナーに雇われる「従業員」という立場にいることが大きな違いです。

違い2:「収入」の額や「受給システム」

事業に携わる立場が違えば当然収入の額や受給のシステムも変わってきます。フランチャイズビジネスの場合、ロイヤリティとして一定額のお金を本部に支払うことになっていますが、経営が上手く行けばそれだけフランチャイズオーナーが受け取れる収入の額も変わってきます。もちろん順調に行かなければ赤字が出てしまいますが、フランチャイズビジネスの場合は業績次第で加盟店オーナーの収入の額は変動します。一方、雇われ店長の場合はオーナーに雇われている立場であることから、店の売上が伸びたとしても店長が受け取る給料が必ずしも上がるというわけではありません。アルバイトとして働いたことがある方はイメージできると思いますが、たとえお店の売上が良かったとしても時給が簡単に上がらないことと同じ論理です。

雇われ店長として働くリスクやデメリット・メリットとは?

以上でフランチャイズオーナーと雇われ店長との大きな違いについて解説してきました。一見するとやはり雇われ店長という役職は比較的厳しい立場に置かれていることが分かりますが、もちろんメリットもあります。たとえばエステティシャンや美容師などの特別な専門スキルを必要とする職業において、雇われ店長として働くことで将来独立を考えている方にとってスキルを磨きながら実際の店舗経営を学ぶことができます。しかし、それでも雇われ店長として働くことの悪い点が実際に起きている社会問題を通して浮き彫りになっているのが現実です。そこで実際に雇われ店長として働く方は絶対知っておきたいリスクやデメリットについてもしっかり抑えておきましょう。

長時間労働・低賃金の恐れ

雇われ店長として働くことが社会で問題視されている原因の一つとして、長時間労働・低賃金の恐れがあるということがまず挙げられます。雇われ店長はよく「名ばかりの管理職」と揶揄されます。その理由として、実際には店舗運営の統括をする権限が与えられていないのにもかかわらず、法律上は「管理責任者」というある事業における一定の指揮権や管理を行う者と位置付けられています。労働基準法41条第2項によると、この管理責任者に当てはまる人間には残業代や休日出勤の際の割増賃金を支払わなくてもよいことになっているため、この制度を悪用したオーナーが雇われ店長に対して低賃金の長時間労働を課す恐れがあるのです。

安定した収入が見込めない場合もある

雇われ店長として働くもう一つのリスクやデメリットとして、安定した収入が見込めないということが挙げられます。通常通りに雇われ店長として店舗を運営している途中に、その店舗を所有しているオーナーがしばしば変わることがあります。法律上はたとえオーナーが変わったとしても一方的に賃金を下げたり労働条件を変えることは禁じられていますが、悪質なオーナーに店舗の所有権が譲渡されてしまった場合に雇われ店長にとって更に不利になる労働条件が課されてしまうというケースも実際に生じています。そのため雇われ店長という「雇われる」という立場にいる以上、長期的に安定した収入が見込めないと言っても過言ではありません。

雇われ店長とフランチャイズオーナーの違いまとめ

今回は雇われ店長に関して、フランチャイズオーナーとの違いや雇われ店長として働くリスクやデメリットなどマイナスな側面について取り上げましたが、優良企業で順調に経営している雇われ店長も実際に存在します。しかし、起業して自分のお店を持ちたいという意志のある方に取っては、雇われ店長自身の意志があまり反映されない、自由に経営できないという不利な点がどうしても目立ってしまいます。以上で紹介したことを参考にしながら「フランチャイズで起業する」「独立して起業する」ということを選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

雇われ店長として働くリスクやフランチャイズオーナーとの違いをご紹介

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする