フランチャイズ相談所

テリトリー権などの地域性を活かしたフランチャイズ戦略をご紹介

テリトリー権などの地域性を活かしたフランチャイズ戦略をご紹介

今やフランチャイズ事業は日本国内に留まらず、世界中であらゆる業種・業態の企業が採用しています。そのため他社との差別化を図り、長期的に売上を出すためには独自の経営スタイルや戦略の確立が必要不可欠となってきました。中でも一定エリアでの出店方法、消費者ニーズなどの地域性を活かしたフランチャイズ戦略は今注目を集めています。今回はフランチャイズ本部としてFC事業展開を展開されている方、もしくは加盟店のオーナーとしてFC経営を考えている方など、FC事業に携わる全ての方が絶対知っておくべきテリトリー権を始めとする地域性を活かしたフランチャイズ戦略について詳しく紹介していきます。

地域性を活かしたフランチャイズ戦略のいろいろ

FC事業関係者であれば絶対知っておくべき地域性を活かしたフランチャイズ戦略として、主に『テリトリー権』『ドミナント戦略』そして『エリアフランチャイズ』の3つの戦略があります。いずれの戦略も類似点があるため混同されがちですが、一つ一つしっかりその特徴について理解していきましょう。

法的に競合店をシャットアウトする『テリトリー権』

テリトリー権とは、フランチャイズ本部が加盟店を出店する際に一定の地域区間においてその店舗に独占的な営業権を与えるシステムです。大変繁盛しているコンビニチェーン加盟店Aがあったとしましょう。しかしその店舗の近隣に同コンビニチェーンの他の加盟店、もしくはライバル店が店舗を出店したことによってもともとあった加盟店Aの売上が大幅に落ち込み、倒産を余儀なくされ た・・・。このように顧客が同業者の他店舗に流れ、もともとあった店舗の業績が悪化するというケースはフランチャイズビジネスにおいて決して珍しいことではありません。このような状況に陥った場合、加盟店だけでなく、フランチャイズ本部も大きな損害を被ることになります。そのため、本部がある加盟店にテリトリー権を行使することによって、一定地域における同業種のライバル店や競合店の出店を法的にシャットアウトすることができます。

テリトリー権は権利の幅やテリトリーの区分方法などにより3タイプに分かれており、ロケーション制、クローズテリトリー制、オープンテリトリー制があります。ロケーション制とは、主にコンビニや飲食店などの小売業に該当するテリトリー権の一種で、店舗の近隣地区に直営店や他の加盟店の出店制限はないものの、その店舗の所在地において本部から委託された事業を行うことができます。クローズテリトリー制は、ロケーション制よりも更に権利の幅が広がり、一定地区においてある加盟店が独占的に営業を行うことができます。オープンテリトリー制とは、クローズテリトリー制が付与された店舗が行使できる制度で、人口密集などで明確なエリアの線引きが困難になった場合、複数の事業者に同ブランドで出店・運営を許可する制度です。この制度を利用することで一定区間内に自由競争状態が生まれ、シェアの獲得につなげることができます。

地域内のシェアを効率的にアップさせる『ドミナント戦略』

ドミナント戦略とは、一定地域において多数の同一チェーン店舗を集中的に出店させることで、地域内のシェアを効率的に向上させるためのフラチャイズ戦略の1つです。ドミナント戦略を使用するためにエリアマーケティングによって年齢層や客層、消費者ニーズをあらかじめ入念に調査する必要があります。ドミナント戦略で同一チェーンを集中的に出店させることによって、フランチャイズ本部にとっては効率的な事業展開が可能になります。というのもエリアマーケティングである程度の消費者ニーズが把握できれば、顧客がいる=収益が上がりやすい、ということを意味するため、その地域で効率的に事業展開を進めることができます。またドミナント戦略によって出店したチェーン店同士は非常に近隣の地域にあるため、仕入れや宣伝費用のコスト削減、ブランド力アップなどのメリットがあります。

一定地域でFC展開を促進させる『エリアフランチャイズ』

エリアフランチャイズ(AFC)とは、フランチャイズ本部が、一定地域においてフランチャイズ事業を展開する一部の権利を他の企業に付与するFC戦略です。AFCビジネスにおいても通常のフランチャイズビジネス同様、その権利を得た企業がエリアフランチャイザーとして機能し、各加盟店に対して教育や経営指導を行うことの対価として加盟金やロイヤリティを受け取ります。そしてそれらの一部をフランチャイズ本部に支払う仕組みになっております。大元のFC本部は特定の地域において知名度や影響力のある企業とAFC契約を結ぶことによって、その地域における円滑な事業展開が可能になるだけでなく、エリアフランチャイザーと連携してフランチャイズ事業を進めることによって急速なブランド力アップが期待できます。

地域性を活かしたフランチャイズ戦略 それぞれの注意点

『テリトリー権』『ドミナント戦略』そして『エリアフランチャイズ』3つの地域性を活かしたフランチャイズ戦略は効率的に活用すればフランチャイザー、フランチャイジー双方に利益が生まれます。しかしそれぞれの戦略を利用する際の注意点についても抑えておく必要があります。

テリトリー権の注意点

テリトリー権を活用する際の注意点は大きく分けて2つあります。1つ目はFC本部がある加盟店に対してテリトリー権を行使すると、その本部の直営店や他のオーナが経営する店舗も近隣地域において出店できないということです。つまりテリトリー権が含まれたフランチャイズ契約をすると、たとえ本部であってもその加盟店オーナーの許可なしにはその地域における事業展開が困難になります。 2つ目の注意点は、全ての業種・業態のフランチャイズ事業がテリトリー権を活用するわけではないということです。テリトリー権は本部と加盟店双方の利害が一致する際のみ活用され、一般的にコンビニや飲食店など不特定多数の顧客が必要な業種においては活用されません。

ドミナント戦略の注意点

ドミナント戦略においての注意点は、一定地域に同じ企業のチェーン店が集中していることによって、どこかの店舗で不祥事や問題が起きた際のブランド力の低下が懸念されます。また過剰なチェーン展開によって起こる店舗間の顧客の取り合い(カニバリゼーション)もドミナント戦略において注意すべきことです。

エリアフランチャイズの注意点

エリアフランチャイズ戦略を利用するFC本部は、FC事業展開のための一部の権利をエリアフランチャイザーに付与するわけですから、その企業の選定や教育に力を入れる必要があります。エリアフランチャイズにおいて断続的な利益を出すためにも、双方の信頼関係の構築、情報の共有が必要不可欠となります。

地域性を活かしたフランチャイズ戦略|まとめ

今回紹介した『テリトリー権』『ドミナント戦略』そして『エリアフランチャイズ』、3つの地域性を活かしたフランチャイズ戦略は、使用する側、使用される側、つまりフランチャイズ本部と加盟店双方の十分な理解があって機能します。以上で紹介したフランチャイズ戦略を機会があれば実際に活用して下さい。

テリトリー権などの地域性を活かしたフランチャイズ戦略をご紹介

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする