フランチャイズ相談所

起業するなら絶対知っておきたいベンチャーキャピタルの魅力をご紹介

起業するなら絶対知っておきたいベンチャーキャピタルの魅力をご紹介

起業する際に誰もが直面する問題の一つとして開業資金や運営資金の準備が挙げられます。事業の規模や業種によってその額は異なりますが、せっかく起業する意志があったとしてもそれらの高額な資金が原因で断念してしまったらとてももったいないことです。銀行から融資を受けたり貯金したりと様々な資金調達の方法がありますが、皆さんはベンチャーキャピタルをご存知でしょうか。今回は起業する際に絶対知っておきたいベンチャーキャピタルの特徴や魅力について紹介します。是非参考にしてください。

ベンチャーキャピタルとは?

”成長段階の植物”

これから成長する見込みのある会社をサポートする組織

そもそもベンチャーキャピタルとは、これから成長が見込める有望な企業、もしくは経営者に対して、自社の資金や経営ノウハウ、また人的ネットワークを提供し全面的にその事業をサポートする組織を意味します。ベンチャーキャピタルには開業して間もない企業に出資する組織もあれば、ある程度成長し、実績のある企業に出資するベンチャーキャピタルもあり、その出資額も企業の成長段階や条件によって様々です。

ベンチャーキャピタルは銀行からの融資と違ってあくまでも「出資」という形で資金提供されるため、資金の返済や利息などはありません。しかし、全ての企業がベンチャーキャピタルから出資してもらえるということは当然なく、会社が持つ強いミッションや思い、経営理念、ビジネスモデル、そして最も重要な今後成長する見込みのある会社である、という魅力を兼ね備えているかなどいくつかの条件が必要になります。

なぜ企業はベンチャーキャピタルで出資するのか

”会議中の様子”

ベンチャーキャピタル側にもメリットがある

開業資金が必要な経営者にとって、ベンチャーキャピタルの資金提供は大きなサポートになりますが、実際に出資を行うベンチャーキャピタル組織にも2つの大きなメリットがあります。1つ目は出資された企業が自社を売却する際に生じる利益、そして出資された企業が株式上場を果たした際に生じる利益です。将来成功の見込みのあるビジネスに早期投資することで、その会社が成長し規模がだんだん大きくなって最終的には株式市場に上場したり、売却する際に発生する利益をベンチャーキャピタルは得ることができます。

つまりベンチャーキャピタルによる資金提供は一種の投資であることから、将来性のある企業や今後成長が見込める企業を見極める必要があります。

ベンチャーキャピタルの種類

一言にベンチャーキャピタルと言ってもその種類は様々で、資金提供する額、方法などによっていくつかの種類があります。そこで、金融機関系、事業会社系、そして独立型系の主な3種類のベンチャーキャピタルの特徴についてそれぞれ見ていきましょう。

金融機関系ベンチャーキャピタル

金融系ベンチャーキャピタルとは、各地方銀行や証券会社などの系列にあり、株式市場上場を果たしている組織もあります。野村證券のジャフコは日本国内でも主要な金融系ベンチャーキャピタルで、これまでに1,500億円以上もの資金提供をしてきました。金融系ベンチャーキャピタルの特徴としては、親会社のサービスやビジネスの一環として投資を行っている企業や組織が多いです。

事業会社系ベンチャーキャピタル

事業会社系ベンチャーキャピタルは、最も主要なベンチャーキャピタルの種類で、コーポレートベンチャーキャピタルと呼ばれ、すでに成功したベンチャー企業や中小企業が投資を行います。事業会社系ベンチャーキャピタルの場合、企業や組織によって特色や出資額、利用方法などが異なるため、投資を希望する場合は各企業にあった条件を満たしている必要があります。

独立型系ベンチャーキャピタル

独立型系ベンチャーキャピタルは、出資先の企業の代表取締役や運営最高責任者の個人的能力や、ビジネススキルなどを加味した上で資金提供をする組織です。日本ではあまり浸透していませんが、アメリカのIT都市であるシリコンバレーでは、最も一般的なベンチャーキャピタルの種類です。ビジネスの創業早期の時期から出資を行うのが特徴の一つです。

知っておきたいベンチャーキャピタルの3つの魅力とは?

開業資金を準備する方法は他にもたくさんありますが、ベンチャーキャピタルからの出資を受けることで多くのメリットを得ることができます。そこで知っておきたいベンチャーキャピタルの3つの魅力について見ていきましょう。

ベンチャーキャピタルの魅力①高額な資金提供を受けられることも

ベンチャーキャピタルの出資を受ける最大の魅力としては、高額な資金提供を受けることが可能なことです。通常、独立して個人起業する場合、一般的な資金集めの方法として銀行からの融資を利用するかと思いますが、その場合必ず受けられるわけではなく、融資額も限られております。一方でベンチャーキャピタルの場合はもともと起業家を対象としたシステムなため、個人起業家でも資金提供が受けやすくチャンスが圧倒的に多いです。また出資額も高額で場合によっては億単位で出資を受けることも可能です。

ベンチャーキャピタルの魅力②人脈ネットワークを利用できる

新しいビジネスを始める上で必要なものは資金だけではありません。事業展開を進めていくには他会社との事業取引や人脈作りが必要不可欠です。ベンチャーキャピタルからの出資を受けると資金だけでなく、その会社のネットワークを通じて人脈作りをする事が可能になります。特に創業して間もない無名の企業は人脈作りに一番労力と時間を使うことになると思うのでベンチャーキャピタルの利用をオススメします。

ベンチャーキャピタルの魅力③経営ノウハウを活用できる

資金提供、人脈ネットワークだけなく出資元の組織の経営ノウハウも活用することができます。特に起業を初めてした方、経営未経験者にとって経営ノウハウを利用できることはそのビジネスを成功につなげて収益を出すために最も重要なことです。

起業するなら絶対に知っておきたいベンチャーキャピタルまとめ

新しく事業を始める際に準備資金調達の方法は他にもいくつかありますが、ベンチャーキャピタルからの出資は考慮すべき一つの手段であることは間違いありません。しかし、誰しも必ず受けられるわけではありません。出資してもらうためにはその事業に対する熱い想いや入念な事業計画、またビジネスプランなどベンチャーキャピタルの組織を魅了する要素が必要となります。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする