フランチャイズ相談所

フランチャイズにおけるスーパーバイジングの重要性を徹底解説

フランチャイズにおけるスーパーバイジングの重要性を徹底解説

今回は、フランチャイズビジネスにおける「スーパーバイジング」の重要性について徹底解説します。スーパーバイジングとは、フランチャイズ本部と加盟店間の良好な信頼関係構築や加盟店が本社の経営方針に沿ってしっかりと運営できているかなどを監査する役割がありますが、その他にもビジネス成功のための重要な役割を担っているのでしっかりと理解しましょう。

フランチャイズにおけるスーパーバイジングとは何か?

FCビジネスを成立させるために必要不可欠な行為

FC本部とフランチャイズ契約を結んだ加盟店本部は加盟金や毎月のロイヤリティの対価として本部からの経営指導やサポートを受けられるスーパーバイジング。双方がお互いの義務や役割を果たすことで信頼関係を結ぶことができ、フランチャイズビジネスは初めて成立します。

加盟店のオーナーが享受できる本部からのスーパーバイジングは、たとえばオーナーが経営未経験であった場合、店舗のオーナーとしてしっかり運営できているか、もしくは本部の経営方針、商品の仕入れや販売方法にしっかり則って運営できるか判断するための重要な行為です。これらを怠ってしまうと結果的に加盟店だけでなく本社も損害を被ることになってしまいます。お互いにしっかり契約上の義務がしっかり果たされているか、それらがしっかり機能しているか確認することはビジネスを成功に導くためにも必要不可欠な行為です。

スーパーバイジングが必要になる状況とは?

”拳をあわせる大人の手”

スーパーバイジングが必要な状況①:売上が伸びず赤字続き・・・

スーパーバイジングが必要とされる状況の一つとして、加盟店の売上がなかなか伸びず、赤字が続いているときです。なかなかお客さんが集まらない、オーナーが経営未経験者のためお店がしっかり機能していないなど何かしらの理由があり売上が伸びない状況を放置していると、本部にとっても不利益が生じてしまいます。そのため、スーパーバイジングによって売上不調の原因の追求、そして解決を目指します。

スーパーバイジングが必要な状況②:顧客からのクレームが多発している・・・

客商売をする上で避けては通れないのがクレームの処理です。一言にクレームと言っても、その種類は様々で正当な理由によるクレームから悪質なクレームまで、それらの対処法にはそれなりの知識とスキルが必要とされます。そのため加盟店のオーナーだけでは対処できない際に、スーパーバイジングに力を借りることによってそれらのクレームに対処します。

スーパーバイジングが必要な状況③:加盟店と本部の関係が良くない・・・

フランチャイズビジネスによく起こる問題の一つとして、各加盟店とフランチャイズ本部の良好な関係の構築ができないということが挙げられます。このような状況に陥っているフランチャイズビジネスは必ず途中で破綻します。両者の良好な信頼関係がマストになるフランチャイズビジネスにおいて、それを構築するためにもスーパーバイジングは機能します。

スーパーバイジングの方法、5つのC

”数字の5”

フランチャイズビジネスにおけるスーパーバイジングの意義が分かったところで、具体的にどのような手段で本部は加盟店オーナーに対してスーパーバイジングを行うのか考えていきましょう。主な手段として、Communication(コミュニケーション)、Consultation(コンサルテーション)、Counseling(カウンセリング)、Coordination(コーディネーション)そしてControl(コントロール)、それらすべての頭文字をとった5Cと呼ばれる方法でスーパーバイジングを行います。

Communication (コミュニケーション)

冒頭でも紹介しましたが、フランチャイズビジネスにおいて本部と加盟店双方に利益をもたらすためには、お互いの信頼関係が必要不可欠になります。その信頼関係を築き上げるためには、コミュニケーションが最も重要になります。スーパーバイジングの一環として、スーパーバイジングを担う本部の人間と加盟店のオーナー、もしくは従業員も同伴して定期的に意見交換したり相談に応じたりします。フェイス・トゥ・フェイスで意志の疎通を図ることによって信頼関係の構築だけでなく、長期に渡って良い関係を維持するためにもスーパーバイジングは必要になります。

Consultation(コンサルテーション)

フランチャイズの契約上、加盟店のオーナーは本部から提供されるフランチャイズパーケージに含まれる経営マニュアルに従って店舗を運営していきます。しかし、経営未経験の方や、経験者であっても事業展開を進めていく上で、本来の経営マニュアル事項や本社の経営方針との間にギャップが生じてしまうのはよくあることです。コンサルテーションでは、それらのギャップを埋め、もう一度しっかり再確認させるための指導を主に行います。これもフランチャイズ本部、そして加盟店の円滑な事業運営、そして収益アップのためにも必要な行為となります。

Counseling (カウンセリング)

スーパーバイジングにおけるカウンセリングとはその名の通り、加盟店オーナーが抱えている不安や経営上抱えている問題等を解決するための相談、カウンセリングを行います。スーパーバイジングを行うスーパーバイザーは、フランチャイズ本部と加盟店オーナーを結ぶ重要な仲介人のため、お互い直接言えないような悩みや不安をスーパーバイザーを通して伝える事によって早期問題解決に努めます。

Coordination (コーディネーション)

加盟店側が本社の経営方針や経営マニュアルに沿って事業が運営できていない際に、コーディネーションをすることによって軌道修正します。その際に加盟店オーナーの意見にも耳に方向け、必要であれば両者の合意の行くところで経営マニュアルを改変する場合もあります。コーディネーションとは、このようにうまく両者の意見を聞き入れ調整することで未然に問題を防ぎます。

Control (コントロール)

スーパーバイジングがしっかり行われていないと、例えば顧客からのクレームが増え店の評判が落ち、加盟店の売上が落ちると同時に本社にとっても損害が出てしまいます。そのような状況を避けるためにも、スーパーバイジングによって双方の経営状況や環境を必要に応じて操作する事でそのような状況に陥ることを防ぎます。

フランチャイズにおけるスーパーバイジングまとめ

フランチャイズビジネスにおけるスーパーバイジングは、以上で紹介したとおり大変重要な役割を担っていることをお分かりいただけたでしょうか。また、あなたが例えばフランチャイズ契約をする際に自分に適した企業を選ぶ際にも、これらのスーパーバイジングの役割がしっかりと機能しているかは良い判断材料になります。

フランチャイズにおけるスーパーバイジングの重要性を徹底解説

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする