フランチャイズ相談所

憧れのカフェを始めよう!カフェ開業の際に知っておくべき4つのこと

憧れのカフェを始めよう!カフェ開業の際に知っておくべき4つのこと

数ある業種の中でカフェを開業したいと考えている方も多数いらっしゃると思いますが、「おしゃれなカフェを出店したい」「こだわりのコーヒーを提供したい」など人によってその動機はそれぞれかと思います。しかしカフェ開業も一つのビジネスである以上、絶対はなく、いくら「カフェをやりたい!」という意志があってもなかなかそれを形にすることは難しいです。 同業界ではスターバックスコーヒーやドトールコーヒーなど大手起業が圧倒的シェアを独占している中、その他にも競合店が多数あるため、カフェ開業は飲食店の中でも一番の激戦業種とも言えるでしょう。そこで今回はカフェ開業を考えている方のために、カフェを開業する際に知っておくべき役に立つ情報を紹介します。是非参考にしてください。

カフェで開業する魅力とは

みんなの憧れ、カフェ経営

たとえば夫婦揃って小さなカフェを始めたい、自分のこだわりのあるコーヒーを他の人にも提供したいなど、カフェ開業は飲食店業界の中でも特に皆さん憧れている業種の一つだと思います。これもカフェ開業の魅力ですが、その他にも比較的小規模な事業で大きな収入が見込める、自分の趣味をそのまま仕事で活かせるという魅力があります。

巷にあるカフェを見てみても小さい規模のお店やひっそりと隠れ家的な店舗が多いカフェ経営は物件の家賃や人件費を最小限に抑えることができるだけでなく、回転率も高い業種なためその分収益も見込めます。これらは皆さんが憧れているカフェ経営の魅力となりますが、冒頭でも述べたとおりライバル店も多いのが現実です。そこで実際にカフェ経営をする際に知っておきたい開業までのステップやポイントを詳しく紹介していきます。

カフェ開業のためのステップ

”コーヒーマシーン”

一つ一つ手順を踏んで開業することが成功へのカギ

カフェだけに限らずほとんどの飲食店業界において、成功するためには一つ一つ手順を踏んで開業準備を進める必要があります。まず1つ目のステップは、お店のコンセプト作りです。一言にカフェ経営と行ってもその種類は様々で、提供するコーヒーなどの種類やその他メニューによってコンセプトはガラリと変わります。

コンセプト作りにおいて一番重要なことは、自分の意志をしっかりと反映させることです。流行しているものを取り入れることも一つの手段ですが、流行というものはすぐに過ぎ去るものです。無理なく継続した需要が見込めるメニュー作り、そのサービスをコンセプトとして設定しましょう。

2つ目のステップは、店舗の出店立地や競合店の調査です。隠れ家的なひっそりとした場所にもかかわらず繁盛しているお店もありますが、特に未経験の方が初めて開業する場合は人が集まる一頭地などで出店することをオススメします。カフェはお客さんがあって初めて機能する業界です。そのためなんと行ってもお客さんが入りやすい、来やすい場所を選ぶことが重要になってきます。しかし、そのような一等地にはライバル店も集まります。そのため事前に下調べや自分の予算内で見つけられる物件の調査も忘れずに行いましょう。

お店のコンセプト、立地やライバル店の調査ができたら次はいよいよ最終ステップです。事業を形にしていくために事業計画書の作成や開業資金の準備などの行動に移っていきます。これから紹介する4つのことに注意しながら実際に進めていきましょう。

カフェを開業する際に知っておきたい4つのこと

”カフェの外観”/

カフェ開業を考えている方の中には、そもそも経営未経験者や何から始めたらよいわからない方もいると思います。そこでカフェを開業する際に最低限知っておくべき4つのことについて説明します。

①フランチャイズ開業も一つの選択肢

カフェで開業するためには大きく分けて2つの手段があり、独立して個人で開業する、もしくはフランチャイズで開業する方法があります。コーヒーや飲食業に関する知識やスキルをすでに持っている方は個人で開業できますが、そうでない方で未経験の方や経営に自身のない方はぜひフランチャイズを利用することをオススメします。フランチャイズ契約をすることによって経営マニュアルやコーヒーやその他メニューの提供方法などフランチャイズ本部が指定する手順に則って経営することができます。

②カフェの内装や雰囲気、コンセプト作り

カフェ経営において重要なことは「味」「価格」そして「コンセプト」です。特にライバル店が立ち並ぶ一等地において出店する際は、差別化を図るためもお店のコンセプトが最も重要なことになってきます。ただ単にコーヒーや食べ物を提供するだけでなく、「読書ができるカフェ」「美味しいスイーツがあるカフェ」など独創的なアイディアをコンセプトに組み込むことで大手チェーン店と対等に戦っていくことが可能です。

③カフェを開業する際に必要な資格と申請

カフェ、もしくは喫茶店を開業する際には必ず「食品衛生責任者」「食品営業許可」の資格や申請が必要になります。食品衛生責任者の資格というのは簡単に言うと、食品を安全で衛生環境の整った場所で提供するための資格で、各地方自治体の保健所において講習を受けることによって取得することができます。「食品営業許可」というのはカフェに限らず、食べ物を扱うお店が安全にサービスを提供するために必要な設備が整っているかなどを確認するための許可で各地域にある保健所で申請することができます。これらは必ず忘れずに行いましょう。

④開業準備、開業資金の調達

どんな事業を開業する際にも一番苦労するのが開業資金の調達です。カフェ開業に必要な開業資金の相場は1,000万円〜と言われており、お店の規模によっても異なりますが、決して安いとは言い難いです。個人でコツコツお金を貯めるのも一つの手段ですが、政府や各自治体が行っている経営者向けの補助金や助成金などを利用できる場合もあります。

カフェ開業についてのまとめ

カフェ開業は飲食業の中でも特に人気があり、多くの人が憧れる業種です。同時に多くの競合店やライバルが存在するため事業を成功させるにはそれなりのリスクや苦労が必要となってきます。それでもどうしてもカフェを始めたい!自分のお店を持ちたい!という方は以上で紹介したことを是非参考にしてください。ありがとうございました。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする