フランチャイズ相談所

銀行融資は可能!?フランチャイズ開業する際の賢い資金調達方法とは?

銀行融資は可能!?フランチャイズ開業する際の賢い資金調達方法とは?

フランチャイズビジネスは、一から独立して起業するよりも比較的成功率が高く経営未経験の方でも始めやすいことに加え、開業資金等のコストも抑えられるという魅力があることから注目を集めています。しかし、いくらコストを抑えられるからと言っても必要最低限の資金は準備しなければなりません。実は、どんなに素晴らしい起業アイディアや起業意欲があっても多くの人が資金調達という壁があることによって思い留まっているのが現実です。そこで今回は、銀行融資等を利用して賢くフランチャイズ開業するための資金調達方をご紹介します。

フランチャイズ開業するためにはどれくらいかかるの?

”会議中の様子”

業種・業態別の開業資金相場

資金調達をすると言っても、まず自分が起業しようとしているビジネスを始めるためにはどれくらいの資金が必要なのかを把握しておく必要があります。同じ業種や業態でも、事業の規模やサービスによってその額は大きく変わってくるので、あくまでも参考として把握しておきましょう。

飲食業・・・居酒屋を開業する場合90万〜2000万円と大きな振り幅がありますが、有名チェーン店や小規模な店舗の場合は、フランチャイズのどの業種の中でも比較的低資金で始める事ができます。よくサラリーマンが脱サラして始めるラーメン屋は、最高でも400万円あれば開業することが可能です。サラリーマン時代からコツコツ貯金していれば銀行融資等に頼らなくても始めることができます。

小売業・・・小売業の中でもフランチャイズビジネスとして一番浸透しているコンビニエンスストアの開業資金の相場は250万〜350万円と言われています。コンビニの場合多く店舗は、本部が用意してくれるケースが多いためコストを抑えながら気軽に始められるフランチャイズビジネスと言えます。また小売業のフランチャイズとしてよく目にする古本やCD・DVDなどの販売は、在庫を揃える必要があるため2000万〜3000万円と最も高額なフランチャイズの一つです。

サービス業・その他・・・ハウスクリーニングやパソコン教室、便利屋といったサービス業のフランチャイズの殆どは、店舗なしで開業できるためその分開業資金を大幅に抑えることができます。相場としてはハウスクリーニングが160万〜200万円、パソコン教室が50万円〜、便利屋が200万円〜300万円が必要になります。サービス業は低コストでの開業が可能ですが、実際に経営となると専門スキルはもちろんのこと、安定して収入を得るための顧客の獲得がマストになります。

フランチャイズ開業のための様々な資金調達方法

各業種・業態における開業資金の相場が分かったところで具体的な資金調達方法について紹介します。資金調達の方法には、自分で開業資金を準備する「貯蓄」と他からお金を借りる「融資」が一般的な方法です。まず「融資」に関して直接融資と間接融資を詳しく説明します。

直接融資を利用して資金調達する

直接融資とは、借り手と貸し手が直接資本のやり取りを行う融資方法です。この場合、借り手と貸し手はいずれも個人か企業に該当します。主な直接融資の方法としては、フランチャイズ本部に開業資金を肩代わりしてもらい、毎月のロイヤリティに加えて月々返済していくシステムになっています。「自己資金ゼロ円で開業可能!資」と謳っている企業は、この直接融資を採用しています。銀行融資や各金融機関から融を受ける際に必要な厳しい審査は必要ないため、始められやすいというメリットがありますが、この場合一定期間継続して経営が見込める場合のみ利用できるので注意しましょう。

間接融資を利用して資金調達する

直接融資同様、借り手と貸し手は個人や企業が該当しますが、間接融資の場合間に銀行や公庫などの金融機関が介在して融資を受けます。フランチャイズ開業において、この間接融資が一般的な方法です。各銀行や公庫などでは、新規事業を始めた方専用のローンプランが用意されており、返済は融資を受けてから一年後から始まるプラン等もあるため、フランチャイズオーナーにとっては利用すべき価値のある資金調達手段です。

補助金・助成金を利用して資金調達する

日本政府や各地方自治体では雇用促進や新規事業立ち上げの推進活動の一環として、起業や開業する経営者や企業に対して補助金・助成金の配布を随時行っています。補助金・助成金は原則として返済義務がなく、経営者であれば誰でも申請資格があります。しかし、受給のためには綿密な事業計画書の作成や厳しい審査があり倍率も高いため、はじめから補助金・助成金を当てにして開業準備をするのはオススメできません。

その他の資金調達方法

以上で挙げた資金調達方法の他にも、ネット上で資金を募るクラウドファンディングやベンチャー企業からの出資を受けるベンチャーキャピタルなどがあります。いずれの資金調達方法を利用するにしても何もせずにただお金を手に入れることができるはずはなく、それなりの準備や条件、リスクも伴うため、無理せず自分にあった方法を探しましょう。

フランチャイズ開業で銀行融資を利用する際の注意点

”クレジットカードを持つ男性”/

このように資金調達手段には様々な方法がありますが最も一般的な方法である銀行融資について、銀行融資を利用する際の注意点を事前に理解しておくことで円滑に開業準備を進めることができます。

明確な経営ビジョンや目的があるか

フランチャイズ開業は銀行融資が受けやすいという誤解をしている人がいますが、そのような事実は全く無く、融資のための審査は公正・公平に行われます。その審査を通過するためにも入念な事業計画や明確な計画ビジョン、収益の見込みなどを具体的な数値を用いてまとめておきましょう。「本部が有名チェーンだから大丈夫であろう」という考えを持っていると、たとえ融資を受けることができたとしても経営が始まった際に必ず損害が生じます。

無理なく返済できる金額を明確にする

銀行融資を受ける際に気を付けるべきもう一つのことは、無理なく返済できる金額で融資を受けることです。無事に事業が始められていたとしても、高額な金額を借りた事による毎月の返済や利子の負担が必ずその事業に影響し、最悪の場合破綻してしまうというケースも珍しくありません。そのため最低限必要な額の融資の申請をしましょう。 また銀行融資を受けるためには、ある程度の自己資金が必要なため、無一文の状態で融資を受けることはできません。最低でも融資額の半分程度は自分で準備しておく必要があります。

フランチャイズ開業する際の賢い資金調達方法まとめ

今回はフランチャイズ開業する際の主な資金調達方法や銀行融資を受ける際の注意点について紹介しました。自分の得意なこと、興味のあることで起業することは多くの人が目指している目標です。しかし、最初からその夢を実現するために十分な準備資金がある人はほとんどいないでしょう。銀行融資、その他資金調達方法を利用する際は以上で紹介したことを是非参考にしていただき、ご自身の事業展開に役立ててください。

銀行融資は可能!?フランチャイズ開業する際の賢い資金調達方法とは?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする