フランチャイズ相談所

FC開業の際に知っておきたいフランチャイズパッケージの仕組みと開示制度

FC開業の際に知っておきたいフランチャイズパッケージの仕組みと開示制度

フランチャイズ契約を結ぶ際に必ず知っておきたいフランチャイズパッケージ。自分に適したフランチャイザーや運営スタイルを見極めるためにもフランチャイズパッケージについて、予め十分理解しておく必要があります。また、フランチャイズパッケージを含んだフランチャイズチェーンやその他類似するチェーンビジネスについての知識を持っていることで、実際にビジネスを始めた際に円滑に事業展開をすることが可能になります。そこで今回は、フランチャイズ開業の際に知っておきたいフランチャイズパッケージの仕組み、また各チェーン展開モデルについて詳しく紹介します。これから開業される方、興味のある方は是非参考にしてください。

フランチャイズパッケージとは?

フランチャイズ契約の基礎

フランチャイズパッケージとはズバリ、フランチャイズ契約においてフランチャイザー(本部)が提供するべきもので、フランチャイジー(加盟店)が滞りなく円滑に開業、そして事業展開していく上で必要な資本、資材、その他サービスがパッケージの中に含まれています。フランチャイズパケージの中には、主に本部の看板を背負って加盟店オーナーが経営していくために必要な商標や商号を使用する権利、本部の経営方針を守って事業展開していくための商品販売、サービスのノウハウマニュアル、また円滑に運営していく上で必要となる本部からの指導や教育を受ける権利等が含まれています。

パッケージ(小包)と聞くとなにか目に見えるものを想像しがちですが、フランチャイズパッケージの際は加盟店オーナーが本部から提供されるこれらの権利を意味します。フランチャイジーはフランチャイズパッケージを受け取るために、本部に対して毎月の売上から数%の額、もしくは一定額のお金をロイヤリティとして支払います。フランチャイズパッケージ、そしてロイヤリティ、双方の享受があって初めてフランチャイズ契約が成り立ちます。

フランチャイズパッケージの開示制度

”承諾書とペン”

契約時には必ず確認しよう

業種・業態によってフランチャイズパッケージの内容は若干異なり、複雑になる場合もありますが、基本的に以下の3要素はいかなるフランチャイズ契約の際も含まれる事になっております。まずフランチャイザーの屋号、チェーン名、商品を扱うための商標ライセンスを利用する権利、未経験のフランチャイジーでも円滑に事業展開しいくための資材搬入、商品加工・販売のためのノウハウといった経営マニュアル、そして経営上問題が生じた際に本部からの指導、教育、サポートを受けるための権利、これらの3要素がしっかり含まれていることを予め確認することが重要です。

フランチャイズ契約後にフランチャイジー、フランチャイザー間での問題が生じるのを避けるためにあらかじめフランチャイズパッケージの内容を明らかにする開示制度というのが義務付けられております。フランチャイズ本部の中には悪質な企業もあり、またパッケージの質や完成度というのは優良なフランチャイザーを選ぶための判断材料ともなります。そのためフランチャイズパッケージの内容は必ず確認しましょう。

フランチャイズチェーンとその他チェーン展開の違いとは

ノートパソコンを開く女性

上記で説明した通り、本部は3要素が含まれたフランチャイズパッケージを加盟店側に提供し、一方で加盟店側は本部に対して、フランチャイズ契約するための加盟金プラス月々のロイヤリティを支払う、この仕組みをフランチャイズチェーンといいます。しかし、フランチャイズチェーン以外にも例えば本部と同じロゴや屋号を使って経営するチェーンシステムも存在するため、以下の違いもしっかりと抑えておきましょう。

レギュラーチェーン

レギュラーチェーンとは、一般的に直営店もしくはチェーンストアと呼ばれるもので一つの企業がレギュラーチェーンの店舗建設や各店舗の従業員の雇用を統括して行うビジネススタイルです。フランチャイズチェーンの加盟店が本部に属さない一般の経営者が運営し、その店舗の経営責任も各店舗のオーナーに帰するのに対して、レギュラーチェーンの場合は、各店舗の従業員はすべて本社で雇用した正社員であり、責任もすべて本部に帰属します。

ボランタリーチェーン

ボランタリーチェーンは、フランチャイズチェーンの仕組みとは大きく異なるビジネススタイルで、近隣地域の小売店どうしが結束したものがボランタリーチェーンです。数店舗の小売店が結束して共同組織をつくり、大量の資材搬入、商品の仕入れを一括して行うことによって大手メーカーとの取引やコスト削減が可能になります。

ボランタリーチェーンの場合は協同組織ですが、各加盟店はあくまで独立した個々の店舗であると認識されているため、お店の名前や経営ノウハウなどはそれぞれ異なります。 ボランタリーチェーンは主に地域密着型の小売業であるスーパーや文房具店、またコンビニエンスストアーなどが挙げられます。

代理店

よく広告代理店や保険代理店など一般の人にも馴染みのある代理店ですが、代理店のシステムは一、ある本部と契約を交わした事業者が一定エリアにおいて本部から提供されるサービスや商品を独占的に消費者に販売、提供できるチェーンシステムです。本部から事業を委託される代理店の場合、その本部の商標や経営方針に則って運営する場合もありますが、代理店の意向だけで比較的自由に運営できるケースもあります。

フランチャイズパッケージの仕組みと開示制度まとめ

フランチャイズビジネスを成功させるためにはフランチャイザーとフランチャイジーとの信頼関係が何よりも重要になります。しかし、いかなるケースでも一事業を始める上で必ず問題が生じたり、運営が滞ってしまうことは避けては通れません。それら不測の事態に陥ったとしても早期解決するために、以上で紹介したフランチャイズパッケージの仕組みや各チェーンモデルの違い等をしっかり理解しましょう。

フランチャイザーの中には悪質な企業や欠陥不良のある企業も確かに存在します。しっかりと信頼できて自分に適したフランチャイズビジネスを始めるためにもフランチャイズパッケージの開示制度を利用し中身についてしっかりと把握することでビジネスの成功にも繋がります。

FC開業の際に知っておきたいフランチャイズパッケージの仕組みと開示制度

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする