フランチャイズ相談所

知らないと損する!?再就職手当をもらって賢く起業・開業しよう!

知らないと損する!?再就職手当をもらって賢く起業・開業しよう!

今日、様々な働き方というものが注目されてきていますがその中でもサラリーマンとして一般企業に雇われるのではなく、自ら会社を興し事業をはじめて起業・開業する人が徐々に増えてきています。しかし、たとえ独創的な事業プランや起業の意志があったとしてもそれを阻むのが準備資金、開業資金などのお金の問題です。事業の規模や業種によって異なりますが、その額は平均でも300万〜1500万と言われています。そこで少しでもお金の負担を減らすためにも再就職手当を利用する方法があります。このページでは再就職手当について、そもそも「再就職手当」とは何なのか?受給の仕方など詳しく紹介しています。是非参考にしてください。

そもそも再就職手当とは?

”握手する男性”

その名の通り再就職、起業・開業を支援してくれる制度!

あまり馴染みのない方もいると思いますが、簡単に言うと再就職手当とは雇用保険の被保険者が職を失った際に、再就職または起業・開業の意志の者が一定期間内にハローワークに申請することでもらえるお見舞い金のようなものです。一般企業等は労働者を雇っている以上、彼らの意志にかかわらず法律で雇用保険の加入が義務付けられています。それらの企業に勤めるもので週20時間以上、31日以上雇われる見込みのある雇用者は雇用保険の被保険者に該当します。

その被保険者が何らかの事情で会社を解雇、もしくは失業した際に主に再就職の支援金として支払われるのが再就職手当となります。それではその再就職手当について詳しく見ていきましょう。

再就職手当をもらって賢く起業・開業しよう!

再就職手当をもらうためにはいくつかの条件やもらえる時期、支給対象者によってはもらえる金額も変わってきます。やや複雑な手続き等もあるのでしっかり理解しておきましょう。

再就職手当の受給条件

再就職手当を受給するためには大まかに以下の7つの条件を満たしている必要があります。あくまでも参考としての情報なのでより詳しく知りたい方はハローワークなど専門機関のホームページ、冊子等に目を通すことをオススメします。

1.失業後、再就職もしくは起業・開業の意志がある
2.失業保険の基本手当の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上あること
3.勤めていた企業もしくは雇用者に再び雇用されていない
4.再就職後に1年以上勤労が可能なこと
5.原則として雇用保険の被保険者である
6.過去3年以内の就職について、再就職手当または常用就職支度手当の支給を受けたことがないこと。
7.自己都合退職などで給付制限がある場合には、待機満了後の1ヶ月については、ハローワークまたは許可・届け出のある職業紹介業者の紹介による就職であること

1.失業後、再就職もしくは起業・開業の意志がある

言うまでもありませんが、再就職手当はその名の通り再就職、また新たに事業を始める意志のある人を対象としたお見舞金のようなものです。そのため失業後なにもする意志がない人はもちろん受給することはできません。

2.失業保険の基本手当の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上あること

倒産やリストラなどの理由で解雇され、失業保険手当の給付制限がない方の場合、基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上残っている場合、再就職手当受給の対象者となります。例えば所定給付日数が90日の場合、最初の3分の2の支給残日数内で就職先口を見つける必要があります。この際に必ず就職日(勤労開始日)の前日までの失業認定を受けましょう。出来る限り早く、再就職を目指すのが望ましいでしょう。

3.勤めていた企業もしくは雇用者に再び雇用されていない

離職した会社や企業に再び雇用されている場合、再就職手当受給の対象にはなりません。また、再就職は指定ないもののその会社や事業所の資本や取引、その他において密接な関係があっても同様です。

4.再就職後に1年以上勤労が可能なこと

再就職手当を受給するためには、再就職後の雇用契約が一年以上の場合適用されます。原則としてアルバイトや契約社員としての再就職でも再就職手当となりますが、アルバイトや契約社員は非正規社員のため一年以上の勤務が可能であることを証明することが難しく条件を満たせない場合もあるので注意しましょう。

5.原則として雇用保険の被保険者である

再就職手当の対象者となるのは原則として勤めていた会社において雇用保険の被保険者です。1週間の所要労働時間が20時間以上、31日以上の雇用契約がされていたか、就職した際に65歳未満であったか、この3点が雇用保険の被保険者であったか判断する条件になります。自分でわからない方は以前勤めていた会社の人間に確認しましょう。

6.過去3年以内の就職について、再就職手当または常用就職支度手当の支給を受けたことがないこと

過去3年以内の再就職において、再就職手当もしくは常用就職手当の支給を受けたことがある方は再就職手当受給の対象とはなりません。

※常用就職手当とは障害を抱えている方などが安定した職を手に入れ、離職した際に失業保険の給付残日数がない場合に支給される手当です。

7.自己都合退職などで給付制限がある場合には、待機満了後の1ヶ月については、ハローワークまたは許可・届け出のある職業紹介業者の紹介による就職であること

この条件はやや複雑ですが、再就職手当を受給するためにはしっかりと理解しておく必要があります。勤めていた会社からリストラされた、もしくは何らかの理由で解雇されたという理由ではなく、100%の個人的な諸事情で離職した際に、7日間の待機日数後に約3ヶ月の給付制限期間が定められています。給付制限期間最初の1ヶ月以内に再就職する際は、ハローワークもしくは指定の職業紹介業者の紹介による就職口であることが受給の条件となります。

再就職手当の申請方法

”

再就職手当の手続き等はすべて各地方自治体に設置されているハローワークで行います。再就職が決定したら再就職日(勤務開始日)の前日までに雇用保険時給資格者証、失業認定申告書、採用証明書の3点を持参しハローワーク再就職の申告を行います。再就職手当の支給額や支給時期は個人の状況によって異なるため、ハローワークのスタッフにしっかりと確認しましょう。

知らないと損する再就職手当まとめ

いかがでしたでしょうか?再就職手当を受給するためには多少複雑な手続きが必要となりますが、利用することで決して損することはありません。離職後、開業や起業を考えている方は少しでも金銭的負担を減らすためも再就職手当を利用することをオススメします。

知らないと損する!?再就職手当をもらって賢く起業・開業しよう!

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする