フランチャイズ相談所

市場が拡大中のシニア・中高年向けビジネスで成功する秘訣は?

市場が拡大中のシニア・中高年向けビジネスで成功する秘訣は?

日本では少子高齢化が進み、65歳以上の高齢者の人口が3,500万人を上回り、日本の総人口の4分の1を超えました。4人に1人が高齢者という超高齢社会の日本では、高齢人口の急激な増加に伴って医療や福祉といった高齢人口問題への対応が急務となっています。そんな中、高齢者や中高年をメインターゲットとしたビジネスが注目され、新規事業がどんどん参入し、市場が急激に拡大しています。

シニア、中高年向けビジネスといっても、40代から90代以上までと様々な年齢の方がいらっしゃいます。また、同年代の方であっても趣味や嗜好は様々です。そんなシニア、中高年向けビジネスでは多様化している顧客の趣味嗜好やニーズに合致するように、様々なサービスや商品が展開されています。ここでは、シニア市場の傾向と、シニア市場でビジネスを成功するための秘訣を紹介していきます。また、実際にシニア市場で成功しているビジネスの事例やおススメのFC事業も紹介していきます。

シニア市場の傾向、動向について

”座っている高齢者”

4人に1人が高齢者の日本にとってシニア市場はとても大きな市場となっています。さらに、少子高齢化で今後もシニアの人口や割合はどんどん増え続けるため、シニア市場は超有力な成長市場と言えます。まずは、そんなシニア市場の傾向や動向を紹介していきます。

シニア市場の傾向について

シニア市場の特筆すべき特徴として、実際のシニアは、今までの高齢者のイメージと齟齬がある点が挙げられます。最近のシニアの方はインターネット利用率も高いうえ、高齢なのに健康状態が良い方も多いです。また、シニア層に団塊の世代の方が加わり、高齢人口自体も急激に増加しています。実際のシニアは今までの高齢者のイメージとは変化し、さらに人数自体も増え、シニア市場のニーズは大幅に多様化しています。そして、ニーズの多様化によって求められる商品やサービスなども細分化されてきています。

シニア市場のニーズについて

シニア市場のニーズは非常に多様です。今までみたいに健康や介護だけではシニアのニーズは満たされません。ニーズが多様化し、食品や家庭用品、ファッション、IT、娯楽といった様々な生活産業分野へもシニア市場は広がっています。そしてシニアの趣味や嗜好は人それぞれであるため、シニア市場は「多様なミクロ市場の集合体」となっています。そのため、シニア市場でのビジネスでは市場理解が非常に重要で、いかに隠れたニーズやニッチなニーズを発掘できるかが成功のカギとなっています。

実際のシニアのニーズとシニアのイメージとの差異

最近のシニアの方は「従来の高齢者と自分は異なる」という自意識があり、自身が老人であると思われたくなかったり、介護の対象と認めたくないという傾向もあります。そのため、最近ではシニア市場で展開している商品であっても「介護」や「福祉」などの言葉をあえて避け、ポジティブなワードを使う傾向もでてきています。そして、最近ではシニアの方もトレンドや流行に敏感になっており、積極的に新しいものを取り入れようとする動きも出てきています。

シニア市場での成功例

シニア市場は多様なミクロ市場の集合体であるので、いかにニーズに合った商品やサービスを提供するかが成功のカギとなります。実際の成功例としては、シニア向けにひとりで食べきれる量の食事を提供する「個食」や、遠くまで外出して買い物をするのが大変なシニア向けに家まで商品を届ける宅配サービス、客層のターゲットをシニアに絞った「シニア向けスーパー」などがあります。どの成功事例もシニア層のニーズを徹底的に把握し、何が必要とされているかを正確に理解し、サービスや商品として実現しています。シニア市場で成功を収めるためにはシニア市場の理解やターゲット顧客の限定、ニーズに合致した商品の展開が非常に重要となります。

中高年、シニア向けビジネスで成功している「心身健康倶楽部」って?

”ハンドグリップ”

シニアや中高年を対象にパーソナルトレーニングジムを展開している企業に「心身健康倶楽部」があります。心身健康倶楽部ではパーソナルジムは筋トレしたい若い男性やボディメイクした若い女性が通うものという固定概念を払拭し、中高年以上を専門にパーソナルトレーニングを行い、シニア市場で大きな成功を収めています。大手新聞会社や大手TVで取り上げられ、書籍も出版されるほど、非常に注目されています。

心身健康倶楽部が中高年、シニアにウケた理由

心身健康倶楽部のコンセプトは、運動や食事制限はなるべく控え、パーソナルトレーナーによるマンツーマンの指導や栄養管理で、健康を手に入れるというものです。中高年やシニアの方にとって運動は辛く大変なことで、一方で食事は一日の楽しみの1つです。なので、心身健康倶楽部では運動は1週間でどんなに多くても60分と運動量を極端に少なくしています。また独自の食事指導で「食べるダイエット」が行われています。さらに、病気や腰痛、肩こりなどの持病や悩みがある方にもしっかりと配慮を行っており、運動が苦手な方でも丁寧なサポートによって、利用者は安心してパーソナルトレーニングを受けられます。特に、マンツーマンで専属のパーソナルトレーナ-がつくため安心です。

このように、中高年やシニアのニーズをしっかりと抑えたサービスを、きめ細やかで徹底されたサポートのもとで展開したため、心身健康倶楽部はシニア市場で成功を収めています。

心身健康倶楽部で学んで起業する

超成長市場であるシニア市場で成功した心身健康倶楽部のノウハウを、心身健康倶楽部の起業入門講座やパーソナルトレーナー養成スクールで学ぶことが出来ます。さらに、心身健康倶楽部はフランチャイズ展開もされているため、心身健康倶楽部のオーナーとして起業する事も可能となっています。心身健康倶楽部はシニア市場のニーズに合致したサービスを展開し、多くの実績を誇ってるので、心身健康倶楽部で起業するのも良いかもしれませんね。

シニア・中高年ビジネス まとめ

少子高齢化に伴い、シニア市場がどんどん拡大されています。シニア市場は今までの高齢者のイメージから変化しており、ニーズが非常に多様化してきています。シニア市場で成功するためにはシニアのニーズを正確に把握することが成功への近道です。シニア市場での成功事例として中高年以上を専門とした心身健康倶楽部がありました。心身健康倶楽部ではFCや起業講座、トレーナー養成スクールが開設されているので、興味があったらぜひ参加しみて下さいね。

市場が拡大中のシニア・中高年向けビジネスで成功する秘訣は?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする