フランチャイズ相談所

居酒屋経営で成功するための4つのポイントと気を付けるべき注意点

居酒屋経営で成功するための4つのポイントと気を付けるべき注意点

脱サラして起業したい!自分のお店を持ちたい!このような起業意思のある方の中で特に人気な業種である居酒屋経営。国内にはチェーン店をはじめ数多くの居酒屋があらゆるところで軒を連ねています。このページでは居酒屋起業、そして経営に興味がある方のために、居酒屋経営で成功するための4つのポイントと気を付けたいことについて紹介します。是非参考にして下さい。

居酒屋経営成功のため4つのポイント

”飲食店の外観”

ポイント①出店立地の選定

居酒屋に限ることではないですが、飲食店経営において出店立地の選定は今後の運営や収益にそして成功に大きく関わってくる大きな要素の一つです。居酒屋経営の場合、お客さんを効率的に集めるためには人がたくさん集まる場所に出店することが望ましいです。例えば会社帰りのサラリーマンが集まるオフィス街や、主要駅等の近隣等で多くの人が行き来する場所がふさわしいです。

しかし、そのような一等地と言われる場所は飲食店経営を目指す経営者の誰もが狙っているため、比較的高価で特に東京都内においては土地代だけでも莫大な金額になる場合があります。そのため、一等地でなくても隠れ家的な居酒屋を作りたいのであれば二等地、三等地のひっそりとした場所でも充分い戦うことができます。

ポイント②お店のコンセプトを決める

一言に居酒屋と言ってもその種類は様々で、豊富なおつまみや料理にこだわりのあるお店、珍しいお酒を扱っているお店など店舗によってそのサービスやコンセプトは異なります。日本全国内において既に多くの居酒屋チェーンや個人経営のお店がある中で居酒屋経営を成功させるためには、独自のコンセプトを決めて他の店舗と差別化を図ることが重要になります。

フランチャイズで出店する場合は難しいですが、一から居酒屋店を出店するのであればどのようなサービスや料理、お酒を提供するのか独自のアイディアを考案してお店のコンセプトを設定しましょう。お店のコンセプトを決める際に、何を、だれに、どこで、どのように提供するのか、この4点に注するとスムーズにコンセプトを決めることができます。

経営未経験者の方はなかなか案が思い浮かばないと思うのでその際は、既存の成功している居酒屋チェーン等のコンセプトを参考にするなど、工夫を凝らした事業計画を作成できるように努めましょう。

ポイント③集客の努力

サービス・接客業である居酒屋はお客さんあっての商売です。お客さんを集めるためには宣伝・広告活動が必要不可欠です。ポスターやチラシを作成して交付するという従来のやり方がありますが、ネットが発達している今はホームページを作成したりSNS等を活用するとより効率的に広告・宣伝活動をすることが可能です。

初めて居酒屋を起業する人の中には、経営者の立場として効率的に集客のノウハウの知識やスキルを持っていない方もいると思います。いきなり起業するのは不安な方は、居酒屋チェーン等でアルバイトないし従業員としてしばらくの間働き、実務経験を経てから自分のお店を持つことを目指しましょう。

ポイント④新メニュー開発・サービスの向上

居酒屋経営はもちろん出店して終わりではなく、出店後の運営の仕方が肝になってきます。たくさんのお客さんに来てもらい、満足させるためには言うまでもなくメニューや接客の質というものが重要です。また顧客をしっかりつかみ、飽きさせないためにも常に新メニューの開発やサービスの向上に努めましょう。

例えば季節限定など、シーズンごとにメニューを変える、イベントを開催する、また客からのフィードバックを得るためにアンケートを実施するなど、お店を繁盛させるための経営者としての意識を忘れてはいけません。

居酒屋経営成功のために気を付けたいこと

”カットされたピザ”

経営ノウハウの確認

居酒屋を含めすべての経営において、その事業を展開し維持していくためには事業計画書、経営ノウハウの実践が最重要になってきます。お店を起ち上げてしばらく経つとお店のコンセプト、サービス、メニューの提供の仕方、その他経営方針などを厳守することがおろそかになってきます。その場合たとえ一定期間売り上げが上がっていてもその後経営不振に陥ってしまい最悪の場合つぶれてしまう可能性もあります。

そのため、居酒屋を開業し経営が落ち着いてきたら経営ノウハウの確認、そして改善点等の模索を経営者だけでなく、従業員も含めた全員で改めて話し合いの場を設けると良いでしょう。店舗経営にかかわる人間が同じ経営方針やノウハウをしっかり共有しておくことでモチベーションの向上にもつながりますし、最終的にはお店にも利益があります。

従業員の教育・指導

居酒屋を開業するということは同時にその店舗の経営者となり、また従業員を雇う立場になります。今までサラリーマンなど雇われる側として働いていた意識のままでは経営者は絶対に務まりません。経営者になったらまずすべきことが従業員の教育や指導です。居酒屋経営の場合、従業員として雇うのは正社員というよりは未経験の非正規社員であるアルバイトという場合がほとんどです。

そのため店舗経営の知識やスキルだけでなく、経営者は従業員等の教育・指導の知識やスキルが問われます。とは言っても最初から完璧にこなせる人はいないので、最初は専門家の意見や経営者セミナー等で講習を受けることをオススメします。

フランチャイズの利用

居酒屋経営の仕方には大きく2つのやり方があり個人で開業する方法、フランチャイズを利用する方法があります。個人開業の場合、経営の仕方やメニューの考案、その他経営方針等は経営者が全て自由に決めることができます。しかし起業初心者の方にとっては知識不足やスキルがない場合があるためフランチャイズを利用して起業する方法もあります。

フランチャイズ起業の場合、本部の経営方針を厳守するがあり、運営上自由度はそれほどありませんが、経営者として何をしたらよいのか、また指導や教育も受けることができます。個人で居酒屋を始めるのか、それともフランチャイズを利用するのかの判断は経営者の度量とスキルによって異なるためしっかり判断しましょう。

居酒屋経営で成功するためのポイント|まとめ

飲食店経営を目指している方の間で特に人気のある居酒屋。ライバルも多いことから実際に起業して成功するためにはそれなりの努力と根気が必要となります。少しでも事業を円滑に進めるためには以上で紹介した4つのポイントと注意点を意識して実際に実践してみましょう。ありがとうございました。

居酒屋経営で成功するための4つのポイントと気を付けるべき注意点

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする