フランチャイズ相談所

一人起業の魅力とノウハウをご紹介

一人起業の魅力とノウハウをご紹介

「残業が苦しい・・・」「会社の人間関係から解放されたい・・・」このような悩みを抱えている方に朗報があります。「一人起業」してみませんか?一人起業ではその名の通りビジネスを自分一人で初めて自分の好きなように働けるという魅力があります。しかし「起業」と聞くとそれなりの資金やリスクもあるためなかなか手が出せないという方もいると思います。そこでこのページでは、そのような方を対象に「一人起業」の魅力や起業するためのノウハウをご紹介します。

一人起業のメリットとデメリット

メリット①:自分のペースで仕事ができる

一人起業最大の魅力とはなんといっても自分一人の志向でビジネスを始めることができることです。共同経営、もしくは複数人で会社を立ち上げようとすると、方向性の違いや意見の対立で何かしらのトラブルが生じてしまいます。実際に事業が始まってからも自分のペース、好きな時間に働くことが可能でプライベートな時間も増やすことができるかもしれません。

メリット②:低資金・低リスクで始められる

一人起業で始められる事業は比較的小規模なものや実際にオフィスや店舗を持たない無形ビジネスが一般的なため、その分開業資金を大幅に抑えることができます。複数人、もしくは従業員を雇って事業を興す場合、会社設立のための準備費用だけでなく、各従業員の人件費、給与や社会保険料などでたとえ大きな収益がない状態でも莫大な費用が掛かってしまいます。それらが原因で経営破たんし、倒産してしまう会社も少なくありません。この点に関して言えば一人起業は低資金かつ低リスクで始められるのがメリットの一つとなります。

メリット③:ストレスが少ない

現代社会において、特に会社勤めのサラリーマンのほとんど全てが抱えている問題として職場でのストレスということが挙げられます。同僚や上司との人間関係に疲れ、ストレスを抱え込んでしまった結果、体調不良に陥ってり業務に支障をきたすといったことは今や社会問題にもなっています。そのような問題をすぐに解決できる手段が一人起業です。上司や同僚という概念を払拭することで煩わしい人間関係から脱却できることだけでなく、好きな時間・好きな場所など自分にとって最も快適な環境で業務を行いえるため、自然と仕事に対する満足度も上がります。

メリット④:成果報酬が100%全て収入に

頑張ったら頑張った分だけ収益が上がるというのが一人起業の魅力の一つです。会社勤めをしている方の中で、仕事量に対しての報酬が少なく満足していないといった不満を抱えてている方は多数いるのではないでしょうか。一人起業で事業が軌道に乗り、収益が出せるようになれば、その収益は100%あなた自身の収入となります。

デメリット①:業務多忙化の恐れ

主に比較的規模のある事業で一人起業した場合、通常業務が多忙化してしまいプライベートな時間が削られてしまうという問題が生じる場合もあります。というのも業務に携わるのはもちろん起業した経営者のみなので、通常業務のほかにも事務業務、その他必要業務も一人でこなさなければならないからです。会社を興すのは一人で行うにしても、実際の会社運営は程度経済的に余裕があるのであれば会計士や秘書を雇って事務業務を委託し、負担を減らすというもの一つの対策です。

デメリット②:安定した収入の確保

先ほども紹介しましたが、一人起業では収益がすべて自分のものになるという反面、確実に収入を得ることができないという場合も生じます。これはサラリーマンなど一般企業に勤めている従業員との大きな違いですが、給料という形で安定した収入を得られないためその分金銭的な面で苦労を強いる可能性があります。

「フランチャイズオーナーの平均年収や仕事時間は?休日はあるのか?」はこちら

一人起業をするためには

一人起業のメリット・デメリットが理解できたところで、実際に一人起業をする際にどのようなステップで事業を始めればよいのか、そのノウハウをご紹介します。起業したいけど何から始めたらよいかわからない方、良いアイディアが浮かばない方は是非参考にしてみてください。

ステップその①:ビジネスゴールの設定

一人起業をするための最初のステップはまずビジネスゴールを設定することです。まず自分自身に「そもそもなぜ起業したいのか」「目的・目標はなにか」このような質問をしてみましょう。ここでの注意点として、「お金を稼ぎたいから!」「友人も起業したから!」このような相対的・普遍的な理由ではなく、「自分の特技・趣味を最大限に生かしたいから!」「今までの経験を生かせる仕事がしたいから!」などより具体的で個人的な動機付けをすると、実際に事業を始めてからもモチベーションを維持することができ、成功率も格段にアップする傾向にあります。つまりビジネスゴールを設定する際は、他人の意見ではなく、自分自身の意見を最優先して決めましょう。

ステップその②:ビジネスプランの設計・準備

目標が決まったら次は、事業内容・ビジネスプランの設計を行います。どんな業種で起業したいのか、どのような形態で運営するのか、どれくらいの収益が見込めるのかなどを大まかに書き出しておくとよりスムーズに準備を進めることができます。またこの段階で開業するためにどのくらいの資金や設備が必要なのかを明確化しておくことで、資金集めなどの対応がしやすくなります。

ステップその③:事業展開のための戦術を考える

たとえ一人起業をしたとしても、ビジネスである以上サービスを提供するための顧客、そしてビジネスを行うための市場という土俵が必要となります。そのため、その事業でどのようにしたら顧客を集められるのか、どのようなターゲット層を狙うのかなど事業展開のための戦術を練る必要があります。その事業に対してどれくらいの需要があるのか、顧客を満足させるためにはどのようなサービスが必要なのか、専門的なビジネススキルを身に着けることも一人起業をする際には求められます。

まとめ

一人起業は、一度成功してしまえば収益を得ながら自分らしいライフスタイルを確立することができます。しかし一人起業もビジネスである以上、絶対はありません。可能な限りリスクを減らし事業を成功に導くためにも以上で紹介したことを参考に事業展開をしてみてはいかがでしょうか。ありがとうございました。

一人起業の魅力とノウハウをご紹介

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする