フランチャイズ相談所

独立開業に向いている人と失敗する人のちがいとは?

独立開業に向いている人と失敗する人のちがいとは?

新たに事業を始めた際に、そのビジネスで成功できる人、失敗する人には各共通点があります。しかしそれらの共通点を自分自身の中で見つけるためには、実際にビジネスを始めてからではないと気づけないものもあります。そこでこのページでは、独立開業に失敗する人の主な5つの共通点や特徴を紹介します。これから実際に開業を考えている方、起業に興味のある方は是非参考にしてください。

独立開業で失敗する人の5つの共通点

以下の5つが独立開業で失敗する人の共通点となります。現時点でいずれかに該当する方は注意して改善していきましょう。

共通点①:行動力がない

共通点②:自意識が高く他の意見に耳を傾けない

共通点③:起業・開業仲間を募ろうとする

共通点④:初期費用・投資金をかけすぎる

共通点⑤:失敗から学ばない

①:行動力がない

「一攫千金を狙うために起業したい!」と考えている人はたくさんいるでしょう。しかし、その中で実際に起業する人はほんの一握りにすぎません。というもの起業して成功したいという意思を本当に持っている人は「したい」という前にすでに「している」からです。つまり独立開業に失敗する人の特徴として、まず「行動力がない」ことが挙げられます。たとえお金儲けのためのスゴイアイディアがあったとしてもそれを実現するために動かなければ何も始まりません、起業・開業を考えている大抵の人はある程度のビジネスビジョンや将来設計はできていますが、それらを実際に実行するための行動力がない人が失敗しやすい傾向にあります。どれだけ入念なビジネスプランを練ってもそれを実行しなければ失敗する以前に何も始まりません。起業するのであれば基本中の基本である「計画→実行」のフローを厳守することが重要です。

②:自意識が高く他の意見に耳を傾けない

「しっかり勉強もしたし経営の知識もあるから大丈夫!!」このような自信満々で自意識過剰の人は起業・開業に向いていないかもしれません。独立開業する際に自分の意見や軸をしっかり持つことはとても大切です。しかし「自分の考えが絶対!」「自分は正しい」など固定観念に縛られている人、自意識が高く他人の意見を聞かない人は失敗します。だからといって、他人や偉い人の意見を聞いて自分の考えをコロコロ変えてしまう人も成功は難しいでしょう。しっかりとした自分の軸や芯を持ちながらも他人の意見を聞き正すべきものは正し、切り捨てるべき物は捨てられるようになることが成功するための必要なスキルの1つとなります。 また「全て自分一人」でやろうとして誰にも頼らずに事業を進めるのは必ず限界があります。自分でできることでも事業効率や生産性を上げるために「誰かに頼る」ことも重要な事なのです。

③:起業・開業仲間を募ろうとする

これは特に若い起業家にありがちな問題ですが、仲の良い友人同士で共同開業・共同経営を始めた結果、途中で破たんに追い込まれたというケースが多数あります。一見、知人や友人と仕事をした方が意思の疎通が図りやすく事業も円滑に進むであろうと思われがちですが、たとえ同じ目標がある者同士が集まって事業を始めたとしても、人間である以上価値観や考え方は全く違うものです。また仲の良い友人=良きビジネスパートナーであるといことではありません。本当に良いビジネスパートナーというのは、間違いをしっかり指摘してくれる人、YESマンではなくしっかり否定もしてくれる人を意味します。決して共同開業をしてはいけないというわけではありませんが、その際は本当に信頼関係が結べる相手とそれなりの覚悟を持ったうえで始めましょう。

④:初期費用・投資金をかけすぎる

失敗する事業にありがちな事ですが、会社のオフィスやロゴ、名刺など外面的な要素に事業を立ち上げる際コストを費やしすぎてしまうと、結果肝心な運営費用がなくなり廃業に追い込まれてしまう可能性があります。ビジネスが軌道に乗り収益が実際に出せる以前の段階から必要以上に従業員を雇ったり、事業内容に過剰にこだわって浪費してしまう、このような経営者はすぐに廃業に追い込まれます。また、ビジネスチャンスを逃すまいと意気込んであらゆることに一気に多額の資金を投資してしまうのも要注意です。このような傾向を持った人の一部には読みが当たって大成功を収める人もいますが、ほとんど場合資金の浪費によって運営がままならくなり倒産に追い込まれてしまいます。

⑤:失敗から学ばない

矛盾になってしまいますが失敗することはむしろその企業にとって生まれ変われる最大のチャンスです。今現在世界を股にかけて活躍する起業家のほとんどは過去の大失敗から一発逆転し大成功を収めた人がたくさんいます。しかし、一度失敗してしまったからと言って今まで築き上げてきた全てを投げ出してしまう人はマイナスの状態から抜け出すのは不可能です。事業に失敗してどん底に落ちたとしても「なぜ失敗したのか?」「何が問題だったのか?」「改善すべき点は何か」このような問題点の洗い出しをして改善策を導き出せる人が将来成功を収めることができます。マイナスからプラスに持って行ける精神力と気力は将来経営者として事業を進めていくうえでも必要なスキルの1つなのでぜひ参考にしてください。

独立起業で成功するためには

ポイント①:常に「学ぶ」姿勢を忘れずに

最初から何もかも完璧にこなせる人はいません。どんな成功者でもスタートラインは皆同じで、ゼロの状態から学び続けた結果、成功を収めています。本当に「できる」経営者というのは、常に新しいことを「学ぶ」姿勢を忘れずに新しいことをどんどん吸収できる人です。現状に満足して立ち止まっていては当然ですがそれ以上の「何か」を得ることは不可能です。どんな状況下においても常に学び続けることが独立起業において成功するための最大のポイントとなります。

ポイント②:自分を客観視する

成功者の多くは、何事に関しても視野を広くもつことができ、自分自身を客観視できるスキルがあります。先ほども述べましたが、自分の意見が絶対であると思い込み、他人の意見に耳を傾けることができない人はビジネスにおいて最も重要なことのひとつである思考の柔軟性や改善点の洗い出しをすることはできません。常に視野を広く持ち、自分を客観視することも成功するためのカギとなります。

「独立開業できるおススメの資格をご紹介」はこちら

まとめ

以上が独立開業する際に失敗しやすい人の5つの共通点、そして成功するための2つのポイントとなります。これらのことを参考にし、改善点がある場合はそれらを正すことに努め、事業を進めてください。ありがとうございました。

独立開業に向いている人と失敗する人のちがいとは?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする