フランチャイズ相談所

事前に知っておきたいフランチャイズとボランタリーチェーンの違いとは?

事前に知っておきたいフランチャイズとボランタリーチェーンの違いとは?

独立して起業を目指す方や新しいビジネスを展開しようと考えている方が実際に事業を始める際に、ローリスク・ハイリターンのフランチャイズ契約を利用する事は支流ですが、その他の選択肢としてボランタリーチェーンという仕組みもあります。フランチャイズ(FC)とボランタリーチェーン(VC)は似ているようでいて、実際は大きく異なるビジネススタイルです。

そこで今回は、起業するのであれば事前に知っておきたいボランタリーチェーンの基礎知識やメリット、フランチャイズとの違いなどについて紹介します。是非参考にして下さい。

「フランチャイズ契約についての基礎を知ろう」はこちら

ボランタリーチェーンとは?

ボランタリーチェーンの定義

一般社団法人日本ボランタリーチェーン協会によるとボランタリーチェーンとは、

同じ目的を持つ独立事業者が主体的に参画・活用して、地域生活者のニーズに対応した商品・サービスを提供する組織

 

と定義されています。ボランタリーチェーンの活動目的は、第一に特定の地域住民のニーズや課題に対応した商品やサービスを提供することで地域社会に貢献します。そして意欲的な独立事業者や個人事業者同士の連携を図り、最終的には中小企業の事業発展につなげます。またフランチャイズビジネス同様に本部と各加盟店同士が信頼関係を結ぶことで双方の利益アップを目指します。

ボランタリーチェーンとは主に、食材や商材の共同仕入れを目的とした小売り、卸売り業者の集合体のことです。フランチャイズとボランタリーチェーンはともに事業本部を設置して、その本部と連携し信頼関係を計ることによって事業が成り立っています。

双方とも個々の加盟店はあくまで独立した事業とみなされ比較的小規模事業ですが、運営に必要な資材等は本部が一括して行うためコストを最小限に抑えられるという点は共通しています。

多店舗展開に必要なチェーンオペレーションとは?

フランチャイズとボランタリーチェーンの違いを一言で表すならば、【チェーンオペレーションの違い】という言葉に集約できるのですが、そのチェーンオペレーションとは、多店舗展開(チェーン展開)を行うための経営手法全般を指します。

具体的には、商品の仕入れや販売スタイル、営業戦略などの方式のことです。他店舗展開を行う上では戦略的なチェーンオペレーションが鍵を握っています。

ということで、ここからはフランチャイズとボランタリーチェーンのチェーンオペレーションがどのように違うのか、そしてその違いがどういった変化をもたらすのかという視点から比較・分析を行っていきたいと思います。

ボランタリーチェーンとフランチャイズの相違点

以上で紹介した通り共通点もありますが、ボランタリーチェーンとフランチャイズは似て非なるものです。双方の相違点を表にまとめてみましたのでご覧ください。

根本的な構造がまったく違いますので、本部企業(事業者)と各加盟店の関係性も当然異なっているようですね。それぞれの相違点について、具体的にご説明いたします。

相違点①本部の主体

まず最もわかりやすい相違点が、本部の主体がどこかという点です。フランチャイズでいうところの本部とは、本部企業もしくは本部事業者のことを指します。いわゆるフランチャイザーのことですね。たとえばセブンイレブンでフランチャイズ経営を行う場合は、セブンイレブンの本社そのものが本部(フランチャイザー)となるのです。

それに対してボランタリーチェーンにおける本部とは、複数の加盟店が結集・結合して生まれます。複数の加盟店が本部の一部となっているというわけです。事業者が本部に加わっている場合もあるようですが、あくまで事業者も本部を構成する一部に過ぎません。

このように、本社(事業者)が本部の主体となるか、それぞれの加盟店が本部の主体となるかという大きな違いがあるのです。

相違点②組織構造・関係性

本部の主体が違うので、組織構造や組織の中の関係性も変わってきます。フランチャイズの場合の本部とは本社企業自体のことを指しますので、オーナーは本社と1対1の関係で契約します。契約後は、ロイヤリティと引き換えに本社のノウハウやサポートを享受することになるため、どちらかと言うと縦の関係性となるのです。

しかしボランタリーチェーンでは複数の加盟店や事業者が合わさって本部を結成しているので、縦というよりは横の関係性となっています。本部は経営ノウハウやマニュアル等を享受する相手ではなく、同じボランタリーチェーンに属するオーナーたちが同志として情報交換し合うというのも横の関係性の表れですね。

相違点③運営・事業展開の自由度

3つめの相違点として、各加盟店が運営・事業展開していく自由度が挙げられます。

先ほども述べましたがフランチャイズの場合契約を交わしたオーナーは、本部が提供する経営マニュアル、経営方針に則って事業展開をしていくため、ある程度本部の意向に沿った経営スタイルがとられる傾向にあります。

一方ボランタリーチェーンの場合は契約を結んだ加盟店同士が自主的に組織化しているため、各オーナーの方針によって経営を進めることができます。自由度という意味ではボランタリーチェーンの方が高くなっています。客層や環境への適応力が大きく左右しそうですね。

このように、事業展開の際の自由度というのもフランチャイズとボランタリーチェーンで異なります。

相違点④最終的な事業目的

基本的な組織構造が全く異なっているため、最終的な事業目的も異なります。フランチャイズビジネスでは本部(フランチャイザー)が加盟店を増やし全国展開などをすることでその企業自体の認知度や知名度を上げることを主な事業目的としています。本部の目的がしっかりあり、加盟店が与えられる経営ノウハウやサポートもその目的に適った内容であることが多いです。

ボランタリーチェーンにおいては、各連携した加盟店同士が主体となってお互いの事業効率化や利益の向上を目指します。仕入れは複数の加盟店で共同に行えますので、各自それぞれで仕入れるよりもコストが抑えられます。このように、効率化出来る部分でしっかりと相互協力・連携することで、お互いの利益を上げていこうというのが目的となっています。

事業目的の相違点からもわかるとおり、フランチャイズビジネスは本部ボランタリーチェーンビジネスは加盟店を主体としたスタイルになっていると言えるでしょう。

ボランタリーチェーンのメリット

コストの削減・消費者ニーズの反映のしやすさ

完全に独立した事業を始める際にまず立ちはだかるのが金銭面での壁です。特に飲食店を経営しようと考えている場合、店舗の選定や運営費のほかにも食材の仕入れや仕入れ先の選定などで膨大なコストがかかってしまいます。

しかし、これはフランチャイズでも当てはまることですがボランタリーチェーンビジネスにおいても加盟店が事業展開をする際に必要な資材、商品の仕入れや設備投資は本部が一括して行うため、その手間とコストを削減することが可能です。つまり、低コストで開業・運営することが可能であるということがボランタリーチェーンの最大のメリットと言えるでしょう。

また加盟店同士が結束して本部を組織しているため、その分地域住民、近隣住人との距離が縮まりより消費者ニーズを反映しやすくなるため、より効率的で量産的なビジネス展開をすることができます。ボランタリーチェーンは、運営上本部による経営方針の拘束があまりないため、独自の料品開発や各加盟店のオリジナリティーを反映するというのも大きなメリットですね。

ボランタリーチェーン成功のカギ

各加盟店規模の統一と主催者のリーダーシップが必要

ボランタリーチェーンの場合加盟店同士が主体となってて事業展開していくため、全ての加盟店を統括する主催者を設置する必要があります。

ビジネスを成功に導くためにはその主催者がリーダーシップを最大限に発揮しながら各加盟店をまとめ上げ、同じチェーン店同士の競合を防ぐためにも各店舗の事業規模をできるだけ統一することも必要となります。

フランチャイズとボランタリーチェーンしっかり区別しておこう

フランチャイズとボランタリーチェーンは事業の主体が本部にあるのか、それとも加盟店にあるのかという根本的な事業組織が違うという点で区別できます。その他にも最終的な事業目的や事業を進めていく上での自由度も大きく異なります。

一方で資材や商品の仕入れを一括して行う事でコストの削減を図るなど共通点もあります。これから起業を考えている方、もしくはすでに始めている方はこれらの特徴をしっかり抑えておくことが事業の成功につながります。是非参考にしてみてくださいね。

事前に知っておきたいフランチャイズとボランタリーチェーンの違いとは?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする