フランチャイズ相談所

起業したいけどお金が足りない!そんな時は独立開業支援を利用しよう

起業したいけどお金が足りない!そんな時は独立開業支援を利用しよう

近年、独立開業やベンチャー企業の立ち上げなど以前よりも「起業」にたいして意欲的な方が徐々に増えてきています。しかしせっかく立派な志を持っていても最初に立ち止まってしまう壁として「資金不足」という問題はどの業種・業態でも避けては通れません。そこで日本政府や各地方自治体が中心となって将来有望な起業家たちをあらゆる角度からバックアップするのが独立開業支援です。このページではその独立開業支援制度について、特徴や詳しい内容について紹介します。是非参考にしてください。

独立開業支援制度とは?

金銭面・情報面等の支援を受けられる

独立開業支援、もしくは創業支援制度とは、国や一般の団体などがこれから事業立ち上げを考えている方や既に開業しているが事業に行き詰っている経営者に対して、金銭的な支援や運営に関してのあアドバイスなど情報面でサポートする制度です。「独立して起業したいけれどお金が足りない」「収益がなかなか確保できない」などの悩みは事業展開の妨げになり兼ねません。そこで是非利用してもらいたい制度が独立開業支援です。比較的低リスクでハイリターンな制度のため積極的に利用を検討してみましょう。

独立開業支援の主な内容

用途・目的によって異なるサポート内容

起業を志している方、事業を展開している方をサポートする独立開業支援では主に金銭面の援助や情報の提供また知識の共有や経営アドバイスという形で支援を行っています。まず金銭面に関してですが、融資・助成金・助成金の3種類があります。例えば資金集めの際に銀行や信用金庫から融資を受ける方法が一般的ですが、国や各地方自治団体では起業家向けの助成金・補助金の支給を行っています。国や地方自治体が国民に対して積極的に推進している「起業」や「開業」を支援するための助成金や補助金は双方とも原則として返済の義務はなく、無利子ですが利用するためには細かな資料準備や厳しい審査があるため誰もが受け取れるというわけではありません。しかしその分大きなメリットもあるためぜひ活用してみましょう。

独立開業支援を行っている主な団体とその特徴

日本政策金融公庫

日本政府の金融機関である日本政策金融公庫では、資金融資という形でこれから起業を目指す方や小規模事業者をバックアップします。日本政策金融公庫の開業支援は銀行などの金融機関と比べて比較的スピーディに手続きを進めることができ、担保や保証人なしで融資を受けることができるため、すぐにでも事業を始めたい方にオススメです。最高で3,000万円までの融資を受けることができ、少額での借り入れも可能なため多くのメリットがある開業支援だといえます。

銀行・信用金庫

銀行や信用金庫など金融機関から融資を受けることが事業を始める際に必要な資金集めの最も一般的な手段です。融資を受ける際は保証人や担保が必要なため日本政策金融公庫の融資よりもリスクが伴い、また審査も厳しい場合があります。銀行や信用金庫から融資を受ける場合は利息も付き、申請書類の準備の大変なため利用する場合はしっかりと検討する必要があります。

経済産業省

主に日本の経済活動や一般産業の発展などを管轄しているお役所である経済産業省から補助金を受けることができます。経産省では各地域の活性化や経済活動の発展を目的とした小規模事業や開業を目指している方の支援も推進活動の一環として行っているため、該当者は是非その補助金を利用してみましょう。経済産業省の創業支援では補助金のみで助成金の支給は行っていません。

厚生労働省

主に労働・社会福祉活動、また雇用などを管轄しているのが厚生労働省です。厚生省では職場での専門知識やスキルアップ、労働者の雇用促進など行っているため、例えば高齢者や障碍者、第二新卒者を雇った際に利用できる助成金があります。

地方自治体・他民間団体

全国の地方自治体では、事業展開や開業による地域の活性化や移住者の呼び込みなどを目的とした助成金や補助金を支給しているところもあります。国のお役所によるそれらと異なり、より地域密着型の支援がうけられることが最大の特徴です。しかし、開業する業種や業態によっては支給を受けられない場合や支援制度自体行っていない自治体もあるため利用の際は事前に確認しましょう。

助成金や補助金を利用する際の注意点

誰もが利用できる・・・わけではない

助成金や補助金を利用する事によって事業展開を円滑に進めることは確かですが、先ほども述べましたが誰もが利用できるわけではありません。よい優遇内容の支援制度になる程その分利用を希望する人の倍率も高くなるし、厳しい審査を突破するためには入念な事業計画書の設計や書類の準備が必要となります。中には申請から受け取りまで時間がかかる場合もあるため、利用を検討している方は余裕をもって準備しましょう。 また特に補助金に関してですが、補助金を受けることができるからと言って自己資金の準備を全くしなくてもよいというわけではありません。補助金の場合、すでに開業している事業の開業資金や運営資金を後から付加的に支給するという仕組みのため、ある程度の準備資金は必須です。

独立開業支援を利用して事業を成功へ導こう

独立起業を考えている方、もしくは新しい事業展開を考えている方にが必ずと言ってよいほ立ち止まってしまう問題が開業資金です。実際に事業を始められたとしても収益がなかなか上がらずに悩んでいる方、運営費や人件費がかさんで経営そのものに行き詰っている方は少なくないと思います。国や各地方自治体、その他団体が主体として行っている独立開業支援制度を利用すれば確実に事業展開をしやすくなります。一般的にハイリスクで成功が低いとも言われている独立起業もこの制度を利用することによって起業未経験の方でも安心して始められます。しかしこの制度を利用する際には入念な準備や受給には厳しい審査があります。そのため支援制度を利用する際は各専門機関の情報を事前に確認し滞りなく準備ができるように努めましょう。ありがとうございました。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする