フランチャイズ相談所

FC起業するなら知っておきたいフランチャイズの種類

FC起業するなら知っておきたいフランチャイズの種類

一言にフランチャイズと言ってもその種類は様々で、契約内容、契約方法や開業後の運営形式によって異なります。フランチャイズ起業を考えているのであれば後でトラブルを起こさないためにもこれらの違いや詳細をあらかじめ理解しておく必要があります。そこでこのページでは、ライセンスに関するシステム上のフランチャイズ、事業展開・運営に関するフランチャイズの主な2分野に関するそれぞれの種類について紹介します。是非参考にしてみてください。

ライセンス(使用承諾)に関するシステム上の種類

商標ライセンス型FC

伝統的フランチャイズとも呼ばれる商標ライセンス型フランチャイズは最もオーソドックスな形式で、例えば自動車会社などの製造業者が、自社の自動車部品や製品を自社の商標やロゴ、ブランドを販売する際に使用許可を与えるフランチャイズ契約の一つです。

ビジネス・フォーマット型FC

ビジネスフォーマット型は今現在展開しているフランチャイズで最も一般的な形式です。小売り、飲食、サービス業等の全ての分野に多いビジネスフォーマット型の特徴は、フランチャイズ契約を結ぶ際に既存の成功しているビジネスモデルや企業の経営ノウハウなどとセットにその企業のチェーン名の使用権が付与されます。飲食店などの店舗が必要な有形ビジネスの場合、加盟店のオーナーが実際に運営することになる店舗は付与されませんが、必要な場合は本部のアドバイスや支持を仰ぎながら物件探しや内装工事など開業に必要なサポートを受けられることもあります。

コンバージョン型FC

コンバージョン型フランチャイズは主に建築・リフォーム、ホテル、不動産業などに多い形式で、既に事業が展開しいる同業者と契約を結び組織化することで事業展開をします。コンバージョン型は同業者と契約を結ぶため、加盟者が前職で習得したスキルや知識ノウハウをそのまま活かせることや統一的な教育による効率的な事業展開ができるという点がメリットとなります。たとえば、建築・リフォーム業界で働いていたフランチャイズ加盟者がこの形式を使うことで、建築やリフォームの技術やスキル、知識をそのまま加盟後も反映して仕事をすることができます。

「知っておくべきフランチャイズの仕組みとは?」はこちら

事業展開・運営に関するシステム上の種類

単体型FC

単体型フランチャイズ契約は、フランチャイザー(本部)とフランチャイジー(加盟店)がそれぞれ個々に契約を結び展開する形式です。フランチャイズビジネスにおいてフランチャイジーは複数のフランチャイジーと契約を結ぶことが可能で、複数経営をおこない大きな利益を出しているフランチャイジーはメガフランチャイジーと呼ばれます。

複合型FC

単体型フランチャイズに対して複合型フランチャイズはエリアエントリー方式とも呼ばれ、フランチャイザーがある一定のエリアにおいて、開発力があり、経営者としてのスキルがあるフランチャイジーに対してその地域においての新店舗開発権を条件付きで付与する仕組みです。その指定された地域内であるならば直営店の出店ももちろん可能です。 地域が国レベルで指定されている場合はマスターフランチャイズと呼ばれ、各加盟店にとってのフランチャイザーはマスターフランチャイズの事業者となります。例えば、全世界に事業展開している大手ファストフード店マクドナルドの場合、日本国内においてフランチャイズ店をオープンするのであれば、フランチャイザーはアメリカ、イリノイ州にあるマクドナルド本社ではなく、日本マクドナルド株式会社です。

ターンキー型FC

ターンキー型フランチャイズは主にコンビニエンスストアなど物販店を代表するフランチャイズ形式で、加盟者は研修を受けた後に本部が用意した店舗のカギを受け取ればすぐに開業できるというのが最大の特徴です。ビジネスフォーマット型との大きな違いは、加盟者自ら事業を行うための店舗や物件を用意する必要がないため、コストを大幅に抑えられるのがターンキー型の魅力です。しかしこの形式にはいくつかのデメリットもあり、加入する際の年齢制限や契約期間など細かな条件があるため、契約前にしっかり確認する必要があります。

まとめ

以上がおもなフランチャイズの種類とその特徴になります。このほかにも数種類のフランチャイズも存在しますが、これらのフランチャイズ形式の違いをあらかじめ理解しておくことで事業展開を円滑に進めることができます。ありがとうございました。

FC起業するなら知っておきたいフランチャイズの種類

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする