フランチャイズ相談所

フランチャイズ・暖簾分け・代理店の違いや特徴、仕組みについて解説

フランチャイズ・暖簾分け・代理店の違いや特徴、仕組みについて解説

近年少しずつではありますが、自らビジネスを興し会社やお店を開業することに関心を持つ人が増えてきています。しかし、一言に開業と言ってもその種類は様々で、業種・業態、また経営スタイルによってその数はたくさんあります。特に代表的な開業方法であるフランチャイズ、代理店、そして暖簾分けがあります。そこでこのページでは、それら3つの開業スタイルの特徴や仕組み、またフランチャイズと暖簾分けの共通点や違いについて紹介します。これから実際に開業を考えている方、開業に興味のある方は是非参考にしてみてください。

「フランチャイズと名板貸の違い」はこちら

暖簾(のれん)分けとは?

江戸時代からあるビジネススタイル

暖簾分けとは、

ある企業やお店に長期間、正社員として働いた従業員が独立する際に、その会社の屋号や権利、また格式や技術を提供し、独立をバックアップするビジネスシステム

です。暖簾とは、老舗のお店などの門についているもので、そのお店の商号や屋号が記されていることからシンボル的なものです。暖簾分けは、江戸時代から現在に至るまで続いている商制度で、主人の下で長年奉公人として修業した弟子が独立する際に主人がその独立を支援することから始まったといわれております。

暖簾分けの特徴として、飲食店、ラーメン屋などの比較的小規模なお店が多く、この制度を利用して開業する際に屋号もそのまま引き継ぐことも可能なため、その店の知名度で集客もしやすいのが暖簾分けの最大のメリットです。特にサービス業界において人手不足が叫ばれる中、この制度を導入することによってそれらの解決策となり、企業側そして新たに出店する店舗側双方に利点があることから多くの企業でも暖簾分けが採用されています。

代理店とは?

販売契約を結んだお店

代理店とは、

一般的に商品の販売や原料の仕入れなどの業務を代理として行う契約を結んだ店舗・会社

を意味します。代理店契約の場合、近隣の代理店同士が競合したり、独占して販売することを避けるために同じ地域の代理店数を限定する場合もあります。また、一つの代理店が複数の会社と契約することが可能なため、豊富な種類の商品を扱う事も可能です。

フランチャイズとは?

信頼関係の上に成り立つビジネス

フランチャイズとは、

一般的にフランチャイザーと呼ばれる本社・本部とその加盟店オーナーであるフランチャイジーの間でフランチャイズ契約を結び事業を展開していくシステム

です。加盟店オーナーが開業する際に、本部は当社の商標や商品を販売する権利、経営ノウハウ、経営指導などが履いたフランチャイズパックを提供し、その対価としてオーナーは本部に対して一定額のロイヤリティを支払います。双方の信頼関係の構築が、お互いの利益に影響します。

暖簾分けとフランチャイズ契約との共通点と違い

以上が暖簾分け、代理店、そしてフランチャイズの主な特徴になります。そこで、開業を考えている方の中でも特に注目を集めている暖簾分けとフランチャイズの共通点と相違点についても紹介します。一見似ているようで全く違うポイントもあるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

共通点① 低リスク・低コストで開業が可能

暖簾分けとフランチャイズの共通点として、まず低リスクでコストを抑えながら開業できるということが挙げられます。双方のシステムでは、ある店舗に長期間勤めた従業員、もしくはフランチャイジーが事業を始める際に必要な経営マニュアルや指導を受けることができるため、起業未経験の方でも比較的低リスクで安心して事業を始めることができます。 また、事業を始めるための店舗も本部や総元の店舗・会社が最適な物件の確保、商品の仕入れなどもサポートしてくれる場合もあるため、個人で起業するよりも圧倒的にコストを抑えることができます。

共通点② 開業後のサポート

2つ目の共通点として、双方とも実際に開業した後に本部からのサポートを受けることができます。フランチャイズ契約ではスーパイバイザーによる定期的な指導や教育を受けることができ、暖簾分けでも店舗の経営が上手くいかない場合や利益に伸び悩んでいる際に、本部の会議に出席し、直接アドバイスを受け相談に乗ってもらえる場合もあります。開業後にこのようなサポートを受けることによって経営上の問題の解決やトラブルの回避、収益アップにも繋がるため、積極的に利用することをオススメします。

共通点③ ブランド力による集客

業種・業態問わず、事業を成功に導くためには顧客を確保することが必要不可欠です。個人でゼロから開業するよりもこれらの制度を利用して事業を始めた方が圧倒的にお客さんは集まりやすいです。というのも本部・もしくは本店のすでにある知名度やブランド力をそのまま引き継いで事業を始めるわけですから自然と顧客もついてきます。認知度・ブランド力による集客のしやすさという共通点が双方の開業システムにおいての最大の魅力とも言えます。

しかしこの点において注意点もあります。それは、たとえば加盟店や暖簾分けで開業した店舗の1つで問題や不祥事が生じた場合、そのブランド本部全体のイメージダウンに繋がってしまう事です。「のれんに傷をつける」という言葉もあることから、ブランチ店舗として開業したお店が本店に悪影響を与えてしまう事もあるため、十分に気を付ける必要があります。

違い① 加盟金・ロイヤリティの有無

フランチャイズ契約の場合、原則として月ごとに本部に対してロイヤリティと呼ばれるお金を払うことになっています。また契約を結ぶ際にも経営指導料などの名目が含まれた加盟金を支払います。一方で暖簾分けでは一般的に本部・本店に対する支払いは生じません。

違い② 経営の自由度

フランチャイズと暖簾分けの最大の相違点として、経営の柔軟性が挙げられます。フランチャイズの場合、加盟した店舗の経営方針や商品販売はすべて本部のマニュアルに従って行うため、オーナーの好みで運営することは不可能で、新商品の開発も難しいです。一方で暖簾分けでは経営方法などは独自で設定することが可能なため、比較的経営の自由度と柔軟性は高いです。

フランチャイズ・暖簾分け・代理店の違い|まとめ

これから新しく事業を始めようとしている方は、フランチャイズ、代理店そして暖簾分け制度についてそれらの特徴を事前に知っておく必要があります。いずれのシステムを利用するにしても自分に適した経営方法を選択してビジネスの成功につなげましょう。ありがとうございました。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする