column

コラム

フランチャイズ相談所

2018年から始まった就労定着支援制度って何?

2018年から始まった就労定着支援制度って何?

2018年4月から、障がい者、もしくは難病を抱えている方を対象とした、一般企業に就職した際の様々なバックアップを行うための制度、就労定着支援が始まりました。最近施行されたばかりの新制度のため、まだまだその認知度や理解度は低いですが、実際に障害や難病などの社会的ハンディキャプを抱えている方にとても有益な制度なので利用する際にあらかじめ理解しておく必要があります。そこでこのページでは、就労定着支援の主な特徴や事業内容について詳しく紹介します。是非参考にしてください。

「今の時代に知っておきたい就労移行支援と就労継続支援の違い」はこちら

新制度、就労定着支援とは?

障がい者が快適に働くための福祉サービス

身体的・精神的・知的に障がいのある方や難病を抱えている人は、健常者のように普通の日常生活を送り、社会活動をすることが困難です。そのような方が実際に社会に出て働く際にできるだけ負担を取り除き、快適に働きやすい環境を整えるための就労定着支援が2018年4月から始まりました。 就労定着支援は、障害者総合支援法に基づく福祉サービスの一つで、主に障害のある方、障害総合支援法の対象疾病に含まれる難病を持っている方など社会的ハンディキャップを抱えている方を対象とした、職場での快適な環境づくりをするために始まった新制度です。 この制度が始まる前までは、一般スキルやビジネススキルを身に着けるための就労移行支援、実際に雇用契約を結び職業訓練の場を提供する就労継続支援の福祉サービスを行っている各事務所が、対象者が実際に就職した後のケアも行っていましたが、年々増えてくる働く障がい者の需要に合わせてこの制度が確立されました。実際に一般企業等に就職した当人と定期的に面会を繰り返し、そのつど仕事についての相談に乗ったり、生活面の問題トラブルなどの解決に努めます。徐々に面会回数を減らしていき、最終的には自立して雇用者側と信頼関係を結べることを目指します。

就労定着支援の主なサービス内容・特徴

就労定着支援では、主に就労者の生活面・健康面・就労面の3つの角度からサポートしています。障がいのある方や病気を抱えながら働く方にとって、就職する事だけでなく就職した後のアフターケアも必要不可欠となっています。そのため各事業所のスタッフが定期的な面会を通じて、一般就労者との良好な関係作りや働きやすい環境づくり、また生活面のケアも行います。

就職した者の就労面のケア

障がいのある方や難病を抱えている方にとって、通常通りに業務を全することが一番困難な課題であると言われています。そのような就労面でのケアをすることも就労定着支援の重要な役割の一つです。就職先の企業の同僚や上司と円滑にコミュニケーションが取れているか、人間関係は良好かなどを考慮し、職場での快適な環境づくりをバックアップします。その他にも仕事でのトラブルやミスはないか、仕事に関する問題について一緒に解決を目指します。

就職した者の生活面のケア

職場での通常業務を全うするためには生活面のケアも必要不可欠となります。就職したことで何か日常生活で支障をきたす問題はないか、生活において周りの人間関係はどのようになっているのか、またもらった給料などの金銭的管理はしっかりできているかなど、就労面だけでなく安心して日常生活が送れるためのサポートも行っています。

就職した者の健康面のケア

特に病気を抱えながら働いている方は、健康面の管理を全て一人ですることは難しいです。そのため就労定着支援の一環として、当人が普段利用している医療機関等と連携しながら健康面のケアを行います。働き始めて何か身体的、精神的に負担はないか、体調管理はしっかりできているか、処方されている薬はしっかりと飲めているかなど細かくチェックすることによって、問題なく働くための後押しをします。

就労定着支援の利用期間

就労面、生活面、そして健康面の3点のケアが就労定着支援の主なサポート内容となります。就労定着支援の利用期間は最大で3年間と定められており、1年ごとに各地域の自治体などに出向き、支給決定機関の更新を行う必要があります。 就労移行支援、もしくは就労継続支援を経て約半年間の間は各事業所が職場定着支援を行い、その後の最大3年間就労定着支援としてサポートします。同じ事業所が引き続き支援を継続するのが一般的ですが、就労者本人の意向や健康状態などを考慮した際に、障害者就業・生活支援センターや他の事業所が請け負う可能性もあります。

就労定着支援 まとめ

絶対に知っておきたい就労定着支援

身体的・知的・精神的に障がいのある方や難病を抱えている方にとって、普通に通勤し会社で働くということだけでもかなりの負担がかかります。そのような負担を可能な限り取り除き、彼らが少しでも働きやすい環境を作るために始まったのが就労定着支援です。就労定着支援は、働く障がい者の需要が高まってきたことによって発足した新制度でまだまだ認知度の低い福祉サービスですが、将来的に誰もが働きやすい職場、暮らしやすい社会を目指すためには皆さんがこのような制度について理解を示すことも重要になってきます。ありがとうございました。

2018年から始まった就労定着支援制度って何?

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする