フランチャイズ相談所

準備が起業の成功を左右する!起業の準備期間に絶対にすべき7項目

準備が起業の成功を左右する!起業の準備期間に絶対にすべき7項目

起業が成功するかどうかの大部分は起業の準備が十分かどうかに大きく依存し、起業の準備期間に何をするかが非常に重要です。しかし準備が重要だからと言って、ただ闇雲に起業の準備をすれば良いというわけではありません。時間や人員などのリソースには限りがあり、いかに適格に必要なことへリソースを正しく割けるかが重要となります。そこで、準備期間にすべきことの優先度に基づいて、「これだけは絶対にすべき7つのこと」をチェックリストにし、準備期間にすべきことの全体像を簡潔にまとめてみました。また、各項目が重要となる理由や具体的に何をすれば良いかなども掘り下げて紹介しています。起業に向けて準備中の方はもちろん、起業に興味のある方向けの記事にもなっています。

起業の成功は準備で決まる

「チャンスは備えあるところに訪れる」という言葉を耳にしたことはありませんか?起業においても、まさしくそうです。準備を怠っていると、たとえチャンスが巡ってきても、そのチャンスを活かすことができません。それどころか、準備不足は後々の事業の進展に悪循環を及ぼす原因にもなりかねません。起業では準備が非常に重要です。

起業失敗の原因はすべて準備不足にあり!

事業が失敗する主要なタイミングは、主に起業前と起業直後、そして、経営が完全に軌道に乗るまでの期間に集中しています。起業前は資金難に陥りやすく、起業直後はスキルや経験不足によって事業が失敗しやすいです。また、経営が完全に軌道が乗る直前の期間は、慢心や競合他社の進出、環境の変化などによって躓きやすい期間となっています。 そして、これらは遍く準備不足によるものです。十分な資金を確保する「準備」、起業時に必要となるスキルを事前に把握、習得しておく「準備」、市場変化などをしっかりリサーチする「準備」の不足が原因なのです。あらゆる状況にも柔軟に対応できるように事前に準備しておくことが、起業で成功するための最大の秘訣です。

起業準備はいつからすべき?

起業では非常に準備が重要となります。起業の準備期間は目安として1年間以上が適切でしょう。準備は非常に重要なので、準備期間が長いことに越したことはないですが、業種などによっては、いかに早く事業を確立、市場に参入するかが重要となることもあります。あくまで、1年間という期間は1つの目安として捉えてください。ただ、想定外のことが起きても対応できるように、起業準備期間は余裕を持って確保した方が無難です。

サラリーマンからの起業で重要となること

サラリーマンからの起業では、いつまでに何をやるか、明確に期限を決め、期限内にしっかりと実行に移すことが重要となります。仕事の忙しさと両立しながら起業準備をする必要があるからこそ、期限の設定とその期限内での実行が非常に重要です。そして、忙しいからこそ、サラリーマンから起業するには、短期間で集中的に起業準備をする本気度が必須です。

「脱サラして起業に成功する人、失敗する人の特徴とは」はこちら

起業準備期間に絶対にすべき項目【チェックリスト】

<起業の準備期間に絶対にすべき7項目>

・起業、営業に関するセミナーを受講

・資金集め

・社長としての自覚を持つ

・起業成功者とのコネクションを持つ

・情報の収集と精査

・事業計画書の作成

・事業用Webサイトの作成

起業、営業に関するセミナーを受講

起業するにあたり、まずは起業に関する包括的な知識や全体像を知ることが重要となります。また、起業後はお金を得て売り上げを得ること、つまり、営業力が必須となります。そのため、起業や営業に関するセミナーには、起業準備のための準備として、最低1度は参加した方が良いです。

資金集め

知識やノウハウがあっても、お金がなければ起業は絶対にできません。資金をいかに集めるかが起業準備での最初の難関となります。起業を決心したら無駄遣いは控え、定期預金などの換金性の高い手段で貯金を行い、起業資金を少しでも多く確保するために尽力しましょう。また、お金を借りる際は、借りる銀行や金融をしっかりと吟味しましょう。

社長としての自覚を持つ

起業をしようと決心した時から、自身が社長になることの自覚を持ちましょう。経営方針などの決定や事業の命運を左右する重大な責任を持つことを自覚し、早い段階から意識的に社長としての言動を心がけましょう。社長としての自覚を持つことで、大局的な視点から事業の方策を検討できるようになります。

起業成功者とのコネクションを持つ

起業は多くの方にとって初めてのこと、つまり未経験のことです。この経験不足を手っ取り早く、かつ強力に補える方法こそが起業成功者とのコネクションです。起業を成功した先輩がどのように起業を成功させたかや、逆に、どこを反省しているかなどを聞くことで、経験の欠如を補え、アドバンテージに変えることができます。

情報の収集と精査

起業において、知っているか知らないか、つまり「情報」は非常に大きな差となります。ただ、ネット社会の現代では非常に多くの情報を簡単に得られる一方で、それらの情報の中には信頼性の低い情報が混在するうえ、真に望む情報が埋もれやすくなっています。そこで重要となるのは、求めている情報に関連性が強く、かつ信頼性の高い情報を多く収集する情報収集能力です。また、情報の新しさもネックとなります。SNSやキュレーションサイトなどで新しい情報へ網を張りながら、得た情報を精査してどのように行動へ還元していくかも非常に重要です。

事業計画書の作成

事業計画書というと、非常に堅苦しく大変で手を出しにくく感じるかもしれません。確かに、作成作業は煩雑で面倒ですが、その分、非常にリターンが大きいです。まず、事業所作成によって、何をしようと考えているのかを頭の中だけにとどめるのではなく、言語化し、他人が理解できる形へ昇華できます。 事業計画書によって個人レベルで閉ざされていた考えが、第三者にも理解されるのです。自身の考えが他者に伝わることにより、議論やアイディアが生まれ、新しい発見や進展につながります。また、事業計画書作成時点の考えを、自身で後々振り返ることができる点も非常に大きなメリットです。当時の考えを客観的に振り返り、反省や分析をしっかり行うことで、今後の糧となります。

事業用Webサイトの作成

営業や名刺交換などで自社に興味を抱いてくれた方が、真っ先に見てくれるのは会社のWebサイトです。その際に、会社のWebサイトが見つからないと、信用性の低下に繋がります。そして、一度下がった信用は取り戻すのはかなり大変です。そのため、起業時には事業用のWebサイトが作成できていることが望ましいです。ただ、起業前という忙しい時期にWebサイトを100%完成させるのは難しいです。100%の完成形でなくて良いので、必須情報や主要事業内容などの最低限の情報やある程度の体裁は整えて、Webサイトを公開しておきましょう。また、キーワード検索に引っかかるようになるにはある程度の期間がかかります。なるべく前もってWebサイトを公開しておきましょう。

準備期間を有効に活用して起業を成功へ

起業で失敗する理由はすべて準備不足に起因します。つまり、準備期間に何をするかが起業の成功を握るカギのです。準備期間はなるべく長い期間を用意し、準備は決して怠らないようにしましょう。特に、「起業の準備期間に絶対にすべき7項目」は起業の準備において最重要な項目です。これだけは最低限抑え、起業での成功を勝ち取りましょう。

準備が起業の成功を左右する!起業の準備期間に絶対にすべき7項目

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする