フランチャイズ相談所

開業資金が足りない!?補助金・助成金を利用して賢く起業しよう

開業資金が足りない!?補助金・助成金を利用して賢く起業しよう

「起業したいけどお金が足りない・・・」このような理由で起業を断念してしまう方は決して少なくありません。確かにゼロの状態から何か新し事業を始めようとすると、それなりに高額な費用が掛かってしまいますし、そのビジネスが必ずしも成功するとは限りません。しかし、せっかく起業しようと思い立ったのなら、万全の状態で事業を進めていきたいですよね。起業の際に必要な資金面に関して不安を少しでも取り除くために、政府をはじめとする地方自治体や一部企業では、起業活動を推進するために補助金・助成金の支給を行い、金銭面でサポートしています。補助金・助成金いずれを利用するにしても損はないので、起業を考えている方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。このページでは、そんな補助金・助成金の基本的な情報や利用する際に注意したいことについて紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

補助金と助成金の違いとは?

起業や事業展開を考えているのであれば、絶対知っておきたい補助金と助成金ですが、双方とも原則として返済する必要がない支給金です。そのため一見似ているように思われますが、それぞれの目的、用途によって役割が大きく異なります。また実際に利用するまでには入念な準備が必要で厳正な審査もあり、誰もが利用できるというわけではありません。まず補助金と助成金の簡単な違いについて理解しましょう。

補助金

そもそも補助金とは、国や地方自治体が、国民に対して「推進してほしいこと」を実践してもらうために支給するものです。起業も日本の経済活動を活発にするための推進活動の一環であるため、これから起業を考えている方、すでに起業している方は補助金を受け取ることができます。しかしすべての起業家に支給しているわけではなく、厳しい審査に通らなければ受け取れません。また支給額も少額~高額までさまざまで、応募期間も限定されているのが補助金の特徴です。

助成金

補助金が社会的に推進したいことにチャレンジする人に支給する給付金であることに対して、助成金は、社会的に何か問題を抱えてる人、何か困っている人をサポートするための給付金です。助成金も公的資金ですが、基本的に補助金に比べて少額なのが特徴です。

「知っておきたい!フランチャイズの助成金と補助金の基礎知識」はこちら

知っておきたい補助金・助成金の種類

一般的に、補助金や助成金は政府や地方自治体、民間団体から支給されており、我々が納めている税金によって賄われています。まず各団体が支給している補助金・助成金について紹介します。

政府

国からの助成金・補助金は主に経済産業省と厚生労働省が管轄しています。経産省からは主に地域の活性化や中小企業・ベンチャー企業など比較的小規模な企業をサポートするための補助金を支給しております。一方厚生労働省は、もともとの管轄が福祉や労働、雇用問題であるため、各企業の雇用拡大、労働者の職業能力向上のための助成金を支給しています。

地方自治体

各都道府県、市区町村の地方自治体でも地域の経済活動活性化のため各企業に支給している所もあります。地方自治体が主催している給付金のため、より地域に密着した独自の事業などは積極的にサポートする傾向があるので、的さえ得ればほかのに比べて申請しやすいかもしれません。しかしすべての自治体が行っているわけではないので、各自治体のホームページをチェックしてください。

民間団体・企業

一部の公益団体や民間企業でも、起業活動、新事業促進のための補助金・助成金の支給を行っている所もあります。しかし、中には悪徳団体も実際に存在するため、利用する際はその団体についてしっかり下調べしたうえで利用するようにしましょう。

補助金・助成金を利用する際の注意点

最低限の自己準備資金は必要

補助金や助成金を利用できるからといって、それらですべての開業資金を賄おうとしてはいけません。補助金・助成金はあくまでも起業する際に必要となる開業資金の「一部」を補うものなので、最低限の資金は自分で用意する必要があります。そもそも起業にかかる資金すべてを、たとえ最高額の支給を得たとしても賄うことは不可能です。また補助金に関して、補助金を申請する際には、実際に使用した経費を計算した上で申請、そして受給という流れになっており、審査も厳しめなため、最初の資金をある程度自分で用意する必要があります。

補助金・助成金申請の倍率

補助金や助成金は、その種類によっては大きなメリットを得られるものもあるため、その分申請する際の倍率も高くなります。銀行からの融資や出資に比べて、助成金や補助金は返済義務がないうえに利用するリスクもないため、利用しようと考えいている人が多いのは当然のことです。しかし補助金や助成金は他でもない我々が納めている税金から支給されているため、厳正な審査に通った一部の個人や企業しか受け取れないのです。

申請準備は入念に

高倍率の応募をすり抜け、少しでも審査に通りやすくするためにも、申請準備は入念に行わなければなりません。補助金・助成金申請のための準備は、数多くの書類を用意しなければなりません。どのような事業を始めるのかを具体的に記した事業計画書、その事業に必要な経費を細かく記した収支計画書やその他申請書類など用いて、「事業の価値」を最大限にアピールする必要があります。そのため、申請準備の段階だけでもかなりの時間を要することを考慮しながら事業展開を進めていきましょう。

補助金・助成金を利用して起業しよう

以上で紹介したように、一言で補助金・助成金といってもその種類は様々で、支給される側によってその目的も変わってきます。起業や新しいビジネス事業を展開しようと考えている方をサポートする補助金や助成金は、国を始め地方自治体、その他民間団体によって支給されています。しかし、それらを利用するためには、「サポートする価値のある事業」ということを証明するための入念に練った事業計画書やその他準備が必要となります。実際に補助金や助成金の支給を受けるためには狭き門を通らなければなりませんが、それらを利用して損は絶対にないのでぜひ興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

開業資金が足りない!?補助金・助成金を利用して賢く起業しよう

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする