フランチャイズ相談所

働き方改革!起業するための3ステップと必要な知識や手続きについて

働き方改革!起業するための3ステップと必要な知識や手続きについて

今日の日本社会では、徐々に働き方というものが多様化し、従来のスタイルも見直されてきています。そこで近年注目され始めてきたのが起業です。起業に成功すれば会社勤めだったころに感じていた人間関係などのストレスから解放され、自分の時間を有効に使える、このような利点があります。しかし一方で、起業のリスク、また起業に関する知識不足から、なかなか前に踏み出せない人が多いのが現実です。そこでこのページでは、起業する際に必要なものと実際に起業するまでの具体的なステップを紹介します。

起業する前に必要な4つのもの

必要なもの①:事業計画

「今の会社を辞めて起業しよう!」と意気込んでも具体的に何をするかが決まっていないと何も始まりません。しかし、特に起業未経験者の方は何を始めたら良いか、その案がなかなか思い浮かばないと思います。そんな時はまず「自分が好きなこと」「趣味」「特技」などを考え、それらが最大限に生かせる事業内容を考えましょう。 「稼げそうだから」「人気だから」という理由だけで事業を始めてしまうと、実際にその事業を運営している際に、当初のイメージと現状に差が生じてしまい、モチベーションの低下につながります。常に事業に対するやる気・根気を維持するためにも、自分が得意なことや最も興味があることを参考に事業展開していきましょう。

必要なもの②:準備・開業資金

いうまでもなく、起業するためにはお金が必要となります。具体的な金額は業種やビジネスの規模によって異なりますが、準備資金として用意する金額は約200万~500万円が相場です。仮に脱サラして起業を考えているのであれば、会社を辞め起業する際に、もちろん今までサラリーマンとしてもらっていた給料はなくなり、収入は実質ゼロ円です。そのため、準備資金のほかにも、起業してその事業が軌道に乗るまでの生活費も用意する必要があります。 しかし、それほどの大金をすぐに準備できる人は少ないでしょう。銀行から融資を受けるという手段もありますが、政府や各自治体の一部では、起業する人をサポートするための推進活動の一環として補助金や助成金を支給している所があります。それらの助成金や補助金は、銀行からの融資よりも比較的利用しやすく、審査や条件さえ満たせば申請できるのでぜひ利用してみてください。

必要なもの③:専門知識

起業するためには膨大な数の専門知識が必要となります。一事業の運営者になり、将来的には雇用する側になるかもしれません。そのため、もちろんビジネス経営に関する知識、税金や収益帳簿を管理するための会計知識、また会社設立・運営の手続きの際に必要な法的知識などの知識を習得する必要があります。 すべての知識を完璧に習得する必要はありませんが、企業には責任問題はつきものなので最低限の知識は身につけましょう。

必要なもの④:宣伝物の作成その他

起業の種類には大きく分けて2通りあり、実際に店舗を持ち、その店舗で飲食店などを経営する方法と、ネット上で事業を立ち上げ、店舗を持たずにネット上で事業を運営する方法があります。しかしいずれの場合も必要になるのが、その事業をPRするための宣伝材料です。その事業を運営し顧客を得るためのホームページの作成や、会社のロゴ、名刺、印鑑なども忘れずに準備しましょう。

「準備が起業の成功を左右する!起業の準備期間に絶対にすべき7項目」はこちら

起業するまでの3つのステップ

ステップ①:自己分析・事業内容の決定

起業するための最初のステップとして、自己分析が必要となります。なぜ自己分析をする必要があるのかというと、自分に最適な事業案・事業内容を決めるためです。これから始めて起業を考えている方の多くは、ネットで調べたり、自己啓発本を読んだりして、これまで起業で成功を収めてきた会社や人の事業内容を参考にすると思います。 しかしそれらも大切ですが、いくら成功してきた前例を真似ようとしたところで、100%自分の事業が成功するという保証は全くありません。というのも、人それぞれ性格や人間性が違い、向き不向きがあるため、過去に成功を収めてきた会社や人間は、たまたまそのやり方が適していただけです。 そのため、自己分析をすることによって、「そもそも自分はどのような人間なのか」「自分には何が向いているのか」「何のために起業するのか」「なぜ起業するのか」などを徹底的に分析、判断することによって自分だけに適して事業内容を決定することができます。 将来的に一事業のトップとなろう者の信念や価値観が確立されていないと、その事業が失敗するのは言うまでもありません。起業するためにはまず「自分を知る」必要があるのです。

ステップ②:事業計画書の作成・会社設立の手続き

自己分析をし事業内容が決定したら、具体的な事業計画を立てましょう。事業内容や事業規模、販売しようとしている商品やサービス、収益見込みなどを書面化することでより具体的に、そして客観的に自分の計画を精査することができます。この事業計画書には、起業する際に必要な準備資金や融資などの具体的な金額を記しておきましょう。 事業計画書の作成まで完了したら、いよいよ起業のための会社設立手続きをします。会社設立手続きは会社組織(法人)で運営する場合のみ必要なので、個人事業の場合は手続きの必要はありません。

ステップ③:起業・運営

事業計画書の作成、会社設立の手続きが完了したらいよいよ開業です。しかし本当に重要なのは起業するまでの過程ではなく、起業してからの事業運営です。せっかく入念に立てた事業内容・事業計画を実際に事業を起こした際にその事業の運営のことに力を注がなければすべて台無しになってしまします。事業を生かすも殺すも事業主であるあなた次第です。

いかがでしたでしょうか。以上で事前に知っておきたい企業のために必要なものと起業までの具体的な過程を紹介しましたが、特にはじめて起業を志している方は、そのリスクや損害を考慮すると誰でも不安になってしまうものです。しかし、一歩ずつ着実に起業準備を進めていけばその不安を少しでも取り除くことができます。ぜひ自分だけのビジネスを立ち上げ、収益を得られるように精進してください。 ありがとうございました。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする