column

コラム

フランチャイズ相談所

フランチャイズ経営でチェーン展開を成功させるためには

フランチャイズ経営でチェーン展開を成功させるためには

最近、特に、コンビニや居酒屋などで身近となっているチェーン店ですが、経営形態は一つだけではないのを知っていましたか?チェーン店の主流な経営形態であるフランチャイズチェーンでさえも、直営店とフランチャイズ店の2種類に分かれます。さまざまな種類があるチェーン店ですが、特に、フランチャイズ店の増加に力を入れている企業が多くなっています。企業がフランチャイズ展開を進めるのには、フランチャイズに特有な大きなメリットがあります。 ここでは、チェーン店の紹介とともに、今、多くの企業が注目、参入しているフランチャイズのメリット・デメリットを、フランチャイズ本部の目線に立って紹介していきます。

チェーン店とは

コンビニや居酒屋に多いチェーン店ですが、経営形態は大きく分けてフランチャイズチェーンとボランタリーチェーンの二種類に分かれます。また、フランチャイズチェーンは直営店とフランチャイズ店の2つに細分化されます。

チェーン展開とは

そもそも、チェーン展開とは、同じブランドや企業で複数の店舗を出店し、運営拡大しながら管理を広げていく経営形態の一つのことを言います。一般的に、居酒屋、ファミレスなどの外食産業やコンビニエンスストアなどの小売業に多い経営形態となっています。チェーン店では一定水準のクオリティが保証されたサービスを受けられ、お客様が気軽に安心して利用しやすい環境が整っています。

直営店

直営店は、企業が社内の人材を登用してチェーン店を展開した店舗のことです。直営店のオーナーは社員の方となっており、直営店の主要な部分は全てこの社員の方が関わり、決定などを行います。直営店では、オーナーの異動が数年に1度ほど実施されるため、異動に伴いお店の雰囲気やサービスに変化が生じることも多々あります。

フランチャイズ店

フランチャイズ店は直営店と並び、かなりポピュラーなチェーン店の種類です。フランチャイズ店は、フランチャイズ本部と加盟店登録を交わした個人の方が、オーナーとなって店舗を出店、運営します。商品やマニュアル、ノウハウなどはすべて本部から支給、提供されるため、品質やサービスは直営店とほとんど同一です。フランチャイズ店ではオーナーの異動はないため、地域に密着したサービスに特化した店舗が多いのが特徴的です。

ボランタリーチェーンとは

ボランタリーチェーンは、複数の事業者が商材を共同で仕入れるという共通目的をもち、結束した経営形態のことです。店舗オーナー同士が自主的に手を組み、協力したチェーン店となっています。フランチャイズチェーンのような本部とチェーン店との1対1の契約関係とは異なり、ボランタリーチェーンではチェーン店同士の横のつながりが強くなっています。

「事前に知っておきたいフランチャイズとボランタリーチェーンの違いとは?」はこちら

フランチャイズとは

一般的にフランチャイズと言うと、フランチャイズ契約のことをいいます。この契約はフランチャイズ本部(フランチャイザー)とその加盟店(フランチャイジー)間の加盟店登録に関わる契約です。フランチャイズ契約によって、加盟店は本部の看板やブランド力を借り受けて店舗を出店できます。

フランチャイザーとフランチャイジーの関係性

フランチャイザーは商品やブランド力、店舗の運営マニュアル、経営ノウハウなどを惜しみなくフランチャイジーに提供します。一方で、フランチャイジーは加盟金やロイヤリティをその対価として支払います。このように、両者は等価交換の関係性にあります。

フランチャイズ本部と加盟店オーナーの関係性

両者の関係生は一見すると、企業とその社員という、雇用、被雇用の関係生に思えます。しかし、実際は、オーナーも立派な経営者としての側面をもつため、本部とオーナーは対等な関係に近くなっています。両者は互いに協力し合うことで、お互いの利益に繋がるビジネスパートナーの関係で、いかに密な関係性を築けるかが、フランチャイズ経営では重要となります。

オーナーとしてフランチャイズで起業するメリット

オーナーとしてフランチャイズで起業する最大のメリットは、本部のブランド力やサポートを享受し、知名度や商品を最初の段階から確立できることにあります。一般に、個人で自力で起業する際は、認知度や商品力、経営ノウハウなどがゼロの段階から初まります。一方で、フランチャイズを利用すると、これらを最初から持ち合わせた状態から始めることができます。しかも、起業に多く立ち会っているフランチャイズ本部からの指導も受けられる点も、起業に慣れていないオーナーにとっては心強い点となっています。

フランチャイズ展開による本部のメリット

上記では、フランチャイズ契約での本部と加盟店の関係性と、加盟店オーナー視点でのフランチャイズのメリットを紹介しました。ここでは、なぜ多くの企業が直営ではなく、フランチャイズで事業拡大を実施するか、本部側にとってのフランチャイズ経営のメリットを紹介していきます。

直営店の特徴

まずは、フランチャイズと対になる直営店での事業拡大の特徴を紹介します。直営店は、企業が直営する店舗なので、企業の本部自体が出店のための資金をすべて出資する必要があります。また、運営も本部が行うため、直営店のオーナーを本部の社員から人材登用します。また、オーナーの他にも必要な人材の選定も本部が実施するため、人材採用にリスクが生じます。このように、直営店の開店では、本部が多くのことに携わる必要性が生じて、本部のリソースを多く割かなければならないデメリットがあります。ただ、直営店では、本部がさまざまなテストを行えるという他のチェーン店形態に無いメリットもあります。

店舗展開を素早く行える

フランチャイズ展開を利用すると、直営店よりも素早く店舗数を増やせるというメリットがあります。直営店は、本部が起業や運営、人材登用に関するすべてを行う必要があります。一方で、フランチャイズ展開では、本部は主に、起業するオーナーのサポートのみを主に行うため、人材やリソース的な負担が少なくなっています。そのため、同時期に数店舗出店することも十分可能で、店舗展開のスピードを上げられます。

市場独占しやすい

直営店だと店舗展開のスピードが遅いですが、フランチャイズを利用すると短期間に多くの店舗を展開できます。そして、この店舗展開の素早さは、いち早く市場独占するために非常に重要となっています。市場の独占は経営戦略上、重要で認知度の向上や市場の確立に多大な影響を及ぼします。ライバル企業と差をつけ事業拡大を進められるフランチャイズ展開は、市場独占という経営戦略上、非常に重要なメリットとなっています。

資金をかけずに事業拡大できる

直営店では、出店にかかる資金を本部がすべて出資します。一方で、フランチャイズ展開では、店舗のオーナーが起業にかかる資金を出すため、本部にあまり資金力がなくても店舗を出店できる利点があります。本部は出店にあまり資金がかからないため、一度に多くの店舗を出店することも可能となっています。

フランチャイズ展開による本部のデメリット

フランチャイズ展開には、直営店運営には無い多大なメリットがありました。しかし、フランチャイズ展開にもデメリットはあります。ここでは、フランチャイズ展開によってフランチャイズ本部に生じうるデメリットを紹介していきます。

加盟店が本部に与える悪影響

フランチャイズ経営では、本部の資金や人材を使わずに多くの店舗を出店できるメリットがありました。ただ、フランチャイズの店舗のオーナーまでもが本部の社員でないため、そのオーナーによる影響が無視できないとう欠点があります。たとえば、オーナーが本部の指示に従わないときなどです。本部とオーナーが関係性をうまく築き上げていないと、本部の経営指導に従わないオーナが出てくる可能性は高まり、ブランドイメージの損失に繋がりかねます。本部は、指導体制を整備、徹底し、オーナーとの良い関係性を常に築き上げる必要性があります。 また、加盟店では店舗のスタッフの大部分をアルバイトで雇うため、アルバイトの比率が非常に高くなっています。そのため、サービスの質の低下が危ぶまれます。顧客は末端である加盟店を通して、本部の企業を認識、評価するため、本部のイメージや信頼性は、加盟店に大きく依存し、本部が運営する直営店よりも、ブランド力低下のリスクが高くなっています。

オーナー募集にかかる先行コスト

フランチャイズ経営では、出店資金をオーナーが出資するため、起業に資金がかからない利点がありました。ただ、それ以前にフランチャイズのシステムを確立したり、オーナーを募集、広告したりするのに費用がかかります。つまり、そもそもフランチャイズ展開を始めること自体に、それなりの時間や費用などの先行コストとリソースを割く必要があるのです。また、フランチャイズでオーナーを募集したからと言って必ずしもオーナーがすぐに見つかる訳でもないことにも注意が必要となっています。

まとめ

単にチェーン店と言っても多くの種類がありますが、直営店やフランチャイズ店が今、主流となっています。直営店は、起業や運営をすべて企業の本部が行う必要があり、コストや時間などの多くのリソースを要します。一方で、フランチャイズ店では、店舗のオーナーを募集し、オーナーとなる方が開店資金の出資や人材の確保を行うため、フランチャイズ本部は少ない負担で事業の拡大を図れます。特に、フランチャイズでは素早く、しかも資金も多くかけずに事業拡大を実現できるため、経営戦略上重要な市場の独占なども行え多くのメリットがあります。ただ、デメリットとして、フランチャイズ展開自体を開始するために先行的なコストがかかることや、加盟店の質の低下が本部のブランドイメージの損失を招きうる点などがあり、注意も必要です。

フランチャイズ経営でチェーン展開を成功させるためには

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする