フランチャイズ相談所

フランチャイズで独立、安定経営を目指す!安定収入を得やすい業種は

フランチャイズで独立、安定経営を目指す!安定収入を得やすい業種は

近年、コンビニエンスストアやファーストフード店などのチェーン店が多く開店されはじめ、その数はどんどん増えています。コンビニなどのチェーン店ではフランチャイズ(FC)というビジネススタイルが適用されており、今、非常に注目が集まっています。FCに注目が集まり、FCで開業している方がどんどん増えているのにはワケがあります。それは、FC起業での成功者の多くが多額の収益をあげているからです。FCが注目を浴び始めてから、既に多くの方がFC経営に進出してますが、依然として成功者は増え続けています。

このFC経営の好調の波は今も続いており、今後も追い風が吹くことが予想されています。 このようにFC経営が好調な実績を収め続けているのは、やはり、FCが個人での起業を強力にサポートしてくれるのが最大の要因でしょう。FCでは個人が独立起業して安定経営するために必須なポイントを、充実した研修制度や教育制度、経営指導で徹底サポートしてくれます。また、本部のブランド力も借りられ、非常に強力な後押しとなっています。 高い実績や注目度、そして、手厚い支援体制の観点から、個人が独立起業し、安定した経営を目指すための最適解がFCと言っても過言ではないでしょう。そんなFCで成功するのに必要なことや着目すべきポイントを紹介していきます。

フランチャイズで安定した収入を得られる理由

起業時のリスクの大幅減少

FC起業が安定する最大の理由は、充実した研修制度や経営の支援体制にあります。一般に、FCを利用せずに個人で起業する際、最初の認知度の低さや経営ノウハウの乏しさ、商品受注等の方法の未確立さ、そして、起業が初めての点など、さまざまな点が障害、リスクとなります。これらの障害を一挙に取り払えるのがFCです。FC起業の場合、本部のブランド力によって、最初から多くの方に既に認知されている状態で始まります。

また、経営ノウハウや企業に関する知識が乏しくても、フランチャイザーからのアドバイスや経営指導、そして、研修制度によって必要な知識が得られます。そして、多店舗の実績や過去の起業時のデータなどから確立、最適化された方法を得られます。さらに、FC本部は起業に多く携わった経験のあるスペシャリストで、非常に心強い味方となります。これらの恩恵は起業段階で非常に強力な助力となり、起業段階に潜む多くのリスクを大幅に軽減し、フランチャイジーは安全に起業ができるのです。

開業後も続くサポートで安定収益

FC利用のメリットは起業時だけにとどまりません。FCによる恩恵は永続的につづきます。特に、開業後も続く嬉しい恩恵として、経営指導と本部による商品開発などが挙げられます。一般に、FCを利用せずに個人で起業したお店だと、全体の経営方針の決定や新しい商品の開発も並行しながら、売上向上のための戦略を展開する必要があり、多くのことに頭を悩まさなければならなくなります。

一方で、FCでは、本部から常に経営指導受けることができるうえ、各店舗で商品開発などをする必要はありません。経営指導や商品開発等は本部がすべて行ってくれます。FC本部が一部の役割を担ってくれることで、各店舗では自店舗の売上を伸ばすことに専念でき、多くの収益に繋がります。FCのサポートによって、売上向上に専念できる環境が整い、安定した利益が得られるのです。

フランチャイズで安定するためのポイント

FCは安定しやすい独立、起業方法です。ただ、経営である以上、絶対の安定はありえません。そのため、ここでは、比較的安定なFCでの起業の中でも、特に安定しやすい業種や出店場所の選び方を紹介していきます。

安定しやすい業種の選び方

FCをを利用する際、慎重に選ぶ必要があるのが業種です。業種を選ぶときに注目すべき点は、業種のニーズや将来性、そして、景気の影響を受けやすさです。 まず、業種のニーズを把握することです。特に、FCを展開する業種のニーズが長期的に安定しているかを重視しましょう。たとえ、今流行となっていても、数年後も需要がある続けるとは限りません。短期的な人気によって生じているニーズではなく、長期的に続くニーズに重点を置きましょう。

次に、将来性を見据えることです。FC展開する業種が10年後、20年後という未来でも必要とされるかを考慮しましょう。時代の流れや技術の進化に取り残されないかという、長い期間での変化を考えるのです。たとえ、今は最新であっても10年後にはとっくに古くなってしまいます。流行や人気などの突発的で短期的な変化とは別に、長期的な変化にも強いかどうかも考慮が必要です。 最後に、景気に左右されすぎない業種であるかです。FC展開する業種が景気に左右されやすいと、景気が悪い時は大打撃を被ってしまいます。ある程度、景気に左右されにくい業種を選ぶことも、安定したFC経営で必要となります。

安定するための出店場所の選び方

業種の他に安定したFC経営で必要となるのは出店場所です。安定した経営が出来る場所がどこであるかは、業種によっても異なり一概に言えません。ただ、特にサービス業などでは、人が集まりやすい駅近くや繁華街の方が有利となっています。ただ、人が集まりやすい場所は、ライバル店舗によるお客様の分散や場所代の高さなどのデメリットも生じます。出店場所の選択では人の集まりやすさや近隣の店舗状況などを多角的に考慮することが必要となります。

各業種の特徴と安定のしやすさ

ここでは、FCの主要な業種の特徴や経営の安定のしやすさについて紹介していきます。

コンビニエンスストア

FCの代表格であるコンビニでは比較的安定した経営が行えます。コンビニの需要ははどんどん高まっているうえ、特に目立った将来性の不安もありません。コンビニは子供から大人、そして年配の方まで、幅広い年齢層に需要があるのも特筆すべき点です。また、出店場所もどこでも良く、土地代の少ない場所で地域密着することで安定した収入も見込めます。

「フランチャイズのコンビニ経営って実際どうなの?」はこちら

ファーストフード店

ファーストフード店も比較的安定した経営ができる業種といえます。コンビニほど出店場所に自由度はありませんが、幅広い年齢層から需要があり、将来性もある点で、安定した業種となっています。ファーストフードでは特に、出店場所が重要と言え、競合の少なく、需要の高い場所に出店できたら非常に安定した収益が見込めます。

学習塾

塾もFC展開されている業種となっています。塾などでは大手で認知度があるかどうかが入塾に関わるため、個人経営塾と比べた際に、FC展開のほうが圧倒的アドバンテージを得られます。また、最近では子供の教育に力を入れる方が増えていて追い風となっています。他塾が近隣にできても、既に入塾している生徒が辞めることは少ないため、割りと安定した業種となっています。

介護、医療系

介護や医療に関わるFCも展開されています。高齢化が進み介護や医療の需要がますます高まることが予想される日本では、将来性の高い業種であると言えます。特に、介護などが未経験でも始められるようにもなっており、非常に魅力的なポイントとなっています。今後の需要の高まりや将来性を考慮すると安定するFC業種であると思われます。

FC独立、安定経営 まとめ

FCで起業することによって、FC本部から様々なサポートが提供され、大幅に起業時のリスクを軽減できます。また、本部からのサポートや恩恵は開業後もずっと続き、売上向上に専念できる環境が整って安定した収益が得られます。FCで安定した経営をするためには、業種と出店場所の選び方が重量となります。特に、業種の選び方では、明確なニーズや将来性があることと、景気に左右されにくいことが重要となります。 具体的に安定しやすい業種としては、コンビニやファーストフード店があげられ、場所の自由度も高いうえ、需要も高い業種となっています。また、塾などは知名度が重要なため、FCによる本部のブランド力の享受の恩恵が大きくなっています。さらに、介護や医療系でもFCが展開されており、高齢化の進む日本では今後の将来性が期待されます。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする