フランチャイズ相談所

飲食フランチャイズの市場規模は?平均年商についても徹底調査!

飲食フランチャイズの市場規模は?平均年商についても徹底調査!

フランチャイズビジネスにおいて、コンビニエンスストアや学習塾、クリーニング関係の仕事が支流ですが、その中でも特にこれから新しい事業を始めようと考えている方に注目を集めているのが、飲食店のフランチャイズです。一言で飲食店と言っても多種多様あり、本格的なレストラン・食事処から、居酒屋、喫茶店、カフェといったさまざまな企業がフランチャイズ経営を行っています。 テレビ番組やメディアなどで、頻繁に飲食フランチャイズについて数多く取り上げられていますが、街中にある美味しい焼鳥屋さんや毎日行列の出来るステーキレストランなど、またインスタ映えするようなスイーツ店など、皆さんにもなじみがあるのではないでしょうか。 その他にも、全国展開していて知名度が高いジャンクフードショップや居酒屋など、皆さん誰でも一度は足を踏み入れたことがあると思います。 そのように今、人気を集めている飲食店業界のフランチャイズビジネスの実態とは一体どのようなものなのでしょうか。また、様々な業種がありますが、飲食フランチャイズの市場規模、また平均年商はどれくらいなのかを解説していきます。

飲食フランチャイズビジネスの実態とは

未経験でも始めやすい!飲食フランチャイズビジネス

個人で新たにレストランや飲食店を起業することに比べ、フランチャイズに加盟して事業を始める方が比較的リスクが低く、繁盛店にすることができる可能性が高いと言われています。フランチャイズ契約と同時に企業側から加盟店のオーナーに経営マニュアルやノウハウ、断続的な指導サポートが提供されるので、言ってしまえば全く飲食店経営の知識がない未経験の方でも飲食フランチャイズは始めやすいと考えられています。 また飲食フランチャイズではもともと知名度のある企業のブランド力を活用することできるので、認知されやすく、顧客や消費者を集めやすいのです。そのため個人で事業を始めるよりも、経済面、労力的にも削減することができるのです。 飲食店経営において必要不可欠なのが、商品開発や商品の仕入れです。フランチャイズビジネスではそのような手間のかかる仕事は本部が引き受けてくれるので、新商品の店舗への導入、仕入れなどは本部に任せて、加盟店の経営者は自分の店舗の経営に力を入れることができるのも飲食フランチャイズの魅力のひとつです。

今人気の飲食フランチャイズ店

大人気の飲食フランチャイズ!「いきなり!ステーキ」

既にご存知の方もいると思いますが、都心の中でもたくさんの飲食フランチャイズが立ち並んでいます。その中でも特に注目を集めているのが、立ち食い、量り売りを謳っている「いきなり!ステーキ」です。「いきなり!ステーキ」は、毎日お昼時になるとたくさんの人が行列をつくっていますよね。立ち食いにすることによってお客さんの回転率をあげて繁盛しているのが「いきなり!ステーキ」最大の特徴です。

飲食フランチャイズの市場規模

好調に展開している飲食フランチャイズ

フランチャイビジネスを取り入れている企業は年々増え続け、全国津々浦々にそのチェーン店を見ることができます。では実際に飲食フランチャイズの規模はどれくらいのものなのかを紹介していきます。外食産業の飲食フランチャイズについて、具体的な市場規模から確認していきましょう。 2015年3月現在のデータによると、前年度2014年よりもフランチャイズチェーンは12増で、合計415のチェーン店が展開されています。店舗数で表すと、なんと全国58,910店舗です。この数字は三年連続で増加傾向にあります。 居酒屋系のフランチャイズは、従来の低価格、飲み放題・食べ放題などを謳った居酒屋よりも、本格的な料理、ドリンクを提供する専門性が高いチェーン店が注目を集めてきています。 また、「DOUTOR」をはじめとする、喫茶店、カフェ系のフランチャイズでは、店舗改装や季節に合わせた新メニュー開発などを積極的に行い、飲食フランチャイズ業界の中でも好調にチェーン展開しています。

飲食フランチャイズの年商

稼げる!?飲食フランチャイズ

飲食フランチャイズでは客単価と回転数に応じて売り上げが決まります。そのため、業態によってはたくさん儲けることも可能なのが外食産業の魅力です。それでは業態別の各フランチャイズ店の年商を見ていきましょう。以下のデータは「飲食ドクター」を参照しています。

お食事系フランチャイズ店

お食事系のフランチャイズでは、「びっくりドンキー」「王将」が徳に高水準の売上を生み出しています。しかし利益ベースで2,000万円を出していれば儲かっていますが、年商ベースでその額だと経営的には行き詰っているといえるので、最終損益ではサラリーマンの平均給与と同じ水準、それ以下になっているといえます。

飲食フランチャイズ:ラーメン

ラーメンビジネスは飲食フランチャイズの中でも人気の業態のひとつです。各ラーメンチェーン店の売上は、フランチャイズ市場全体の約40%の売り上げシェアを占めているとされています。 チェーン店ごとに新メニューの開発や独自の味を出すことで、他社との差別化を図り、売り上げにつながるので、ラーメンビジネスは最も競争率の高い業態と言っても良いでしょう。

居酒屋系フランチャイズ店

飲食フランチャイズ:居酒屋

居酒屋フランチャイズは、ラーメンビジネスに次ぐ市場規模を誇る飲食フランチャイズです。居酒屋フランチャイズの魅力は客単価が比較的高いことです。ラーメン一杯大体800円~900円に対して、居酒屋の客単価は約3倍近くの2500円~3000円が相場です。飲み会や忘年会、新年会シーズンでは、集団での予約が入るので、売り上げも更にのびてきます。

「失敗しない飲食店開業のための6つのステップと注意点」はこちら

飲食フランチャイズ加盟の際の注意点

最初が大変。飲食フランチャイズ

以上で紹介した、居酒屋やラーメンビジネスなどの飲食フランチャイズビジネスは一度軌道に乗ってしまえば、安定した収益を得ることができ、中には年商1億円を越えるような大成功を収めているチェーン店も実際に存在します。 しかし、ビジネスを展開していく際に、特に都内での1店舗のみの経営だと年商数千万円は難しいです。全国に店舗を展開しようと考えているのであっても、外食産業のフランチャイズはビジネスを始めるまでの初期費用が高額になりがちです。 というのも、調理器具やキッチンなどの準備に加えて、店舗内装やイメージは、企業本部の基準に統一させなければならないので、そのための改装工事費など高額についてしまうことがあります。 また従業員の雇用や教育指導など、お店を経営するために信頼のおける人材を育成するまでに膨大な時間と労力がかかります。 さらに、例えば肉を扱うステーキ店や焼肉店などでは、流行病や疫病が流行した場合に、営業が制限されたり、野菜を多く取り扱っている業種では、悪天候による野菜の収穫率の低下で、原価が高騰してしまい、商品の値上げを強いられる状況になります。このように飲食業界ならではのリスクも存在するのです。

飲食フランチャイズビジネスの実態|まとめ

飲食フランチャイズは、フランチャイズビジネス全体の大部分の市場規模を占めるビックビジネスです。そのため、一度経営が軌道に乗ってしまえば、安定した収益を得ることもできますし、多店舗経営など、積極的に事業を展開していけば、年商数千・数億円も夢ではなく、実際にそれぐらいの額を稼いでいる経営者も存在します。しかし、飲食フランチャイズにはそれなりのリスクもあります。まずビジネスを始めるのに店舗の改装、準備、また従業員の教育、研修など、やるべき事がたくさんあり、その分初期費用が高額になってしまいます。また悪天候や疫病などの自然の要因で原価が高騰し、経営に影響してしまう恐れもあります。また、事業にトレンドを取り入れた営業、販売をすることも重要ですが、流行はすぐに過ぎ去ってしまうのが現実です。 これからフランチャイズビジネスを始めようと考えている皆さん、もしくは興味のある皆さん、実際にビジネスを始める前にこれらのことを考慮に入れて、しっかりと準備したうえで、飲食フランチャイズにチャレンジしてみてはいかかでしょうか。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする