フランチャイズ相談所

フランチャイズ経営のメリット・デメリットを知っておこう

フランチャイズ経営のメリット・デメリットを知っておこう

某大手コンビニチェーン店、居酒屋や喫茶店などの飲食店、また学習塾など、人気や知名度のある企業の看板を借りて、各加盟店のオーナーとして自分の店舗でビジネスを行うフランチャイズは、これから起業を考えている人たちに注目を集めています。自ら事業をゼロから興す個人起業よりも圧倒的にリスクが少なく、成功率が高いと言われているのがフランチャイズビジネスの大きな魅力です。

しかし、フランチャイズビジネスを始めるに当たって、そのメリット・デメリット、また注意点などをあらかじめ理解することが必要です。 ここでは、フランチャイズビジネスに興味のある方、もしくはこれから始めようと考えている方を対象に、フランチャイズの基礎を踏まえ、そのメリット・デメリットに注目して説明していきたいと思います。

そもそもフランチャイズって?

フランチャイズとは、フランチャイザーと呼ばれる企業本部とフランチャイジーと呼ばれる個人事業主(オーナー)との間に結ばれる契約の上に成り立つビジネス経営スタイルのことです。本部(フランチャイザー)は企業の看板や商標、また経営マニュアルなどを、新しくビジネスを始めようとしているオーナーに対して提供します。それらを断続的に使用して事業を展開していくために、オーナー(フランチャイジー)は主にロイヤリティを本部に毎月支払うという仕組みになっています。

ちなみにロイヤリティとは本部の経営ノウハウや商標を断続的に使用するための対価のことで、本部はこのロイヤリティで得た収益を有効に使用することで、事業の拡大に繋げています。

このように、フランチャイズビジネスとは双方の利害の一致よって成立しているといえます。一方が利益を出すことができれば他方も儲かり、その逆も然りです。よって、お互いに友好的な信頼関係を結ぶことがビジネス成功の大きなポイントになります。

「FCの加盟店と直営店の違いとは?また双方のメリット、デメリットについて紹介」はこちら

フランチャイズビジネスのメリットとデメリットを調査しました

では基本的な仕組みがわかったところで、ここからはフランチャイズビジネスをはじめる上で把握しておくべきポイントについて、より具体的に見ていきましょう。フランチャイズ経営におけるメリットとデメリットを開業前、開業後にわけてまとめてみましたので、早速ご覧ください。

  メリット デメリット
開業前 ・未経験でもはじめやすい 
・物件の紹介等開業サポートがある 
・銀行からの融資が比較的受けやすい
・本部との契約作業がある 
・ある程度本部の意向に沿った開業となる
・加盟金を支払わなければならない
開業後 ・仕入れコストを抑えられる 
・状況に応じたアドバイスが受けられる 
・本部との関係性に気を配らなければならない
・ロイヤリティを毎月支払わなければならない

 

開業前、開業後、それぞれにメリット・デメリットがあります。ビジネスに限らず、どんな事であってもメリットとデメリットはしばしば表裏一体となっています。良い面がある一方で、人によってはそれを悪く感じる人もいるかもしれません。

性格はもちろんのこと、経営者として目指すスタイルによっても変わってくると思いますので、ここからはオーナーとしての自分の理想の姿を想像しながらお読みいただけると面白いかもしれません。

知っておきたい!フランチャイズのメリット

ではまずはメリットについて詳しく説明していきたいと思います!フランチャイズビジネスは個人での開業にはないメリットが多々あり、失敗のリスクは比較的少ないといわれています。これからご紹介するポイントを押さえることで、なぜ今フランチャイズが人気を集めているのか分かると思います!

未経験でも始めやすい

新しくビジネスを興そうと考えている皆さんとって、一番頭を悩ませる事は開業準備と資金の調達ではないでしょうか。

フランチャイズでは契約が完了したあと、企業から経営マニュアルや商標などが提供されます。そのため全くの未経験の方でもすぐにビジネスを始めやすいのが一番の魅力であり、開業資金も最低限に抑えることができます。また事業を経営している際に何か問題が生じた場合などは、本部からの指導、サポートを受けることができます。

物件の紹介等開業サポートあり

開業準備における最重要事項が物件の準備です。「どの街、どの駅に出店するのか」「どれぐらいの広さが欲しいのか」「駐車場は必要か」「どういった店にしたいのか」など考えなければならないことは山ほどあります。そんな理想の物件を予算内で探すというのは、至難の業ですよね。

しかしフランチャイズでは、物件の調査、立地判定、物件紹介などを本部が行ってくれる場合が多々あります。業界や業種にもよりますが、基本的には最初に支払う加盟金の中に、物件紹介などの開業サポートまで含まれいてるのです。本部はこれまでの数百店、数千店の情報が詳しくデータ化されています。そのデータに基づき、オーナーの経営プランに適した物件を調査してくれるので、とくに未経験の方にとっては非常に心強いサポートなのです。

銀行からの融資が比較的受けやすい

個人での独立開業と比較すると、フランチャイズ開業の方が銀行からの融資は受けやすいと言われています。

その理由として、フランチャイズ開業の場合、それ以前に開業された加盟店データをもとに綿密な経営プランを立てることができるので、融資を行う側の銀行にとっても、判断がしやすいという点があります。

融資を受ける際に鍵となるのは、しっかりと練られた事業計画と明確な資金の用途です。実績豊富なフランチャイズ店のデータをもとに立てられた事業計画は、根拠あるプランだと判断され、結果信頼も得やすくなるというわけです。もちろんフランチャイズだからといって簡単に融資されるということではないので、ご注意してください。

仕入れコストを抑えられる

個人での経営に比べ、仕入れコストが抑えられるのは非常に大きなメリットです。

なぜ仕入れコストを抑えられるのかご説明いたしますと、フランチャイズは多くの加盟店を抱えています。その分本部は多くの加盟店に商品を提供することが出来るため、原材料を安価に大量に仕入れます。また、少量よりも大量に製造する方が、1つあたりの製造のコストが削減出来る上、流通時のコストも抑えられるのです。要するに本部が大量生産・大量仕入れしている分加盟店へ安く卸すことが出来るというわけです。

状況に応じたアドバイスが受けられる 

開業後いきなり経営が軌道に乗れば良いですが、残念ながらそうはならない場合もあります。フランチャイズ経営だからといって必ずしも成功出来るというわけではありません。しかし、そんな時こそフランチャイズ経営のメリットを存分に活用しましょう。

個人経営では経営に関する悩みや葛藤はオーナーが一人で抱えがちになってしまい、頼るあてもなく精神的に追い込まれる時もあるでしょう。しかしフランチャイズ経営においては、本部に頼ることが出来ます。勿論実際に何とかしなければならないのはオーナー自身ですが、その過程において有益なアドバイスやサポートを受けることが出来るのです。本部は過去開業された加盟店の膨大な数のデータを持っています。開業後なかなか波に乗れず、その後軌道修正に成功した店舗の情報も多くあるはずです。

そんなデータをもとに、オーナーの状況に適したアドバイスやサポートを行ってくれるのです。アドバイスやサポートは加盟金やロイヤリティに含まれているケースが多いので、最大限活用しましょう。それがフランチャイズ経営を成功に導くための最大のポイントです。



以上がフランチャイズビジネスに関する主なメリットです。ほかにも看板力やブランド力、認知度などもフランチャイズの強みですね!こういったポイントをしっかり抑えておくことが、フランチャイズ経営成功の鍵となります。

続いてはデメリットについてです。デメリットもしっかりと抑えておきましょう!

知っておくべき!フランチャイズのデメリット

フランチャイズ契約が完了すれば、ビジネスを始める環境が既にしっかり整っているから安心だと感じる人も皆さんの中にはいると思います。しかし、うっかりしていると思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれません。そこで、ここからは注意すべきフランチャイズビジネスのデメリットについて解説していきます。

フランチャイズ開業前のデメリット

まずは、本部との契約作業があるという点です。契約については本部が主導となって行ってくれますが、だからこそオーナー自身も契約内容についてしっかりと把握しておかなければなりません。契約事項について色々と調べたり学んだり、わからないことがあった場合はすっきりするまで何度でも本部に質問・確認する必要があります。

フランチャイズ本部は、企業イメージを守るため様々な禁止事項を儲けていることが多いです。勿論経営において大切なことである場合が大半ですが、オーナー自身がしっかりと認識し、自分が目指す経営スタイルとの相違がないかということを改めて確認しておきましょう。また、フランチャイズ契約には【競業避止義務条項】という項目が設けられている場合が多いです。業種によって様々ですが、「フランチャイズから脱退した場合は、○年間競業をすることを禁止します。」といった内容であることが多いようです。具体的に言うと「うちから脱退した場合は今後3年間はコンビニ経営は出来ません。」ということです。これは本部の経営マニュアルや機密情報を流出させない為です。他にも本部は様々な禁止事項を契約に盛り込んでいるはずですので、しっかり学んでから契約に臨むことが大切です。

また、契約内容が本部主導になるということは、開業準備・開業スタイルも基本的に本部の意向に沿った形となります。もちろん開業後もそうなのですが、開業前から「こんな店を作りたい!」というイメージが明確に定まっており、独自のスタイルを貫きたいという方には個人経営の方が向いています。

また契約に際して、加盟金を支払わなければなりません。金額は企業によって様々ですが、コンビニ業界でしたら100~300万円が相場のようです。加盟金によって、含まれるサービス等も変わってきますので、よく精査した上で検討しましょう。

フランチャイズ開業後のデメリット

開業後は経営で精一杯になっても仕方ありませんが、気を配なければならないことは他にもあります。それは本部との関係性です。

メリットに関する説明でも触れましたがオーナーは本部から様な情報やアドバイスを享受しなければならない立場です。もちろんそれは加盟金に含まれている範囲内のことかもしれませんが、しかし本部の社員も一人の人間です。印象の悪いオーナーに対しては、積極的に情報提供を行ってくれないということもあるかもしれません。逆にやる気もあって良い印象を抱いているオーナーには、より親身にアドバイスしたくなりますよね。フランチャイズは本部とオーナーの相互関係によって成り立っているビジネスですので、事業の成功率を上げるためにも、本部とはしっかりとした信頼関係を築きましょう。

また費用面でのデメリットとしては、ロイヤリティが発生するという点です。毎月の利益の中からロイヤリティを支払うと自分の取り分が残らない、また赤字が膨らむといったケースもあります。金額や算出方法は企業によって変わりますので、しっかりと確認しておきましょう。



以上がフランチャイズ経営の主なデメリットです。簡単に言うと「本部の指示に沿わなければならないので自由度が低くなる」といったことでしょうか。また、仕入れコストが抑えられる分、毎月本部へのロイヤリティを捻出しなければなりませんので、それを踏まえた上で経営シミュレーションを重ねておくことが重要ですね。

フランチャイズ経営のメリット・デメリット|まとめ

フランチャイズビジネスは、個人でゼロの環境から事業を始める企業にくらべて、比較的リスクが低く、成功しやすいのは事実です。しかし、本部とオーナー双方の徹底した契約上に成り立っている事業なので、お互いの利益拡大のためには、信頼関係を結ぶことや意思の疎通が必要不可欠になります。

また多くのメリットもある一方で、それに対応するデメリットも多数存在します。フランチャイズビジネスにおいて、本部は加盟店を広範囲に展開することで、知名度アップにつなげることができますが、その分、各店舗に対する教育・支援がしっかりと行き届くように注意しなくてはなりません。

そしてオーナーは、企業の看板やブランドを背負っていること意識して、それらを汚さないように自分の店舗の経営マネジメントや人材育成に責任を持つ必要があります。 お互いが良きパートナーとして付き合っていくことで、デメリットを補い合え、ビジネス成功に繋げることが出来るといえるでしょう。

フランチャイズ経営のメリット・デメリットを知っておこう

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする