column

コラム

フランチャイズ相談所

フランチャイズオーナーの平均年収や仕事時間は?休日はあるのか?

フランチャイズオーナーの平均年収や仕事時間は?休日はあるのか?

フランチャイズビジネスは開業資金と事業を行う店舗さえあれば簡単に始められることに加え、安定した収益を得ることができると言われています。その為、個人起業に比べて、成功率も比較的高いと考えられています。しかし、実際にフランチャイジーと呼ばれる経営者の方々はどれくらい稼いでるのでしょうか?また就業形態や休日の取り方は、一般的に呼ばれるサラリーマンとどのように違うのでしょうか。そこで、フランチャイズビジネスの基本を踏まえた上で、オーナーの平均年収や労働時間などについて紹介していきます。

多種多様!フランチャイズビジネス

一言でフランチャイズビジネスと言っても、企業や業種によってその種類はたくさんあります。一番手軽で、人気のあるフランチャイズ事業であると考えられているコンビニエンスストアから、カフェや喫茶店などの飲食店、学習塾などの事業も徐々に注目を集めてきています。そこでまず、フランチャイズビジネスについて、各業種別の収入を含めて紹介していきます。

手軽だけど奥が深い?コンビニフランチャイズ

フランチャイズビジネスと聞くと、まず思い浮かぶのがコンビニフランチャイズではないでしょうか。というのも、日常生活の中で誰でも毎日利用しますし、外出した際に必ず目にするのがコンビニです。その為、他の業種と比べて比較的知名度が高い状態でビジネスを始めることが可能ですし、顧客などもすぐに付きやすのではないでしょうか。 ここで、コンビニフランチャイズについてどのような企業がフランチャイズビジネスに参入していて、それぞれオーナーがどれだけ稼いでるのかなど、詳しく紹介していきます。

ミニストップ

イオングループが運営していることでも知られているミニストップは、国内の流通ノウハウや小売に関する知識が豊富で、サポートが手厚いという評判があることから注目を集めています。ミニストップのフランチャイズ経営では、本部からの充実した研修や教育、サポートを受けられることから、コンビニフランチャイズ業界の中でも未経験者の活躍が多いことで知られています。実際に年収1,000万円を越えるオーナーも輩出しています!

セブンイレブン

日本国内だけに留まらず、世界各国に、その長い実績とブランド力で圧倒的な知名度を誇るセブンイレブンは、フランチャイズビジネスにおいてとても魅力的な企業と言えます。コンビニ業界では他企業との差別化をはかることが一番の難点であると考えられていますが、ブランド力、売上シェア、また独自のサービス(物品の郵送、受取など)と新しい販売スタイルによって、業界トップを争うことができるのがセブンイレブンです。ATMの導入や銀行業務の取り扱いなどのサービスを、コンビニ業界で初めて導入したのもセブンイレブンです。 夫婦二人揃ってのフランチャイズ経営が大多数を占めており、平均年齢40代の方々に人気の企業です。このように、事業の始めやすさや圧倒的なブランド力によるビジネスの成功率から、実際に年収1,000万を越える経営者も存在しています。

以上で紹介したように、コンビニフランチャイズでは、ミニストップとセブンイレブン、この二社が業界を占めています。この他にもローソンやサークルKサンクスなど大手の企業もフランチャイズ業界に参入していますが、いずれにしても、ビジネスである以上、簡単に年収1,000万円といったように大成功を収めることは容易ではありません。 あるコンビニ経営者向けの媒体が行った、2009年のアンケートによると、コンビニフランチャイズオーナーの平均年収は約610万円です。日本人の平均年収が400万円前後と言われていますが、この額に比べると比較的、高収入であると捉えることができますが、経営者の力量やスキルによってこの額も大きく前後します。 ここで実際にコンビニを経営しているオーナーの意見を紹介します。

売れる店・売れない店ではオーナーの年収が違うと思います。また加盟するFCによってもロイヤリティが違いますし、かかる経費でも変わってきますね。(コンビニ経営歴15年 45歳)

年収アップには経営努力が必要

フランチャイズビジネスはフランチャイザー(企業本部)とフランチャイジー(加盟店経営者)の契約と信頼関係の上に成り立っていますが、フランチャイジーはあくまで一事業の独立した経営者として定義付けられているので、自分の店舗の経営に対して責任を持ち、収益を上げるためには、経費削減などの努力を積極的に行わなければなりません。 その為、コンビニ経営者全員が上記で示したような年収を得ているわけではなく、中には赤字を出してしまい、困難な経営を余儀なくされているオーナーも少なくありません。

開店当初は、正直日販で30万程度でした。そこで従業員は最低限にとどめ、夫婦二人で思いっきり働いて人件費を抑え、結果的に月収50万円くらいにしました。(コンビニ経営歴8年 37歳)
うちは無駄のない仕入れを行い、徹底的に廃棄を抑えました。ですから平均年収以上になっていると思いますよ。(コンビニ経営歴10年 50歳)

法人化、多店舗経営も年収アップにつながる!

自分の経営する店舗を法人化した場合、平均年収が940万円であるというデータも存在します。法人化しているオーナーは複数の店舗を経営している傾向にあるようです。まず自分の経営する事業の一つが軌道に乗りだし、収入も安定して確保できるようになったら、多店舗経営にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

意外と人気な清掃系のフランチャイズ

マイスターコーティング

フランチャイズと聞くと、最初にコンビニや喫茶店、学習塾を思い浮かべる人が多いのではないのでしょうか。しかし、フランチャイズビジネスにおいて最も注目を集めている企業の一つがクリーニング系のフランチャイズ企業です。その中でも、 一般的にあまり馴染みのない会社ですが、マイスターコーティングという会社がフランチャイズビジネスで注目を集めています。マイスターコーティングとはエコビジネスを展開している会社です。主に、住宅のフローリングや水回りなどの劣化を遅らせるための特殊コーティングを請け負います。 マイスターコーティングのフランチャイズは、コンビニ経営のように店を構える必要がなく、開業資金だけで事業を始めることができ、業界内にライバル会社も多くないため、比較的成功しやいと言われていおり、年収2,000万円を稼ぐオーナーも数多く存在します。

フランチャイズオーナーの仕事時間と休日

そんなに楽じゃない?フランチャイズオーナーの仕事

事業のオーナーになったからといって、全てを従業員や関係者に任せて自由な時間を過ごして良いと、そのような軽い考えはフランチャイズビジネスだけでなく、どどのようなビジネスにおいても持つべきではないことは言うまでもありません。 自分の店舗の経営や人材育成など、経営者にはやるべきことがたくさんあります。サラリーマンなど雇わる側の従業員とは違い、あくまでも一事業のオーナーなのでしっかりと自覚と責任を持つことが大切です。 しかし、フランチャイズの業種によって異なりますが、仕事の時間をオーナーが自由に決めることが出来る場合もあります。多店舗を経営していたり、従業員を雇っていれば、オーナー自ら毎日店頭に立たなくても良いのです。 また、休日は、サラリーマンと同じ土日週休2日と考えるのが無難です。ただし、こちらも業種によって異なり、特にサービス業などは週末もお店を開けなくてはならない場合もあるでしょう。 つまり、 フランチャイズのオーナーは、雇われる側である従業員ではないので、労働基準法に定められてる労働時間によって拘束されませんが、逆に言ってしまえば、自分の店舗の経営が良好でない場合は、仕事量が増えるため、長時間労働をしなくてはならない場合も生じてしまうのです。自分の経営している店舗の経営状況によって、オーナーの仕事量、労働時間も変わってくるのです。

「フランチャイズオーナーに向いてる人、向いてない人の特徴とは?」はこちら

まとめ

フランチャイズビジネスをこれから始めようと考えている皆さんにとって、年収を意識することは重要なことです。一般的に始めやすいフランチャイズ事業であるコンビニ経営の相場は500万~600万円といわれており、日本人の平均年収をやや上回ると考えられております。しかし、経営者のオーナーとしてのスキルや業績によって年収も大きく前後します。承知のことですがどんなビジネスにおいて100パーセント成功するとは限らないのです。 また、フランチャイズオーナーは従業員を雇う側の立場であり、自分の店舗の責任を負うことが求められます。そのため、その店舗の業績や収益の変化にともなって、オーナーの仕事量や仕事時間、勿論収入も変わってきます。 これらのことをしっかり理解した上で、ご自身にあったフランチャイズビジネスをはじめてみてはいかかでしょうか。

フランチャイズオーナーの平均年収や仕事時間は?休日はあるのか?

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする