フランチャイズ相談所

意外と知らないフランチャイズ契約とパッケージライセンス契約の違い

意外と知らないフランチャイズ契約とパッケージライセンス契約の違い

一般的に、これから新規で事業を始めようと考えている個人事業主の方は、だれのサポートを受けずにすべて自分で準備して開業する、もしくはフランチャイズ本部と契約を交わしバックアップを受けながら事業を展開していきます。しかしこれらの独立個人起業、フランチャイズ起業のほかにパッケージライセンス契約というビジネスのスタイルがあります。フランチャイズ契約とパッケージライセンス契約とは似て非なるものです。そこでこのページでは、フランチャイズの知識がある人、未経験者の方を対象にフランチャイズ契約とパッケージライセンス契約の違いを説明し、それぞれの特徴を紹介します。

フランチャイズ契約とパッケージライセンス契約

冒頭でも述べたように、フランチャイズ契約とパッケージライセンス契約は非常に似ているビジネスの形態です。どちらもこれから起業を考えている個人事業主と本部の契約によって展開されるビジネスですが、大きく分けて二つの点で異なります。

  • 開業後の本部によるオーナのケア
  • 事業にかかるコストや費用

大きな違いは実際に事業が始まってから分かる

フランチャイズ契約とパッケージライセンス契約双方に共通することは、契約を結んだ時点で本部が個人事業主側に店名、ロゴやブランド名などの商標やその企業の経営マニュアルの使用を許可しその対価として個人事業主は加盟金やロイヤリティなどの経費を本部に収めることになっています。 しかし、フランチャイズビジネスにおいて開業前の経営者の指導・教育に加え、開業後に何か問題が生じた際、例えばなかなか売り上げが伸びなかったり、赤字が続いたりしたときなどは本部の人間による問題改善のためのサポートやアドバイスを受けることができます。これはフランチャイズ契約上、加盟店のオーナーが毎月支払うロイヤリティの対価として受けることができる権利の一つです。 一方、パッケージライセンス契約は、その名の通り、パッケージ(店名やロゴなどの商標)の使用許可を提供するだけなので、実際に事業が始まってから、本部が各加盟店のオーナーの経営方針や経営スタイルに関与したり、指示、サポートしたりすることは原則としてありません。そのためフランチャイズ契約にある開業後のスーパーバイザーの派遣や店舗指導がないことが大きな違いになります。

コストや費用面での違い

またフランチャイズ契約とパッケージライセンス契約では全体的にかかる費用面も大きく異なります。というのもパッケージライセンスでは、上記でも述べたように開業後、本部による加盟店への関与があまりないため、その分費用を抑えることができます。また解約する際にもフランチャイズでは違約金の支払いなど様々な条件が定められていますが、パッケージライセンスではフランチャイズほど厳しい規定はありません。

日本におけるパッケージライセンスビジネスのいま

現在の日本において、フランチャイズビジネスを展開している企業や加盟店は数多く存在していますが、一方パッケージライセンスビジネスはあまり浸透していないのが現状です。しか数少ないパッケージライセンスビジネスの日本での成功例が、皆さんお馴染みのスターバックスコーヒーです。パッケージライセンス契約はフランチャイズビジネス契約と違い、契約内容に立地条件が規定されてないので、店舗を出す際比較的自由度が高いです。そのためスターバックスコーヒーは駅前や空港、サービスエリアなど人が集まりやすい場所を選んで事業を展開できるため成功を収めているのです。

パッケージライセンスに向いている人、向いていない人

上記で紹介したようにフランチャイズビジネスとパッケージライセンスビジネスでは開業後の本部のサポート体制に関する違いや全体的な費用面での相違があります。それでは、一体パッケージライセンスビジネスに向いている人、向いていない人の違いとは何なのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

未経験者はフランチャイズ、経験者はパッケージライセンス

もう御理解いただけた通り、パッケージライセンスでは事業開始後の店舗経営の制限が緩く、自由度がフランチャイズビジネスに比べて比較的高いです。そのためオーナーの経験者やスキルや知識が充分にある方にとってパッケージライセンスビジネスでは低コストで知名度のある企業の看板を使用しながら自分のやり方で事業を進められるというメリットがあります。 一方、店舗経営未経験や知識が乏しい方はフランチャイズビジネスの方が向いています。というのも、事業を始めた後に何か問題や不祥事が起きた際、また売り上げが芳しくない際、未経験のオーナーだと問題をひとりで対処することが難しく、必然的に本部のサポートやアドバイスが必要になってくるので、店舗経営の経験が浅い人はパッケージライセンスビジネスは向いていないです。

「初心者必見!フランチャイズ本部の選び方を知ろう」はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?フランチャイズ契約とパッケージライセンス契約は一見似ているような事業形態ですがそれぞれ特徴があります。大きな特徴は、フランチャイズ契約では事業開始後の本部による断続的な指導やサポートが受けられる一方、パッケージライセンスではそれらがないが、事業の展開スタイルに対する拘束が緩いため、オーナーの意思を実際の事業により反映しやすいのが特徴です。 また費用面でもパッケージライセンスでは本部による指導がない分、コストを抑えられ、解約の際もフランチャイズほどの違約金はありません。 これらの特徴を踏まえると、オーナーとしての経験のある方がパッケージライセンスに向いていますね。そのため、経営者としてのスキルや知識に自信がない方はいきなりパッケージライセンスを始めるのではなく、まずフランチャイズなどで経験を積んでから挑戦することをオススメします。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする