フランチャイズ相談所

フランチャイズのフロービジネスとストックビジネスとは?

フランチャイズのフロービジネスとストックビジネスとは?

フランチャイズビジネスには、喫茶店やレストランなどの飲食店系の業種から塾の経営やクリーニング、その他多種多様な業種が存在します。フランチャイズ業界において、今や100種を超えるそれらの事業は、主にフロービジネスとストックビジネスという2つの分野に組み分けされます。そこでこのページでは、フロービジネス、ストックビジネスとは一体何なのか、また双方のメリット・デメリットを説明したうえで、自分にはどちらの形態の業種が適しているのかを紹介します。

「知っておくべきフランチャイズの仕組みとは?」はこちら

フロービジネス、ストックビジネスとは?

フランチャイズビジネスの知識がある方でもあまり聞き慣れない用語であるフロービジネスとストックビジネス。それらの意味は何なのか、またそれらの特徴をはじめにご紹介します。

フロービジネス

フロービジネスのフロー(flow)とは英語で「流れ」を意味しています。フロービジネスとは、主にコンビニ、レストラン、飲食店などの小売店を表す用語で、店舗の従業員と各顧客との商品やサービスの取引がその場の流れで行われます。そのため、特定の顧客との断続的な利益というよりは、不特定多数の顧客間に利益が生まれるのがフロービジネスの特徴です。

ストックビジネス

次にストックビジネスとは、フロービジネスの対を成す用語で、ストック(stock)とは英語で「蓄え」を表すことから、特定の顧客と契約を結び利益を出すビジネスを言います。 フロービジネスには主に学習塾や介護事業、または通信事業などが含まれます。ストックビジネスの特徴としては、一度契約を交わし、顧客と獲得できれば断続的な利益を得ることができます。

フロービジネス、ストックビジネスのメリット・デメリット

フロービジネスとストイックビジネスにはそれぞれ対を成す特徴がいくつかあります。それら特徴がメリット、デメリットとなる場合もあるので、それらを考慮したうえで、自分が実際にビジネスを始める際にどちらが向いているのか決める際の判断材料にしてみてください。

フロービジネス

メリット

・突発的な利益の獲得・・コンビニや飲食店などを指すフロービジネスの最大のメリットとは顧客を沢山獲得することで突発的な利益を生み出すことが可能な事です。例えばパンケーキ屋さんなどの流行に便乗した商品開発、提供をすることで顧客の注意を惹き、オーナーのスキル次第で爆発的な利益が見込めます。 ・早期段階での利益の獲得・・ストックビジネスと違い、サービスを提供する際に顧客と契約を結ぶ必要がないため、その分、商品やお金の流れが円滑になり、事業を始めた早期段階から利益を出せるのもフロービジネスの特徴です。特にフランチャイズビジネスでは、すでに知名度や認知度のある企業の看板を借りてお店の経営をするため、企業のブランド力やサービスの質への信頼感から比較的顧客が集めやすいです。

デメリット

・断続的な収益獲得が困難・・流行などに便乗したサービスや商品の提供によって一時的に大きな収益を獲得することは可能ですが、流行というものはすぐに過ぎ去ってしまうものであり、そのことから断続的に安定した利益を出すことは場合によっては困難になってしまいます。 ・高度なスキル、知識が必要・・・契約を結んだ企業本部にいくら知名度や認知度があるからと言って、フランチャイズビジネスでの店舗運営は独立した事業であり、それらの要素を生かすも殺すもオーナーの力量次第となります。特にフロービジネス型の業種は店舗の運営から経営マニュアルの徹底、従業員の教育など多くの仕事があるのが一般的です。

ストックビジネス

メリット

・安定した収益の獲得・・先ほども述べましたが、ストックビジネスでは特定の顧客と契約を結び利益を出すというのが最大の特徴なので、一度契約を交わしてしまえば、断続的な収益を安定して獲得できるというのがストックビジネスのメリットです。 ・長期的な収益の獲得・・インターネットなどの通信事業などの契約では一般的に契約期間が設けられている場合があるので、最低限その期間での収益は保証されます。そのため、顧客が契約を更新してくれれば、長期的な収益も見込めるということになります。

デメリット

・高収入を見込めない・・ストックビジネスには事業主と顧客との契約があって初めて成立するため、どうしてもサービスの流れを円滑に進めることが難しいです。そのため突発的に高額の利益を出すということは理論上難しいです。 ・利益を出すために時間を要する・・・フロービジネスとちがい、事業を始めてから顧客を獲得するために、たとえ認知度があったとしても、事業の土台づくりや契約などの手間が介在するため、顧客を獲得し利益を出すまでに時間がかかってしまいます。

余談ですが物販、運送などの配送業はフロービジネス、ストックビジネスの混合したビジネススタイルになります。ネット通販などの流行によって、配送業の需要は一気に高まり、単発的な利益を出せることに加えて、配送業は法人、個人にとっても日常で必要不可欠のサービスなので、顧客がいなくなるということはないでしょう。しかし、近年は、Amazonやネット通販の需要が爆発的に伸びたことによって運送業の人手不足が問題になっているので、フランチャイズビジネスだからと言って気を抜いてはいけません。

最後に

フロービジネスとストックビジネスにはそれぞれ対を成す特徴があると同時にお互いに一長一短のメリット・デメリットがあります。フランチャイズビジネスを始めようと考えている皆さんにとって自分に合ったスタイルの業種を選択することは重要な事です。そのため、すぐにたくさんに利益を出したい!と考えている方にはフロービジネス、じっと我慢ができ断続的な安定した利益がほしい方はストックビジネスが適しているかもしれません。しかし、双方にデメリットもあるのでそれらをしっかり考慮したうえで自分に合ったビジネススタイルを選択しましょう。

フランチャイズのフロービジネスとストックビジネスとは?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする