フランチャイズ相談所

知っておきたい!フランチャイズの助成金と補助金の基礎知識

知っておきたい!フランチャイズの助成金と補助金の基礎知識

初めてのことに挑戦したり、新たな事業を始める際に必要なものは何といっても十分な資金です。たとえどれだけ意気込み、やる気があったとしてもお金が無かったら実行できません。フランチャイズビジネスをこれから始めようとしている皆さんにとっても頭を悩ませているのは、最初にかかる開業資金ではないでしょうか。店舗を構えるつもりならばその店舗の物件、土地代だけでも何千万円とかかってしまうのが一般的です。そこで、このページでは、そんな時に役に立つ助成金・補助金について、またその制度について紹介します。

「フランチャイズ経営のメリット・デメリットを知っておこう」はこちら

補助金と助成金の違いとは?

これから新たな事業を始めようとしている皆さんの中には、補助金・助成金制度についてすでに御存知の方もいると思いますが、この二つは似ているようでそれぞれ特徴があります。補助金・助成金ともに資金調達の手段という点では同じですが、それぞれ利用の仕方・目的が異なります。

助成金

 

  • 国、地方自治体が行っている雇用確保のための制度
  • 条件、資格を満たせば受給可能
  • 1年中申請可能
  • 返済義務なし

 

まず、助成金の特徴とは、おもに個人事業者向けの制度で、厚生労働省をはじめ各地方自治体が実施しています。特に申請期間などは設けられておらず、条件や資格を満たしている事業主であれば、だれでも申請できるのが助成金制度です。必要な条件とは、第一に「雇用保険適用事業主」であることであり、一般のサラリーマンなど会社に雇われる側ではなく、これから雇う側になる事業主であることです。 そして、これから従業員を雇つもりである、現在の従業員の雇用維持を図るつもりである、雇用環境を改善するつもりである、これらの項目が助成金を申請する時の主な条件となります。また銀行の融資が利子付きで返済する必要が一方、助成金には返済義務はございません。国が助成金制度を設けている理由として挙げられるのは、雇用の確保のためです。 年間数十万円利用できる助成金を無金利、返済不要で利用できるので、事業の大きな資金源となります。また、どんな事業においても、オーナーや事業主はその企業の売り上げによって国に治める税金の額も変わってきます、しかし助成金はあくまで雑収入としてみなされるので、制度を利用しても納める税金の額が高くなる心配はありません。それでは具体的な助成金の種類について紹介していきます。

ポジティブ・アクション加速助成金

別名女性活躍加速助成金と呼ばれるこの制度は、主に働く女性の活躍を推進、サポートするための制度です。女性には妊娠・育児が伴う場合も生じ、男性と比べてハンディキャップを抱えながら働かなければらならないということがいま社会問題となっていますが、Kの制度ではそのような女性でも快適な仕事ができる環境づくりを目的としています。支給金額は中小企業・大企業ともに約30万円前後が相場となっています。

「貯金が少なくても起業できる!?補助金・助成金を利用して賢く起業しよう」はこちら

補助金

 

  • 主に総務省が統括している事業拡大のための制度
  • 受給ためには審査が必要
  • 期限内の申請
  • 返済義務なし

 

主に総務省が統括している補助金制度は、助成金が条件を満たせば誰でも受けることができるのに対して、補助金はその受給申請をしてもそのあと審査が行われ決定するので中には受給できない者もいます。また申請期間も定められているので、申請の際はまずその期間に注意しましょう。 補助金は主に事業展開の促進、拡大を目的とした制度で、助成金同様返済義務はありませんが、受給が決定しても開業当時ではなく、事業が始まった後に支給されるので、開業資金として受け取ることは難しいです。 また、補助金を申請する際には「事業計画書」の提出が必要となります。事業計画書とはこれからどのように事業を展開、拡大していくのかなど具体的な内容が盛り込まれた書類です。内容によっては審査の際に受理されない場合もあるので、明確に、具体的に書けるように注意しましょう。

申請の仕方

ここでは助成金・補助金の申請を考えている人を対象に、その方法について紹介します。 まず助成金について、先ほども述べたように、助成金は国や地方自治体が管轄している制度です。なので厚生労働省のホームページを参考しながら、各役所の窓口で申請を行うことができます。申請の際には必要書類や申請書の書き方も確認しておきましょう。 助成金申請から給付までの流れとしては、まず各自治体などの窓口で必要書類用意の上、申請を行います。その際に条件や資格などを確認しましょう。申請が完了した後、補助金や一部の助成金の場合は審査が必要になります。その審査が終わったら審査結果が送られ、実際に支給されるというのが大まかな流れになっています。 場合によっては審査に時間がかかる場合があるので、何か疑問がある際は各窓口に問い合わせて相談してみましょう。

新たな事業を始めようとする際に、まず皆さんの頭を悩ませるのが起業のための資金調達ではないでしょうか。しかし、国や地方自治体が行っている助成金・補助金制度を利用すれば、コスト面での負担を少し抑えられます。 助成金・補助金は返済不要ですが、それぞれ異なった制度のため、利用条件、申請方法も変わってくるので注意しましょう。手続きによっては書類作成など面倒な作業もあると思いますが、それらを利用するメリットは大きいので、利用を考えている方はこのページを参考にしながら自分の事業に取り組んでみてください。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする