column

コラム

フランチャイズ相談所

FCの加盟店と直営店の違いとは?また双方のメリット、デメリットについて紹介

FCの加盟店と直営店の違いとは?また双方のメリット、デメリットについて紹介

皆さんは飲食店やレストランを探す際によくチェーン店という言葉を聞きませんか?特にコンビニなどの全国に同じ名称の店舗が展開している場合、その店舗はどういった経営形態をとっているのかを判断することは素人には難しいですよね。そこでこのページでは、皆さんがよく耳にするチェーン店とは一体何なのか、またフランチャイズビジネスにおける加盟店と直営店の違い、メリット・デメリットについて紹介します。

そもそもチェーン店って?

冒頭でも述べましたが、日常生活でよく耳にするチェーン店。みなさんその言葉を日頃何気なく使っていますが、その意味を正確に説明できる人はどれくらいいるでしょうか。実はチェーン店と言っても、その種類は数種類あります。「チェーン店=フランチャイズ」と思われがちですが、チェーン店には大きく分けて3種類あり、フランチャイズチェーン(加盟店)とレギュラーチェーン(直営店)、そしてボランタリーチェーンがあります。

フランチャイズチェーン

フランチャイズビジネスにおいて、フランチャイズ本部と契約した個人事業主が経営することになる加盟店をフランチャイズチェーンと呼びます。フランチャイズ契約の定義上、企業本部と加盟店(フランチャイズチェーン)は別資本でそれぞれ独立した事業になります。そのため、フランチャイジーと呼ばれる加盟店のオーナーは、本部の経営マニュアルに則り、指導を受けながら、その店舗の運営に責任を持ち運営し、人材の育成、売り上げや税金の管理もオーナーがすべて行います。

レギュラーチェーン

一般的に直営店とよばれ、その店舗を運営するために企業本部が直接その店に投資して、社員を雇用し、経営・運営を執り行います。そのため、フランチャイズチェーンとの大きな違いは、本部とレギュラーチェーン(直営店)は同一資本・同一会社という扱いになります。社員、パートなどの従業員はすべて本社で雇用し、売り上げや経費などの管理もすべて本社が行います。

ボランタリーチェーン

あまり聞き慣れない言葉ですが、ボランタリーチェーンとは、複数の個人事業主が、共通の目的、例えば資材の仕入れや商標の使用、物流などを果たすために連携し、事業を展開するビジネス形態のことを言います。特徴としては、フランチャイズチェーンのオーナーが事業を始めるのに契約する相手が企業本部であるのに対し、ボランタリーチェーンでは複数の個人事業主同士で契約を交わします。

「事前に知っておきたいフランチャイズとボランタリーチェーンの違いとは?」はこちら

以上で紹介した3つが一般的に使われているチェーンの定義です。それぞれの違いがわかったうえで、フランチャイズチェーンとレギュラーチェーンに焦点をあてて、それぞれ企業本部からの視点、そしてのメリット、デメリットについて考えていきましょう。

フランチャイズチェーン

メリット

フランチャイズチェーン(加盟店)オーナーにとって最大のメリットとなるのが何といってもコストが削減できることです。特に新しい事業を始める際の開業資金はどのビジネスにおいても高額になりがちです。飲食店やコンビニなど店舗が必要な事業は、その物件や土地代だけでも何千万円とかかってしまいます。一方でフランチャイズ契約を結んでいれば、たとえ高額になってしまったとしても、本部が物件探しなどをサポートしてくれる場合もあるので、より好条件の物件で事業を始められることがあります。 また、飲食店経営の場合、商品や食材の仕入れなども本部と一括して行うことが可能です。また店舗経営の未経験者でも、本部のバックアップ、サポート、指導を受けながら事業を進めることができるので、比較的ロウリスク・ハイリターンが見込めるビジネス形態と言ってもよいでしょう。 フランチャイズチェーンは本部側にもメリットがあります。全国各地に加盟店を展開し、各店舗のオーナーが利益を出すことで、短期間でスピーディーに事業拡大ができると同時に企業自体の認知度やブランド力も上がり、結果的に企業全体の売上・業績アップにもつながります。   

デメリット

フランチャイズチェーンにはメリットだけでなくもちろんデメリットも生じます。契約上、加盟店のオーナーは月々の売り上げからロイヤリティと呼ばれる経費を本部に払うことになっています。ロイヤリティとは、その企業の商標や経営マニュアルの利用料や本部による指導料などの対価として支払います。そのため、加盟店の売り上げすべてがそこのオーナーの利益にならないというのがおもなデメリットです。 また、加盟店のオーナーは、フランチャイズ契約を交わした本部の経営方針に従って経営を進めていかなければならないので、店舗経営に独自性を出したり、商品開発をしたりするのは難しいです。 本部側のデメリットとしては、企業によっては全国に多数店舗展開していますが、そのような場合、たとえ一店舗でも不祥事や問題が起きた場合、チェーン店、企業全体のイメージダウンに繋がってしまうため、全店舗での徹底した管理が必要となります。

レギュラーチェーン

メリット

レギュラーチェーンで経営する大きなメリットの一つとしては、各直営店での従業員の雇用や指導がすべて本部が行うため、その分余分な経費や時間を削減できるところです。またフランチャイズチェーンと比べて、各店舗に企業の経営方針なども浸透しやすいのが特徴です。 またレギュラーチェーン各店舗の売り上げがそのまますべて本部の利益となるので、フランチャイズチェーンよりも売上額が比較的大きくなる傾向があります。   

デメリット

レギュラーチェーンのデメリットとしてまず挙げられることは、各地に多店舗をする際に、各店舗の開業資金がすべて企業本部が負担することになるので、資金調達の面が場合によっては困難になります。また、多店舗展開したとしても、企業によってはブランド力や知名度を各地域で上げるために時間を要してしまいます。

いかがでしたか?このページでは主にフランチャイズチェーンとレギュラーチェーンのメリット・デメリットについて紹介しましたが、一般的に知られている「チェーン店」にはいくつか種類があり、それぞれ特徴があります。たとえフランチャイズビジネスを検討中の方でも、これらの知識はどんなビジネスにおいても知っていて損はないので、しっかりその違いについて理解しましょう。

FCの加盟店と直営店の違いとは?また双方のメリット、デメリットについて紹介

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする